JFA.jp

JFA.jp

EN

日本代表

年代・カテゴリーを選ぶ

表示したいカテゴリーを
以下から選択してください。

1.年
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
2.年代別
  • SAMURAI
    BLUE
  • U-23
  • U-22
  • U-21
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • NADESHIKO
    JAPAN
  • U-23
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • フットサル
    (男子)
  • U-25フットサル
    (男子)
  • U-20フットサル
    (男子)
  • U-19フットサル
    (男子)
  • U-18フットサル
    (男子)
  • フットサル
    (女子)
  • U-18フットサル
    (女子)
  • ビーチサッカー
年代・カテゴリーを選ぶ

表示したいカテゴリーを
以下から選択してください。

1.年
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
2.年代別
  • SAMURAI
    BLUE
  • U-23
  • U-22
  • U-21
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • NADESHIKO
    JAPAN
  • U-23
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • フットサル
    (男子)
  • U-25フットサル
    (男子)
  • U-20フットサル
    (男子)
  • U-19フットサル
    (男子)
  • U-18フットサル
    (男子)
  • フットサル
    (女子)
  • U-18フットサル
    (女子)
  • ビーチサッカー
ホーム > 日本代表 > 最新ニュース一覧 > U-22日本代表候補、キャンプ2日目に総勢25名の若きサムライが集合

ニュース

U-22日本代表候補、キャンプ2日目に総勢25名の若きサムライが集合

2015年11月25日

U-22日本代表候補、キャンプ2日目に総勢25名の若きサムライが集合

平塚で行われているU-22日本代表候補トレーニングキャンプの2日目。

前日夜と24日朝に合流した11人を含む総勢25名の若きサムライが平塚の地に集合しました。

トレーニング前には、平塚市の落合克宏市長から地元平塚産のお米をいただき、激励の言葉を頂戴しました。

前日の天候から打って変わって22℃という暖かな気候の中、前日、J2の試合で出場時間の長かったDF高橋祐治選手(カマタマーレ讃岐)、MF矢島慎也選手(ファジアーノ岡山)、川辺駿選手(ジュビロ磐田)の3選手はリカバリートレーニングをこなし、残る22名の選手はパス&コントロールやポゼッション、フォーメーションを行い、最後は9対9のゲーム形式の練習で約2時間のこの日の練習を終えました。手倉森監督から熱い檄が飛ぶ中、来年1月に行われる最終予選に向けて選手たちは気迫のこもったプレーをピッチ上で見せていました。

25日は午前午後の二部練習を行う予定です。

監督・選手コメント

手倉森誠 監督
選手たちには、「難しい時期ではあるが誰が選ばれても良いようにしっかり準備をするように」という話をしました。最終予選は難しくて厳しい大会になると想定していますが、それを勝ち抜いた時こそ、この世代の選手たちが将来の日本を背負っていけるレベルに成長していくと思っています。世界に飛び出そうと思ったら決して楽なゲームはありません。まだ合宿二日目ですが、この世代の意欲を凄く感じます。ここには間違いなく何かを成し遂げるまとまりがあると思います。このチームはオリンピックでのメダル獲得を目標に掲げていますが、日本サッカー全体を考えれば、ワールドカップでの躍進のためにこの世代の成長は不可欠です。そこに向けて本気になっていき、良い状態にある選手を最終予選に選んでいきたいと思っています。

MF 遠藤航 選手(湘南ベルマーレ)
SAMURAI BLUE(日本代表)の活動直後のキャンプではありますが、気持ちはしっかり切り替えて臨んでいます。最終予選に向けてチームとしてどう良い準備ができるかが、これからとても重要になってきます。同じ意識、同じ気持ちで戦う準備をチーム内でしっかりやっていきたいです。今年一年は自分自身、良い経験を積むことができましたが、もっと成長したいという意欲が湧いた年でもありました。この経験をこれからの自分の成長に繋げていきたいです。

チームとして、球際の強さや切り替えの速さは最低限、手倉森監督が掲げる「全員守備・全員攻撃」や「柔軟性と割り切り」を徹底し、90分戦う中でどういう時間帯なのかということを把握し、戦況を見極めながら戦い最後は勝って終われれば良いと思います。湘南ベルマーレのサポーターの方もU-22日本代表のことをすごく気にしてくださっていますし、最終予選にしっかり勝って、応援してくださった方々に良い報告ができるように頑張りたいと思います。

DF 佐藤和樹 選手(名古屋グランパス)
今日は久し振りの代表活動で緊張しましたが楽しかったです。個人的には非常に難しい状況だったので、今回招集されたことは本当に嬉しかったです。AFC U-19選手権2012で負けた際に本当に悔しい思いをしましたし、この代表に入ることを目標としていました。手倉森監督から指示されたことをしっかりこなし、その上で攻撃的な部分やクロスボールといった自分の特長を出していきたいです。日の丸をつけて戦うことは、人間としてもサッカー選手としても成長できる良い経験になると思います。残り二日、気を抜かず一瞬一瞬大切にして頑張っていきたいです。

MF 川辺駿 選手(ジュビロ磐田)
練習では緊張感があり、ピッチを離れたところでは纏まりのあるこのチームに自分もスムーズに入っていきたいです。最終予選のメンバーに生き残るために、ハードワークをしつつも勝ちに繋がるプレー、という自分の特長をアピールしたいです。このチームではまだ得点も取れていないですし、アシストもできていません。目に見える結果を出せていないので、ハードワークにプラスして結果という部分をもっとアピールしていきたいです。AFC U-19選手権2014で負けているので、その時の気持ちも含めて戦わないといけないと思います。アジアの厳しい戦いを勝ち切って、世界の舞台でより強い相手と戦いたいです。

スケジュール

11月23日(月) PM トレーニング
11月24日(火) PM トレーニング
11月25日(水) AM/PM トレーニング
11月26日(木) 19:00 練習試合  vs  湘南ベルマーレ(Shonan BMWスタジアム平塚)
アーカイブ
日本代表
NEWS メニュー

OFFICIAL PARTNER

OFFICIAL SUPPLIER

SUPPORTING COMPANIES

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー