JFA.jp

JFA.jp

EN

日本代表

年代・カテゴリーを選ぶ

表示したいカテゴリーを
以下から選択してください。

1.年
  • 2022年
  • 2021年
  • 2020年
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
2.年代別
  • SAMURAI
    BLUE
  • U-24
  • U-23
  • U-22
  • U-21
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • NADESHIKO
    JAPAN
  • U-23
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • フットサル
    (男子)
  • U-25フットサル
    (男子)
  • U-20フットサル
    (男子)
  • U-19フットサル
    (男子)
  • U-18フットサル
    (男子)
  • フットサル
    (女子)
  • U-18フットサル
    (女子)
  • ビーチサッカー
  • eスポーツ・サッカー
年代・カテゴリーを選ぶ

表示したいカテゴリーを
以下から選択してください。

1.年
  • 2022年
  • 2021年
  • 2020年
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
2.年代別
  • SAMURAI
    BLUE
  • U-24
  • U-23
  • U-22
  • U-21
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • NADESHIKO
    JAPAN
  • U-23
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • フットサル
    (男子)
  • U-25フットサル
    (男子)
  • U-20フットサル
    (男子)
  • U-19フットサル
    (男子)
  • U-18フットサル
    (男子)
  • フットサル
    (女子)
  • U-18フットサル
    (女子)
  • ビーチサッカー
  • eスポーツ・サッカー
ホーム > 日本代表 > 最新ニュース一覧 > U-16日本代表 中国遠征活動開始!

ニュース

U-16日本代表 中国遠征活動開始!

2016年05月10日

U-16日本代表 中国遠征活動開始!

5月8日(月)

U-16日本代表の中国遠征が始動しました。「00ジャパン」ことU-16日本代表は、今年9月に開催されるAFC U-16選手権 インド 2016を勝ち抜いて来年のFIFA U-17ワールドカップ2017に出場することを目指しています。

今回は、中国サッカー協会主催の「Jiangyin Zhouzhuang Cup CFA International Youth Football Tournament 2016」大会に参加し、U-17中国代表、U-17イラン代表、U-17ウズベキスタン代表と対戦します。特にイラン代表やウズベキスタン代表とは、AFC U-16選手権 インド 2016で対戦する可能性があるため、非常に重要な大会となります。

早朝、羽田空港へ集合した「00ジャパン」は、上海空港からバスで3時間程の江蘇省のホテルへ到着しました。選手たちは、到着後すぐに体幹トレーニングを実施し、明日からのトレーニングのために体調を整えていきます。

5月9日(火)

大会初戦の前日となるこの日は、午前・午後と2部トレーニングを行いました。冒頭のミーティングで森山佳郎監督は、今回の遠征テーマは「戦術バリエーションを増やすこと」と話しました。細かな戦術的なメッセージが伝えられる中、選手たちは精力的に練習メニューに取り組んでいきます。狭いエリアでの4対4+3フリーマン、6対6 のトレーニングを実施しました。3対2+GK、6対6+GK のトレーニングでは、攻撃陣と守備陣の激しい攻防が何度も見られ、GK陣の身体を張ったプレーが印象的でした。

午後は、試合会場となるスタジアムで、森山監督が記者会見に臨んだ後、公式トレーニングを開始しようとしましたが、豪雨の為使用できず、やむなく午前中に使用した会場に移動して1時間トレーニングを実施しました。1時間程度のトレーニングでしたが、選手たちはウォーミングアップから集中してプレーし、戦術的なトレーニングまで内容の濃い時間を過ごしました。雨の芝生ピッチでの質としては課題が残ったものの、8人対GK含めた5人の変則的な攻守の攻防メニューでは、明日の試合に向けた手応えを感じさせる内容でした。

明日は、いよいよ大会が開幕し、U-17ウズベキスタン代表と対戦します。

*「00ジャパン」:2000年以降に生まれた選手たちで構成されたU-16日本代表チームの呼称

選手コメント

GK 小久保玲央ブライアン 選手(柏レイソルU-18)
1年ぶりに日本代表に招集されて、正直驚きましたが嬉しかったです。自分が持っている実力を存分に発揮していきたいです。試合中、GKができる役目は非常に多いと思いますので、常に声を出してDF陣を統率し、一戦一戦しっかりと戦いたいと思います。今日のトレーニングでもチームの雰囲気の良さを感じました。大事な初戦なので、皆で集中して明日勝ちたいと思います。

DF 高畑奎汰 選手(大分トリニータU-18)
初めてU-16日本代表に招集されて大変嬉しく思います。アジアの強豪国相手にどれだけできるのか、何が通用するのか、自分の武器を積極的に発揮したいです。本日の初めてのトレーニングでは、緊張もあったのか少しきつかったですが、自分の課題が明確になって良かったです。パスの質、パススピード、ボールを貰う前の準備など課題は多いですが、チームメートのプレーは非常に参考になりました。臆せず皆とコミュニケーションを取りながら、チームコンセプトを早く理解して、AFC U-16選手権 インド 2016のメンバーに入りたいです。

MF 瀬畠義成 選手(JFAアカデミー福島U18)
U-15日本代表欧州遠征に続き、招集されて嬉しく思います。欧州遠征で学んだボールの受け方などをより精度を意識して学びたいです。試合中積極的にシュートを打てるようになってきましたが、決定力がないと改めて感じています。一本一本のプレーの質、パスの質にこだわり、自分がゲームをコントロールしたいです。試合に出る出ない関係なく、常にチームのためにすることを忘れず取り組んでいきたいです。

スケジュール

5月9日(月) AM/PM トレーニング
International Youth (U-17) Four Countries Football Tournament
5月10日(火) 16:00 vs  U-17ウズベキスタン代表(Jiang yin Sports centre stadium)
5月11日(水) AM トレーニング
5月12日(木) 19:30 vs  U-17中国代表(Jiang yin Sports centre stadium)
5月13日(金) AM トレーニング
5月14日(土) 19:30 vs  U-17イラン代表(Jiang yin Sports centre stadium)

※スケジュールは、チームのコンディションや天候等により急きょ変更する場合があります。

アーカイブ
日本代表
NEWS メニュー

OFFICIAL PARTNER

OFFICIAL SUPPLIER

SUPPORTING COMPANIES

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー