JFA.jp

JFA.jp

EN

日本代表

年代・カテゴリーを選ぶ

表示したいカテゴリーを
以下から選択してください。

1.年
  • 2021年
  • 2020年
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
2.年代別
  • SAMURAI
    BLUE
  • U-24
  • U-23
  • U-22
  • U-21
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • NADESHIKO
    JAPAN
  • U-23
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • フットサル
    (男子)
  • U-25フットサル
    (男子)
  • U-20フットサル
    (男子)
  • U-19フットサル
    (男子)
  • U-18フットサル
    (男子)
  • フットサル
    (女子)
  • U-18フットサル
    (女子)
  • ビーチサッカー
  • eスポーツ・サッカー
年代・カテゴリーを選ぶ

表示したいカテゴリーを
以下から選択してください。

1.年
  • 2021年
  • 2020年
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
2.年代別
  • SAMURAI
    BLUE
  • U-24
  • U-23
  • U-22
  • U-21
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • NADESHIKO
    JAPAN
  • U-23
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • フットサル
    (男子)
  • U-25フットサル
    (男子)
  • U-20フットサル
    (男子)
  • U-19フットサル
    (男子)
  • U-18フットサル
    (男子)
  • フットサル
    (女子)
  • U-18フットサル
    (女子)
  • ビーチサッカー
  • eスポーツ・サッカー
ホーム > 日本代表 > 最新ニュース一覧 > U-15日本代表「00ジャパン」 フランス遠征始動(10/25)

ニュース

U-15日本代表「00ジャパン」 フランス遠征始動(10/25)

2015年10月26日

U-15日本代表「00ジャパン」 フランス遠征始動(10/25)

10月25日(日)

U-15日本代表のフランス遠征が始動しました。「00JAPAN」ことU-15日本代表は先月、モンゴルで開催されたAFC U-16選手権2016予選を突破し、今後は来年インドで開催されるAFC U-16選手権2016本大会を勝ち抜いてFIFA U-17ワールドカップ2017に出場することを目指します。今回はフランスサッカー連盟より招待を受け、バル・ド・マルヌU-16国際親善トーナメント2015でU-15イングランド代表、U-15フランス代表、U-15オランダ代表と対戦します。

フランス・パリ郊外に到着した「00JAPAN」は早速午前中にショートトレーニングを実施しました。ボールを使用せず、ストレッチ・ランニング中心のトレーニングを行いましたが、今回はAFC U-16選手権2016予選を経験した選手が多く、選手間のコミュニケーションも活溌で、移動や時差の疲れも見られないほど集中していました。

午後はボールを使用し、守備を意識した練習を繰り返し実施。3対2のパス交換から始まり、何度も実施している1対1、GKを入れた7対7の練習を行いました。フィジカル面に勝る相手にどのように守備をするか、ボールを奪い取るか、選手たちはパスのスピードやポジショニング、選手間の連携などを意識してトレーニングに励みました。最後の9対9の紅白戦では、今回審判員としてチームに帯同している清水修平1級審判員が審判を務め、選手も実践を意識した激しい競り合いや声で自分の長所を各所で発揮していました。

夜にはリーグ・アン「パリ・サンジェルマンFC対ASサンテティエンヌ」の試合を観戦し、欧州サッカーの臨場感やレベルを肌で感じ、充実した初日を終えました。

*「00JAPAN」:2000年以降生まれのメンバーで構成されたU-15日本代表チームの呼称

選手コメント

FW 中村敬斗 選手(三菱養和SC巣鴨ジュニアユース)
AFC U-16選手権2016予選では、普段の公式戦とは異なる緊張感や雰囲気で大変良い経験ができました。個人的な課題としてボールを受けるタイミングがDFラインの裏のスペースなのか、足元でもらうのか曖昧なプレーが見えたので、今回の遠征では動きを明確にしてシュートを常に狙えるポジションでボールを受けられるよう改善していきたいです。相手は非常に強豪国なので、対戦することが非常に楽しみですし、対戦することで相手の良いプレーも学びたいと思います。明後日の初戦では試合序盤からチームの良さを発揮し、皆で積極的に連動しながら動き、競り合いや体力面でも勝って、必ず勝ちたいです。

MF 喜田陽 選手(セレッソ大阪U-15)
AFC U-16選手権2016予選では怪我で十分にプレーができず、非常に悔しい思いをしたので今回の遠征では自分の長所を強豪相手に思い切り発揮したいです。本日のトレーニングでも学びましたがフィジカル面で劣っていても、ボールの受け方やタイミング、視野を広く持つことで十分対応はできるので、明日のトレーニングでも連携面を磨き、明後日の試合に万全の準備をしたいです。またリーグ・アンを観戦することができて大変勉強になりました。大観衆の中でのプレーの落ち着きやパスの質やスピード、攻守の切り替えなど目指すべきレベルを肌で感じ取れたので、日々練習していきたいです。

DF 小林友希 選手(ヴィッセル神戸U-15)
AFC U-16選手権2016予選ではアウェイの独特の緊張感の中で、いかに普段通りのプレーすることが難しく、日々の練習が大切なのかを学びました。このフランス遠征では4試合を通して、どのようにすれば自分よりフィジカル面に勝る相手から競り合いやボールを奪取することができるか、自分の長所が発揮できるかを学びたいです。今日のトレーニングでは良い雰囲気で皆集中してできたと思いますが、まだ必要な時にコミュニケーションが不足していたことも多かったので、明日のトレーニングではしっかりと課題を修正していきたいです。明後日の試合は大事な初戦なので、チームの特徴を最大限に出して、個人としては誰よりも粘り強く守備をして勝ちたいです。

スケジュール

10月25日(日) AM/PM トレーニング
10月26日(月) AM/PM トレーニング
バル・ド・マルヌ U-16国際親善トーナメント
10月27日(火) 14:00 vs U-15イングランド代表 (Stade Marcel Laveau)
10月28日(水) AM/PM トレーニング
10月29日(木) 16:00 vs U-15フランス代表 (Complexe Sportif Philippe De Dieuleveut)
10月30日(金) AM/PM トレーニング
10月31日(土) 14:00 vs U-15オランダ代表 (Complexe Sportif Leo Lgrange)
11月1日(日) 9:30 練習試合 vs Paris F.C (Dejerine stadium)
11月2日(月) AM トレーニング

※スケジュールは、チームのコンディションや天候等により急きょ変更する場合があります。

バル・ド・マルヌ U-16国際トーナメント

イングランド、オランダ、日本、フランスの4ヵ国の参加で、総当たりによる対戦で行われる。

アーカイブ
日本代表
NEWS メニュー

OFFICIAL PARTNER

OFFICIAL SUPPLIER

SUPPORTING COMPANIES

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー