btn_page_top sp_btn_page_top
ホーム > 日本代表 > 最新ニュース一覧 > なでしこジャパン、武漢で本格始動 ~女子東アジアカップ開幕へ~

ニュース

なでしこジャパン、武漢で本格始動 ~女子東アジアカップ開幕へ~

2015年07月31日

なでしこジャパン、武漢で本格始動 ~女子東アジアカップ開幕へ~

なでしこジャパンは7月30日、2日後の8月1日に中国の武漢で開幕するEAFF女子東アジアカップへ向けて当地のグランドで練習を行い、大会前公式会見に臨んだ佐々木則夫監督は「新鋭の選手たちとともに優勝を目指して戦いたい」と抱負を語りました。

前日午後当地入りしたチームは、この日は日中の厳しい暑さが和らぎ始めた夕方からスタジアムに併設された練習場で約1時間体を動かしました。冒頭15分以外を報道陣に非公開にして、国内リーグとは異なる国際試合のプレースピードや対人プレーの激しさを意識しながら紅白戦などを行い、お互いの動きを確認しました。

準優勝したFIFA女子ワールドカップカナダ2015から大幅にメンバーを入れ替えて、ワールドカップを経験したメンバーに若手を多く加えて編成したチームは、7月27日に名古屋での合宿で始動したばかりです。

しかし、佐々木監督は「日本での練習は実質1日だけだったが、ハードな練習で非常に質が良かった。高い競争意識が見られた」と満足そうに話し、この日の練習後にも「若手もカナダのワールドカップに行った選手たちと遜色ない」と手応えを口にしています。

2008年、2010年大会で連覇し、今回2大会ぶりの優勝を目指す日本は、1日に朝鮮民主主義人民共和国、4日に韓国、8日にホスト国の中国と対戦します。

朝鮮民主主義人民共和国との初戦を2日後に控えて、佐々木監督は「攻守にパンチ力のあるプレーに対して、カナダのワールドカップで頑張った名誉を汚すことなく戦いたい」と語りました。

また、この会見で佐々木監督はMF川村優理選手(ベガルタ仙台レディース)をキャプテンに決めたことを明らかにし、「ワールドカップを経験して選手として非常に成長し、選手からの信頼もある」と、新たなチームのまとめ役に期待を寄せました。

会見に同席した川村選手は、キャプテンを務めるのは「選手として初めて」と話しながらも、「この大会に参加できてうれしく思う。若手も多いが、一致団結して3戦全勝で優勝できるように頑張りたい」と力強く、意気込みを語りました。

試合はいずれも武漢体育中心競技場 (Wuhan Sports Centre Stadium) で行われます。

監督・選手コメント

佐々木則夫 なでしこジャパン(日本女子代表)監督
この武漢は私にとって、6年前のAFCU-19女子選手権で優勝した、非常に縁起の良い土地です。女子東アジアカップは前回大会で優勝を逃したので、今回は新鋭の選手たちと共に優勝を目指しています。名古屋の合宿では実質的には1日ぐらいでしたが、ハードなトレーニングで質が非常によかったですし、リオデジャネイロ五輪を目指して選手たちの高い競争意識が見られました。カナダに行ったメンバーたちと遜色のないようなプレーができていると感じています。この大会でどれだけチャレンジしてくれるかだと思います。朝鮮民主主義人民共和国には、昨年のアジア競技大会での対戦で素晴らしいプレーにしてやられましたが、今大会ではパンチ力のある攻守に負けることなく、カナダのFIFA女子ワールドカップで頑張ってきた、なでしこの名誉を汚すことなく、選手たちが挑んでくれることを期待しています。

MF #6   川村優理 選手(ベガルタ仙台レディース)
キャプテンに指名されて、びっくりしました。キャプテンという立場は選手として初めてですが、ワールドカップを経験したメンバーと協力して、良いチームを作っていければ良いと思っています。若い選手ばかりですが、みんなしっかりしていますし、特にキャプテンということでなく、みんなでのびのびとやれれば良いと思っています。チームで一致団結して、なでしこらしく、最後まで諦めずに戦って、3戦全勝して優勝できるようにがんばりたいです。

MF #22   杉田亜未 選手(伊賀フットボールクラブくノ一)
勝利に貢献できるように、自分の持ち味を出してプレーしたいと思います。チームで自分でも意見してもっと連動できるようにしていきたいですし、積極的にドリブルをしかけてシュートまで持っていきたいです。朝鮮民主主義人民共和国戦へは、ビデオなどを見て対策を立てています。相手はフィジカルが強くてスピードがありますが、競り合いなどでも相手に先にやらせないようにしたいと思います。

スケジュール

7月27日(月) PM トレーニング
7月28日(火) AM/PM トレーニング
7月29日(水) --  --
7月30日(木) AM/PM トレーニング
7月31日(金) AM/PM トレーニング
8月1日(土)EAFF女子東アジアカップ2015
18:20 vs. 朝鮮民主主義人民共和国女子代表 (Wuhan Sports Centre Stadium)
8月2日(日) AM/PM トレーニング
8月3日(月) AM/PM トレーニング
8月4日(火) 18:20 vs. 韓国女子代表 (Wuhan Sports Centre Stadium)
8月5日(水) AM/PM トレーニング
8月6日(木) AM/PM トレーニング
8月7日(金) AM/PM トレーニング
8月8日(土) 20:10 vs. 中国女子代表 (Wuhan Sports Centre Stadium)
アーカイブ
日本代表
NEWS メニュー

OFFICIAL PARTNER

OFFICIAL SUPPLIER

SUPPORTING COMPANIES

JFA.jp SITEMAP