JFA.jp

JFA.jp

EN

日本代表

年代・カテゴリーを選ぶ

表示したいカテゴリーを
以下から選択してください。

1.年
  • 2020年
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
2.年代別
  • SAMURAI
    BLUE
  • U-23
  • U-22
  • U-21
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • NADESHIKO
    JAPAN
  • U-23
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • フットサル
    (男子)
  • U-25フットサル
    (男子)
  • U-20フットサル
    (男子)
  • U-19フットサル
    (男子)
  • U-18フットサル
    (男子)
  • フットサル
    (女子)
  • U-18フットサル
    (女子)
  • ビーチサッカー
  • eサッカー
年代・カテゴリーを選ぶ

表示したいカテゴリーを
以下から選択してください。

1.年
  • 2020年
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
2.年代別
  • SAMURAI
    BLUE
  • U-23
  • U-22
  • U-21
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • NADESHIKO
    JAPAN
  • U-23
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • フットサル
    (男子)
  • U-25フットサル
    (男子)
  • U-20フットサル
    (男子)
  • U-19フットサル
    (男子)
  • U-18フットサル
    (男子)
  • フットサル
    (女子)
  • U-18フットサル
    (女子)
  • ビーチサッカー
  • eサッカー
ホーム > 日本代表 > 最新ニュース一覧 > U-16インターナショナルドリームカップ2015 JAPAN Presented by JFA 3戦全勝で日本が優勝!

ニュース

U-16インターナショナルドリームカップ2015 JAPAN Presented by JFA 3戦全勝で日本が優勝!

2015年06月29日

U-16インターナショナルドリームカップ2015 JAPAN Presented by JFA 3戦全勝で日本が優勝!

6月24日に大阪で開幕したU-16インターナショナルドリームカップ2015JAPAN Presented by JFAは28日、最終節を行い、試合の結果、U-16日本代表が3戦全勝で初代チャンピオンに輝きました。

J-GREEN堺からキンチョウスタジアムへと場所を移し、最終節を戦った4チーム。はじめにU-16チリ代表とU-16コスタリカ代表が対戦、ここまで2敗のコスタリカは序盤からアグレッシブな姿勢で試合に臨みます。チリに先制されたものの、ひるむことなく戦い続けると前半のうちに同点に追いつきます。コスタリカの厳しいチェックに手を焼いていたチリですが、スタンドに駆けつけたチリサポーター団の声援もあってか、66分に再びコスタリカを突き放すと、そのままタイムアップ。2-1でU-16チリ代表が勝利を収めました。

この大会の最終戦となったU-16日本代表対U-16フランス代表の一戦は勝利したチームが優勝という最終戦にふさわしい状況でキックオフを迎えました。体格に優るフランスは厳しいチェックでなかなか日本に仕事をさせてません。前半はお互い我慢の時間が続き、0-0で後半へ。試合が動いたのは後半開始直後の51分、後半から交代出場した中島元彦選手がフランス陣内、左サイドから中央へとドリブルで切り込んでいくと、そのままペナルティエリア前までノーマークのままボールを運び、思い切り良くミドルシュート。低い弾道のシュートがネットを揺らし、日本が先制します。さらに64分、セットプレーから中村駿太選手がチャンスを逃さずに決めて、追加点。71分、PKからフランスに1点を返されるものの、アディショナルタイムにはカウンターから齊藤未月選手がゴールを決めて3-1。U-16日本代表は3戦全勝で第1回大会を制しました。

大会MVPには3戦通して、PKでの1失点しか許さなかったU-16日本代表守備陣のリーダー、橋岡大樹選手が、そして得点王は今日のフランス戦でのゴールを含め、5ゴールを挙げた中村駿太選手が受賞しました。

監督コメント

森山佳郎 監督(U-16日本代表)
相手の方が格上というところで、全員がハードワークして、倒れるまで走るというベースのところでみんな本当に頑張ってくれました。相手は1対1が強かったので、こちらは全員で守備をして、攻撃の時は選手間の距離を近くして全員で攻めるということを意識してプレーしました。ボールを持ったときに回りの選手が1人、2人と関わっていくことが日本の良さだと思いますし、今日のゴールはそれが実を結んだのだと思います。ハードワークが勝利の要因だと思います。

大会MVP

橋岡大樹 選手(U-16日本代表/浦和レッズユース)
3戦厳しい試合が続きましたが、3勝できたことは嬉しく思います。
ディフェンスの選手たちで今大会は無失点で終えようと話をしていたので、最後に1点取られたことが悔しいです。A代表に入ることが目標なので、ここで終わらずにこれからも努力し続けたいと思います。

大会得点王

中村駿太 選手(U-16日本代表/柏レイソルU-18)
ゴールを決めて、チームが勝利できて、そして優勝できたことがとても嬉しいです。初戦で4点取れて勢いに乗れたことが大きかったです。どの試合も難しかったですが、日本の団結力、ハードワークの部分が他の国より上回っていたと感じます。1試合で1得点取り、チームを勝利に導けるような選手になるのが目標です。

JFA-TV

U-16日本代表 vs U-16フランス代表 ハイライト

U-16チリ代表 vs U-16コスタリカ代表 ハイライト

U-16 インターナショナルドリームカップ2015 JAPAN Presented by JFA
マッチスケジュール

U-16インターナショナルドリームカップ2015 JAPAN Presented by JFA チーム紹介(U-16日本代表、U-16チリ代表)

Match Day 1
6月24日(水)@ J-GREEN堺メインフィールド 【S1】
U-16日本代表   7-0   U-16コスタリカ代表
U-16フランス代表   1-1(PK戦 6-7)   U-16チリ代表

Match Day 2
6月26日(金)@ J-GREEN堺メインフィールド 【S1】

U-16日本代表   2-0   U-16チリ代表  
U-16コスタリカ代表   1-5   U-16フランス代表

Match Day 3
6月28日(日)@ キンチョウスタジアム

U-16チリ代表   2-1   U-16コスタリカ代表
U-16日本代表   3-1   U-16フランス代表

大会情報はこちら

アーカイブ
日本代表
NEWS メニュー

OFFICIAL PARTNER

OFFICIAL SUPPLIER

SUPPORTING COMPANIES

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー