JFA.jp

JFA.jp

EN

日本代表

年代・カテゴリーを選ぶ

表示したいカテゴリーを
以下から選択してください。

1.年
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
2.年代別
  • SAMURAI
    BLUE
  • U-23
  • U-22
  • U-21
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • NADESHIKO
    JAPAN
  • U-23
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • フットサル
    (男子)
  • U-25フットサル
    (男子)
  • U-20フットサル
    (男子)
  • U-19フットサル
    (男子)
  • U-18フットサル
    (男子)
  • フットサル
    (女子)
  • U-18フットサル
    (女子)
  • ビーチサッカー
ホーム > 日本代表 > 最新ニュース一覧 > 手倉森監督、「強化の場で最後のテスト」~6・29 キリンチャレンジカップ2016へ~

ニュース

手倉森監督、「強化の場で最後のテスト」~6・29 キリンチャレンジカップ2016へ~

2016年06月21日

手倉森監督、「強化の場で最後のテスト」~6・29 キリンチャレンジカップ2016へ~

リオデジャネイロ・オリンピックに出場するU-23日本代表の手倉森誠監督は6月20日(月)、本大会前の国内最後の試合となるキリンチャレンジカップ2016、U-23南アフリカ代表戦(29日、長野/松本平広域公園総合球技場)へ臨むメンバーを発表し、「これは強化試合であり、最後のテストになる」と語りました。

発表になった21人のメンバーには、FW浅野拓磨選手(サンフレッチェ広島)やMF遠藤航選手(浦和レッズ)ら馴染みの顔ぶれのほかに、オリンピック出場権を獲得した今年1月のAFCU-23選手権以降、負傷のため招集が見送られてきたDF室屋成選手、FW中島翔哉選手(いずれもFC東京)、FW鈴木武蔵選手(アルビレックス新潟)らが含まれました。

オリンピック代表メンバー18人の発表を7月1日に控えて、手倉森監督は負傷から復帰した選手たちについて、「一試合だけのコンディションでは困る。本番は連戦。タフに戦い抜けるフィジカルとメンタルが備わっているか」を見極めたいと話しました。

オーバーエイジに選ばれているDF塩谷司選手(サンフレッチェ広島)とDF藤春廣輝選手(ガンバ大阪)は所属クラブでの活動とコンディションを考慮して今回は招集されませんでしたが、U-23日本代表指揮官は、「オーバーエイジの選手はブラジルに行ってからの時間で十分すり合わせができる」と話しています。また、海外クラブ所属のFW久保裕也選手(ヤングボーイズ)やFW南野拓実選手(ザルツブルク)の招集も見送られました。

チームは2014年1月のAFC U-22選手権オマーン2013から始動。先月フランスで行われたトゥーロン国際大会までの約2年半で33試合を戦い、ここまでの通算成績は23勝4分6敗です。

その中でアフリカ勢との対戦は、5月11日のMS&ADカップ2016でのガーナ代表(○3-0)以来2チーム目になります。南アフリカもオリンピックへ向けて調整中で、本大会では互いにグループステージを順当に勝ち進めば、準々決勝で対戦する可能性もあります。日本はグループBでナイジェリア、コロンビア、スウェーデンと対戦します。

手倉森監督は、「これまで世界に挑む準備をしてきた。スピードとパワー、柔軟性と割り切り、メリハリの利いたサッカーを見せたい。オリンピックで示そうとするサッカー、リオで躍進する可能性をまずこのメンバーで表現したい」と力強く語りました。

U-23南アフリカとの試合は、6月29日(水)19:30キックオフの予定です。

コメント

手倉森誠 U-23日本代表監督
今回のメンバーはこれまでの活動にずっと参加している選手、オリンピックのアジア最終予選以降ケガで離脱していた選手、改めてもう一度手元に置いてみたいと思う選手で構成しました。本大会のメンバーは、ある程度の枠組みが私の中にありますが、復帰組にチャンスを与えるのが自分のやり方です。オーバーエイジの選手たちは、ブラジルへ行ってからの時間で十分すり合わせできると考えています。

チームのやり方としてコレクティブに戦い、守備でのコンパクトさと攻撃での距離感でテンポの効いたサッカーを表現したいです。本大会、特にマナウスでの初戦は、相当過酷な環境のなかで体力を振り絞らなくてはなりません。そこでのタフさを考えると、南アフリカ戦では相手を翻弄するぐらいの活動量をこのメンバーで表現してもらいたいです。

自分たちの強みを活かして試合を進められればいいですが、世界の戦いでそんなことは期待できませんし、90分間スピードを出し続けられるサッカーもできません。そう考えると、このチームには試合の攻勢と劣勢をしっかりと判断してスピードとパワーを示し、メリハリをつけたゲームコントロールを期待したい。南アフリカ戦でもそれを引き続きトライさせたいと考えています。リオデジャネイロ・オリンピックが待ち遠しくなるような試合にしたいと思っています。

霜田正浩 JFAナショナルチームダイレクター
オリンピックの準備・強化の場として、今回が国内最後の試合となります。オリンピックに出場する国との対戦で最後の最後にどれだけの力を出せるのか、評価の場にしたいと考えていましたので、南アフリカと一戦交えることを非常に嬉しく思っています。緊張感のある試合を期待しています。

JFA-TV

スケジュール

6月26日(日) 16:30 トレーニング(@松本平広域公園芝生グラウンド) ※一般公開
6月27日(月) 16:00 トレーニング(@松本平広域公園芝生グラウンド) ※一般公開
6月28日(火) PM 公式トレーニング ※一般非公開
6月29日(水) 19:30 キリンチャレンジカップ2016
vs  U-23南アフリカ代表(@松本平広域公園総合球技場)

※スケジュールは、チームのコンディションや天候等により急きょ変更する場合があります。

キリンチャレンジカップ2016

U-23日本代表 vs U-23南アフリカ代表
2016年6月29日(水) 19:30キックオフ(予定)
長野/松本平広域公園総合球技場

大会情報はこちら

アーカイブ
日本代表
NEWS メニュー

OFFICIAL PARTNER

OFFICIAL SUPPLIER

SUPPORTING COMPANIES

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー
年代・カテゴリーを選ぶ

表示したいカテゴリーを
以下から選択してください。

1.年
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
2.年代別
  • SAMURAI
    BLUE
  • U-23
  • U-22
  • U-21
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • NADESHIKO
    JAPAN
  • U-23
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • フットサル
    (男子)
  • U-25フットサル
    (男子)
  • U-20フットサル
    (男子)
  • U-19フットサル
    (男子)
  • U-18フットサル
    (男子)
  • フットサル
    (女子)
  • U-18フットサル
    (女子)
  • ビーチサッカー