JFA.jp

JFA.jp

EN

日本代表

年代・カテゴリーを選ぶ

表示したいカテゴリーを
以下から選択してください。

1.年
  • 2022年
  • 2021年
  • 2020年
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
2.年代別
  • SAMURAI
    BLUE
  • U-24
  • U-23
  • U-22
  • U-21
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • NADESHIKO
    JAPAN
  • U-23
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • フットサル
    (男子)
  • U-25フットサル
    (男子)
  • U-20フットサル
    (男子)
  • U-19フットサル
    (男子)
  • U-18フットサル
    (男子)
  • フットサル
    (女子)
  • U-18フットサル
    (女子)
  • ビーチサッカー
  • eスポーツ・サッカー
ホーム > 日本代表 > 最新ニュース一覧 > SAMURAI BLUE、サウジアラビア戦へじっくり調整

ニュース

SAMURAI BLUE、サウジアラビア戦へじっくり調整

2016年11月13日

SAMURAI BLUE、サウジアラビア戦へじっくり調整

SAMURAI BLUE(日本代表)は11月12日(土)、キリンチャレンジカップ2016のオマーン代表戦から一夜明けてカシマサッカースタジアムで練習を行ない、試合で控えだったメンバーを中心に、3日後に控える2018 FIFAワールドカップアジア最終予選のサウジアラビア戦へ向けてじっくりと調整しました。

サウジアラビアは現在予選グループ首位ですが、勝点3差で3位に付けている日本は勝てば首位浮上の可能性もあり、勝利が求められています。

前日の試合で、1年半ぶりの復帰戦で2得点をマークしたFW大迫勇也選手(1.FCケルン)や3得点に絡む活躍を見せたMF清武弘嗣選手(セビージャ)ら先発組はランニングやストレッチ、体感トレーニングなどでリカバリーに務めました。

一方、交代出場で代表デビューしたFW久保裕也選手(BSCヤングボーイズ)やMF原口元気選手(ヘルタ・ベルリン)らを含めた控え組は、デュエルでの競り合いや6対6でのフォーメーション練習、ビルドアップからのシュート練習などに取り組みました。

ヴァイッド・ハリルホジッチ監督は、時折、選手たちに身振り手振りを交えながらプレーの注意点を示し、攻撃陣のシュート練習では自らがパス出しをしながら各選手の動きをチェックしていました。

オマーン戦では体調不良でベンチ外だったDF長友佑都選手(インテル・ミラン)や、試合前の練習で別メニュー調整だったMF香川真司選手(ボルシア・ドルトムント)も合流して、約2時間、体を動かしました。

また、この日は清武選手の27回目の誕生日。練習後に取材に応じていた清武選手のところにハリルホジッチ監督がケーキを持って登場して和やかな雰囲気に。指揮官は清武選手に、「私からは昨日、出場機会というプレゼントを渡したし、PKで得点というプレゼントもあった」と話して、笑顔で祝福しました。

チームはこの日の午後、サウジアラビア戦を戦う埼玉へ移動。13日(日)からは埼玉県内で調整を行います。

選手コメント

FW #4 本田圭佑 選手(ACミラン)
試合に出ていない時には体力、ボールタッチ、試合感ということを脳に入れることが問題で、精神的な意識がプレーに反映されますが、昨日はテストマッチということもあって、リラックスして試合に入ることができて、感覚も戻って来ました。改めて精神的な部分がプレーを左右するのだと思いました。昨日の感じは良かったので、これから調子は上がっていくと思います。サウジアラビア戦は誰が出ても勝たないといけません。自分は先発で出るつもりで準備しています。

DF #5 長友佑都 選手(インテル・ミラン)
サウジアラビアは技術のある選手が多くいて、前線も良い選手がいます。サイドバックが高い位置を取ってくるので、そこで数的優位を作られるのは危険なので、サイドバックと前の選手との守備の掛け合いや意思統一がしっかりできるように話し合いたいと思います。代表では暫く試合に出られていませんが、長くやっている分、どの選手にどういう特長があって、どういうプレーが好きかと分かっているので全く問題ありません。僕はやるべき時にはやります。それはいつどんな時も変わりません。

DF #6 森重真人 選手(FC東京)
昨日の試合で前線のやり方が少し変わった部分もありましたが、前線が変わることで守備の対応が大きく変わることはないと思います。FWの選手もそれぞれ特長があるので、そこをみんなで理解しながら活かせればいいと思っています。戦って行く上で警告受けることは仕方ない部分もあるので、チームとして準備して、アクシデントがあった時に対応できるようにサブ組はチャンスを伺っていなければなりません。自分も試合に出続けたいという気持ちを常に持ちながらやっていますし、今の自分には満足していません。常に危機感を持って取り組んで、個人的にも足りない部分を伸ばしたいと思っています。

MF #13 清武弘嗣 選手(セビージャ)
昨日は試合前に、本田選手が中に入ったら自分が外に出ることなど、距離感を大事にしようと話していましたが、少しはそれをピッチで出せたと思います。2点目のような、ああいうシーンをもっと試合で増やしたいと思いました。サウジアラビアには前線に強くて速い選手がいて個が強いので、自分たちがいかにまとまってプレーできるかだと思います。得失点を考えて得点も多く取りたいと思いますが、まずは勝つことだと思います。

スケジュール

11月6日(日) 17:00 トレーニング(鹿島アントラーズグラウンド)【一般公開】
11月7日(月) 17:00 トレーニング(鹿島アントラーズグラウンド)【一般公開】
11月8日(火) PM トレーニング【一般非公開】
11月9日(水) PM トレーニング※
11月10日(木) TBC 公式会見(カシマサッカースタジアム)
公式練習(カシマサッカースタジアム)※
11月11日(金) 4-0 キリンチャレンジカップ2016
vs  オマーン代表(茨城県立カシマサッカースタジアム)
11月12日(土) 10:30 トレーニング(茨城県立カシマサッカースタジアム)【一般公開】
11月13日(日) PM トレーニング※
11月14日(月) TBC 公式会見(埼玉スタジアム2002)
公式練習(埼玉スタジアム2002)※
11月15日(火) 19:35 アジア最終予選(Road to Russia)
vs  サウジアラビア代表(埼玉スタジアム2002)

※冒頭15分のみメディア公開
※スケジュールは、チームのコンディションや天候等により急きょ変更する場合があります。

アジア最終予選(Road to Russia)

2016年11月15日(火) 19:35キックオフ(予定)
埼玉スタジアム2○○2
SAMURAI BLUE(日本代表)vs サウジアラビア代表
大会情報はこちら

アーカイブ

OFFICIAL PARTNER

OFFICIAL SUPPLIER

SUPPORTING COMPANIES

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー