JFA.jp

JFA.jp

EN

日本代表

年代・カテゴリーを選ぶ

表示したいカテゴリーを
以下から選択してください。

1.年
  • 2020年
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
2.年代別
  • SAMURAI
    BLUE
  • U-23
  • U-22
  • U-21
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • NADESHIKO
    JAPAN
  • U-23
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • フットサル
    (男子)
  • U-25フットサル
    (男子)
  • U-20フットサル
    (男子)
  • U-19フットサル
    (男子)
  • U-18フットサル
    (男子)
  • フットサル
    (女子)
  • U-18フットサル
    (女子)
  • ビーチサッカー
  • eスポーツ・サッカー
年代・カテゴリーを選ぶ

表示したいカテゴリーを
以下から選択してください。

1.年
  • 2020年
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
2.年代別
  • SAMURAI
    BLUE
  • U-23
  • U-22
  • U-21
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • NADESHIKO
    JAPAN
  • U-23
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • フットサル
    (男子)
  • U-25フットサル
    (男子)
  • U-20フットサル
    (男子)
  • U-19フットサル
    (男子)
  • U-18フットサル
    (男子)
  • フットサル
    (女子)
  • U-18フットサル
    (女子)
  • ビーチサッカー
  • eスポーツ・サッカー
ホーム > 日本代表 > 最新ニュース一覧 > U-19日本代表 AFC U-19選手権バーレーン2016 グループステージ初戦を勝利で飾る!

ニュース

U-19日本代表 AFC U-19選手権バーレーン2016 グループステージ初戦を勝利で飾る!

2016年10月15日

U-19日本代表 AFC U-19選手権バーレーン2016 グループステージ初戦を勝利で飾る!

AFC U-19選手権バーレーン2016 グループステージ第1戦 vs U-19イエメン代表
2016年10月14日(金) キックオフ時間 16:30 試合時間 90分(45分×2)
Bahrain National Stadium(バーレーン/マナマ)

U-19日本代表 3-0(前半0-0、後半3-0)U-19イエメン代表

得点
47分 小川航基(U-19日本代表)
79分 岩崎悠人(U-19日本代表)
88分 原輝綺(U-19日本代表)

スターティングメンバー
GK:小島亨介
DF:岩田智輝、冨安健洋、中山雄太、舩木翔
MF:堂安律、神谷優太、坂井大将、三好康児
FW:小川航基、岸本武流

サブメンバー
GK:廣末陸、若原智哉
DF:藤谷壮、板倉滉、町田浩樹、初瀬亮
MF:遠藤渓太、市丸瑞希、原輝綺、長沼洋一
FW:岩崎悠人、中村駿太

交代
60分 岸本武流 → 岩崎悠人
80分 神谷優太 → 原輝綺
84分 三好康児 → 遠藤渓太

マッチレポート

AFC U-19選手権バーレーン2016、グループステージ最初の相手はU-19イエメン代表。試合は、序盤から日本がボールを支配し優位に試合を進めますが、初戦というプレッシャーのせいか、パスミスやコントロールミスが目立ちます。なかなかシュートまでの形が作れず、嫌な流れのなか前半を0-0で終えます。

後半開始直後の47分、右サイドからドリブルで仕掛けたMF堂安律選手(ガンバ大阪)が相手に倒されフリーキックを獲得。すると、MF神谷優太選手(湘南ベルマーレ)がニアサイドに蹴ったクロスボールにFW小川航基選手(ジュビロ磐田)が飛び込んでヘディングシュートをゴール右隅へ決め、日本が待望の先制点を奪います。このゴールを皮切りに勢いに乗った日本は、79分に追加点を奪います。ゴール前に抜け出た堂安選手が放ったシュートは惜しくもゴールポストに弾かれますが、後半途中からピッチに立ったFW岩崎悠斗選手(京都橘高)がこぼれ球に反応し、難しい体制から強引にシュートを決め2-0とします。

そして試合を決定づける3点目は88分。小川選手が相手のペナルティエリア内の右サイドへドリブルで侵入しゴール前にクロスボールを入れると、同じく途中交代出場のMF原輝綺選手(市立船橋高)が右足で豪快にシュートを決め3-0。後半に入って自分たちのリズムを取り戻した日本が、大事な初戦を勝利で飾りました。

グループステージ第2戦は10月17日(月)、U-19イラン代表と対戦します。

監督・選手コメント

内山篤 監督
前半は簡単なミスが多くなかなか自分たちの試合ができませんでした。大会初戦ということもあり、硬くなることは予想していたので、ハーフタイムに修正しました。後半の立ち上がりから、選手たちが良くやってくれたと思います。難しいゲームでしたが、初戦に勝利することができて良かったです。

FW #9 小川航基 選手(ジュビロ磐田)
前半からチーム全体の動きが硬く、自分たちのサッカーがなかなかできませんでしたが、相手が後半にバテてくると思っていたので、日本らしいサッカーを貫けば大丈夫だと思って自信を持ってプレーしました。後半は自分のゴールで先制し、上手くチームを活気づけられたので良かったです。次は強豪イランとの試合ですが、今日の課題を立ち上がりから意識しながら、集中して臨みたいです。

MF #21 原輝綺 選手(市立船橋高校)
最終予選の大事な初戦でしたが、スタートから出る選手、出ない選手関係なく、チーム全体ですごく良い雰囲気で試合を迎えられたと思います。個人としては、試合に出場したらまずは守備からしっかり入ろうと思っていました。結果的に無失点で試合を終え、得点も挙げることができましたが、まだまだ課題が多いので、引き続きこれからの試合に向けて改善していきたいです。第2戦に向け、またチーム全員で良い準備をして挑みたいと思います。

スケジュール

AFC U-19選手権バーレーン2016
10月13日(木) PM トレーニング
10月14日(金) 3-0 vs イエメン(Bahrain National Stadium)
10月15日(土) AM トレーニング
10月16日(日) PM トレーニング
10月17日(月) 16:30 vs イラン(Bahrain National Stadium)
10月18日(火) AM トレーニング
10月19日(水) PM トレーニング
10月20日(木) 16:30 vs カタール(Bahrain National Stadium)
10月21日(金) TBC トレーニング
10月22日(土) TBC トレーニング
10月23日(日) TBC トレーニング
10月24日(月) 16:15/19:15 準々決勝
10月25日(火) TBC トレーニング
10月26日(水) TBC トレーニング
10月27日(木) 16:15/19:15 準決勝/プレーオフ①
10月28日(金) TBC トレーニング
10月29日(土) TBC トレーニング
10月30日(日) 17:30 決勝戦/プレーオフ②

※時間はすべて現地時間。
※スケジュールは、チームのコンディションや天候等により急きょ変更する場合があります。
※上位4ヵ国がFIFA U-20ワールドカップ韓国2017の出場権を獲得します。韓国が準決勝に進出した場合は準々決勝で敗退した4チームにより、5位決定プレーオフを実施します。

AFC U-19選手権バーレーン2016

2016年10月13日(木)~2016年10月30日(日)
大会情報はこちら

 

アーカイブ
日本代表
NEWS メニュー

OFFICIAL PARTNER

OFFICIAL SUPPLIER

SUPPORTING COMPANIES

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー