JFA.jp

JFA.jp

EN

日本代表

年代・カテゴリーを選ぶ

表示したいカテゴリーを
以下から選択してください。

1.年
  • 2022年
  • 2021年
  • 2020年
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
2.年代別
  • SAMURAI
    BLUE
  • U-24
  • U-23
  • U-22
  • U-21
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • NADESHIKO
    JAPAN
  • U-23
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • フットサル
    (男子)
  • U-25フットサル
    (男子)
  • U-20フットサル
    (男子)
  • U-19フットサル
    (男子)
  • U-18フットサル
    (男子)
  • フットサル
    (女子)
  • U-18フットサル
    (女子)
  • ビーチサッカー
  • eスポーツ・サッカー
年代・カテゴリーを選ぶ

表示したいカテゴリーを
以下から選択してください。

1.年
  • 2022年
  • 2021年
  • 2020年
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
2.年代別
  • SAMURAI
    BLUE
  • U-24
  • U-23
  • U-22
  • U-21
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • NADESHIKO
    JAPAN
  • U-23
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • フットサル
    (男子)
  • U-25フットサル
    (男子)
  • U-20フットサル
    (男子)
  • U-19フットサル
    (男子)
  • U-18フットサル
    (男子)
  • フットサル
    (女子)
  • U-18フットサル
    (女子)
  • ビーチサッカー
  • eスポーツ・サッカー
ホーム > 日本代表 > 最新ニュース一覧 > U-16日本代表 第12回デッレナツィオーニトーナメント マッチレポート vs. U-16イタリア代表

ニュース

U-16日本代表 第12回デッレナツィオーニトーナメント マッチレポート vs. U-16イタリア代表

2015年04月28日

U-16日本代表 第12回デッレナツィオーニトーナメント マッチレポート vs. U-16イタリア代表

第12回デッレナツィオーニトーナメント グループステージ第3戦  vs U-16イタリア代表
2015年4月27日(月) キックオフ 17:00    試合時間:70分(35分ハーフ)
Monfalcone(イタリア/Monfalcone)

U-16イタリア代表   0-0(前半0-0、後半0-0)  U-16日本代表

スターティングメンバー
GK:若原智哉
DF:田中陸、中川創、橋岡大樹、中矢裕貴
MF:佐藤昴、藤本寛也、伊藤洋輝、平川怜
FW:杉浦文哉、中村駿太

サブメンバー
GK:高瀬和楠
DF:仙波大志、監物拓歩、田中康介
MF:中野優太、吉田峻、住田将
FW:橋本尽、田川亨介

交代
65分  佐藤昴 → 住田将
68分  杉浦文哉 → 橋本尽

マッチレポート

グループリーグ最終戦の相手はイタリア代表。
この試合に勝利すれば1位通過が決まる日本は、前半から攻撃を仕掛けて得点を奪いにイタリアゴールへ向かいます。15分過ぎには右サイドでボールを受けた佐藤昴選手が左足でシュートを打ちますがゴールの枠から外れてしまいます。さらに25分過ぎには右サイドを突破した中村駿太選手がゴール前にクロスを入れると、左サイドから走りこんできた平川怜選手がヘディングシュートを放つも、これも相手GKの好セーブで止められます。日本が試合のペースを握りますがスコアレスドローで前半を終了します。

後半も日本のペースで試合が進みますが、イタリアの堅守に阻まれ、なかなかチャンスが作れません。それでもコーナーキックから橋岡大樹選手が飛び込んでヘディングシュートを打ちますがゴールの枠を外します。さらに58分には平川選手が相手の右サイドを突破し、ゴール前にクロスを入れると、走りこんできた佐藤選手が前半同様に左足でシュートを打ちますがこれもまたゴールの枠を外し、得点を決めることができません。試合終盤は、引き分けでもグループ1位が決まるイタリア代表の固い守備にゴール前を固められた日本は得点を決めることができず、試合はそのまま終了。0-0の引き分けとなり、日本はグループ2位で予選リーグを終えました。

この結果、日本は5位~8位トーナメントに進み、29日に次の試合を行います。

試合詳細はこちら 

選手コメント

橋岡大樹 選手(浦和レッズユース)
上位トーナメントに上がれずにとても悔しいです。イタリアという世界的にも強豪なチームと試合ができ緊張感のある中で真剣勝負ができたのはとても良かったですが、勝ち切れず悔いが残ります。個人の能力も高い相手に対して負けずに戦えたことは自信に繋がり、特にルーズボールの競り合い時はほぼ負けなかったので良かったです。バックラインで、意識していたラインコントロール等が徹底できたことも良かったです。次の試合では、もっと結果にこだわって勝利を目指して頑張ります。

藤本寛也 選手(東京ヴェルディユース)
勝てばグループ1位という状況の中で、攻撃に焦りが出てしまいゴールを奪うことができずとても悔しいです。パスの出し手の精度や受け手のタイミングをもっと合わせることが重要だと感じました。また、もっと貪欲に泥臭くてもゴールを狙うことが必要だと感じました。個人的にはロングシュートやパスの質が低いと感じたので、残り試合の中で質を高めることを意識していきたいです。

田中陸 選手(柏レイソルU-18)
勝たないと予選リーグ1位通過はできないという状況の中で、チーム全員で勝利を目指して試合に臨みました。しかし、結果は引き分けとなり1位になることはできませんでした。個人としては、積極的に攻撃に絡んで行こうと試みたものの、上手くタイミングが合わずボールを受けることができませんでした。また、チームとしてはボールを支配して何回か良い形でチャンスを作れたものの得点が奪えませんでした。1位突破はできませんでしたが、まだ試合は続くので積極的に攻撃に絡むことを意識し、チームで得点を奪えるようにしたいと思います。

中川創 選手(柏レイソルU-18)
今日の試合で個人としては、今まで以上に相手へのマーキングの意識、ラインコントロールと的確な状況判断をすることを意識して試合に入りました。ですが、得点が欲しいあまり焦ってしまい、上手く相手の陣形を崩す前にボールを奪われてしまい、逆にピンチを招く場面が増えてしまいました。予選3試合を通して攻守に的確な判断の共有が増えてきましたが、個人としてもチームとしてももっと共有していくことが勝利につながると感じました。グループを1位通過はできませんでしたが、チームとしてさらにまとまるように前進していきたいと思います。 

スケジュール

4月23日(木)   トレーニング
4月24日(金)   トレーニング
第12回デッレナツィオーニトーナメント
4月25日(土) 2-1 vs. サウジアラビア代表(Flumicello)
4月26日(日) 1-1 vs. イングランド代表(Lignano)
4月27日(月) 0-0 vs. イタリア代表(Monfalcone)
4月28日(火)   トレーニング
4月29日(水)  17:00 5位~8位トーナメント vs. クロアチア代表(AJDOVSCINA)
4月30日(木)   トレーニング
5月1日(金)   順位決定戦

※現地時間

第12回デッレナツィオーニトーナメント参加国

グループA イタリア、イングランド、サウジアラビア、日本 
グループB オーストリア、ブラジル、アルバニア、メキシコ 
グループC スロベニア、クロアチア、コスタリカ、アメリカ 

今後の予定

 6/22~28 U-16 インターナショナルドリームカップ2015 JAPAN Presented by JFA(大阪) 
 8/7~13 平和祈念広島国際ユースサッカー(広島) 
関連情報
アーカイブ
日本代表
NEWS メニュー

OFFICIAL PARTNER

OFFICIAL SUPPLIER

SUPPORTING COMPANIES

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー