JFA.jp

JFA.jp

EN

日本代表

年代・カテゴリーを選ぶ

表示したいカテゴリーを
以下から選択してください。

1.年
  • 2020年
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
2.年代別
  • SAMURAI
    BLUE
  • U-23
  • U-22
  • U-21
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • NADESHIKO
    JAPAN
  • U-23
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • フットサル
    (男子)
  • U-25フットサル
    (男子)
  • U-20フットサル
    (男子)
  • U-19フットサル
    (男子)
  • U-18フットサル
    (男子)
  • フットサル
    (女子)
  • U-18フットサル
    (女子)
  • ビーチサッカー
年代・カテゴリーを選ぶ

表示したいカテゴリーを
以下から選択してください。

1.年
  • 2020年
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
2.年代別
  • SAMURAI
    BLUE
  • U-23
  • U-22
  • U-21
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • NADESHIKO
    JAPAN
  • U-23
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • フットサル
    (男子)
  • U-25フットサル
    (男子)
  • U-20フットサル
    (男子)
  • U-19フットサル
    (男子)
  • U-18フットサル
    (男子)
  • フットサル
    (女子)
  • U-18フットサル
    (女子)
  • ビーチサッカー
ホーム > 日本代表 > 最新ニュース一覧 > U-22日本代表、実践的な練習で戦術理解の浸透を狙う

ニュース

U-22日本代表、実践的な練習で戦術理解の浸透を狙う

2015年12月27日

U-22日本代表、実践的な練習で戦術理解の浸透を狙う

U-22日本代表はトレーニングキャンプ4日目を迎えました。

午前練習の冒頭に手倉森監督から「24 日の練習で、最終予選におけるロングボールの重要性を踏まえ練習したが、今日はその次のステップとして空中戦に備えヘディングの練習をメインにやります」と練習のコンセプトについて説明がありました。有酸素ランニング、インターバルランニングとルーティンのメニューをこなすと、ボールコントロール、そして3人組でのヘディング練習と移っていきます。最後はゴール前の攻防で練習を締めました。

午後の練習では、「アジアのライバル国が、日本はつないでくると思っている中で相手をしっかり破れるように」(手倉森監督)、自分たちの強み、日本が得意とするポゼッションやビルドアップに取り組みます。「今の体の状態でできれば、疲れが抜けた時にもっと良くなる、全ては勝つためのトレーニングだということを意識してみんなでやっていきましょう」という監督のメッセージとともに練習スタート。パス&コントロール、サーバーを2人置いて6対6のポゼッション、5対4+4対5の練習を行うと、午後の練習も最後はサイドからのクロスボールに対するゴール前の攻防で練習を終えました。

また、天皇杯準々決勝で敗退したチームからDF岩波拓也選手(ヴィッセル神戸)、奈良竜樹選手(FC東京)、MF中島翔哉選手(FC東京)の追加招集が決定。

27日は新たな3名を加えた総勢26名の若きサムライたちが午前午後の二部練習に臨みます。

監督・選手コメント

手倉森誠 監督
上げ手の球質とタイミングを中のプレーヤーと擦りあわせていくためにクロスの攻防の練習をしました。良いボールもありましたがまだまだです。ただ、今のコンディションであればこれくらいだと思います。ピッチ上での“作り”の部分、つまりダイレクトプレーなのかビルドアップで相手を剥いでいくのか、そういう部分も重要ですが、最後はゴール前に向かうんだというメッセージを持たせるために、午前練習も午後練習もゴール前の攻防の練習で終えました。良い“作り”をしていても、最後は点を取れなければ何も成し遂げられないというメッセージを選手に送るためです。また、守備面では、組織の守備に加えて個人の守備能力が重要になってきます。組織に個人が逃げない、というものが今日の練習で少し落とし込めたと思います。

GK 櫛引政敏 選手(清水エスパルス)
カタール・UAE遠征の二試合を無失点で終えられた結果は良かったですが、まだやるべきことはありますし、チームとしても個人としてももっと細かい部分を詰めていきたいです。例えば、アジアの国々はロングボールで味方DFの裏を狙ってくる攻撃が多くなると思いますが、そのボールをDFに任せるのか自分で取りに行くのか。コミュニケーションと連携をもっと高めていきたいです。そして、内容よりも結果にこだわって、まずしっかり勝ちたいです。

MF 矢島慎也 選手(ファジアーノ岡山)
最終予選に向けて課題はいろいろありますが、カタール・UAE遠征の試合で無得点でしたので、攻撃の選手として得点が一番の課題です。ただ、やっていることは間違っているとは思いません。また、良い攻撃は良い守備から生まれると思いますが、その守備面は良くなっていると思います。試合に入れば感覚が合うかどうかも重要になってきますので、試合の中で話し合いながら課題を解決することが重要だと思います。みんな危機感は持っていますし、それが良い緊張感を生んでいます。ただ、そこまで張り詰めた雰囲気も無く、楽しく良い雰囲気の中で練習ができています。一発で決まる大会なので、どんなに調子が良くても初戦を落とせば悪い雰囲気がそのまま続きますし、逆も然りです。どんな大会でも初戦は重要と言いますが、口だけでなく皆でその意識を共有する必要がありますし、一体感を持って全員で戦いたいと思います。

FW オナイウ阿道 選手(ジェフユナイテッド千葉)
キャンプでの毎日は非常に充実しています。例年この時期にこうやってサッカーをしていることがなかなか無いので、すごく幸せなことだと感じています。強さや前線でのキープ力、競り合う力といった自分の強みを出していきたいです。本番が近づいているという実感がありますし、そこに向けてみんな高いモチベーションで挑めています。戦う体を作るために良い準備ができていますので、チームとして一致団結して出場権を勝ち取れるように頑張りたいです。そして、FWですので、ゴールという結果を残してチームを勝ちに導きたいです。

スケジュール

12月23日(水) AM/PM トレーニング
12月24日(木) AM/PM トレーニング
12月25日(金) AM トレーニング
12月26日(土) AM/PM トレーニング
12月27日(日) AM/PM トレーニング
12月28日(月) AM トレーニング
12月29日(火) AM/PM トレーニング
12月30日(水) AM トレーニング
アーカイブ
日本代表
NEWS メニュー

OFFICIAL PARTNER

OFFICIAL SUPPLIER

SUPPORTING COMPANIES

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー