JFA.jp

JFA.jp

EN

日本代表

年代・カテゴリーを選ぶ

表示したいカテゴリーを
以下から選択してください。

1.年
  • 2022年
  • 2021年
  • 2020年
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
2.年代別
  • SAMURAI
    BLUE
  • U-24
  • U-23
  • U-22
  • U-21
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • NADESHIKO
    JAPAN
  • U-23
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • フットサル
    (男子)
  • U-25フットサル
    (男子)
  • U-20フットサル
    (男子)
  • U-19フットサル
    (男子)
  • U-18フットサル
    (男子)
  • フットサル
    (女子)
  • U-18フットサル
    (女子)
  • ビーチサッカー
  • eスポーツ・サッカー
ホーム > 日本代表 > 最新ニュース一覧 > U-19日本女子代表候補 4月国内トレーニングキャンプ活動レポート(4/20)

ニュース

U-19日本女子代表候補 4月国内トレーニングキャンプ活動レポート(4/20)

2015年04月21日

U-19日本女子代表候補 4月国内トレーニングキャンプ活動レポート(4/20)

U-19日本女子代表候補は、静岡県内でトレーニングキャンプをスタートしました。
小雨が降る中、午前のトレーニングを開始。前日、所属先のチームで試合に出場した選手はジョギングを中心としたリカバリーメニューを、試合のなかった選手は4対4にフリーマン2人を足した実践形式に近いトレーニング実施しました。

午後になると、一段と雨足が強くなってきます。ドリブルやパスといった基本的な技術を確認した後、ピッチの3分の1ほどの広さで4対3を行いました。攻撃側が4人になることで、数的優位の状況で攻撃を組み立てていきます。15分×2本の紅白戦を行い、本日の活動を終えました。

選手コメント

清水梨紗 選手(日テレ・ベレーザ)
今日の午後は紅白戦を中心とした練習をしました。久しぶりの合宿となりましたが、U-18のときやそれ以前から一緒にプレーしている人たちが多かったので、連携や連動した守備ができました。しかし、攻撃でなかなかチャンスを作ることが出来ず、シュートまで行く回数がとても少なかったです。今まで守備を中心として練習をしてきたので、守備の成果は出てきたと思いますが、堅い守備の中を掻い潜っていくことがこれから重要視されると思っています。この合宿期間中にコンビネーションやクロスの精度など、攻撃に厚みをもたせたら良いです。

北川ひかる 選手(JFAアカデミー福島)
今回の合宿では2つの目標があります。1つは、失敗を恐れず、チャレンジすることです。2つ目は、運動量を落とさずプレーすることです。今回は、男子との試合が2試合あります。この機会を良い物にするために、スピードや体が強い相手にどれだけついていけるか、連動して相手を崩すために前線に関わるプレーをたくさん出せるように頑張りたいと思います。今日のトレーニングでは、大雨の中でやりましたが、スリッピーな中でミスパスをするとカウンターになり、相手に攻め込まれてしまうので、1つ1つの質を追求しないといけないと改めて感じました。残りのトレーニングも全力で取り組んでいきたいと思います。

安齋結花 選手(ジェフユナイテッド市原・千葉レディース)
午前のトレーニングの前に体幹トレーニングを行いました。今日行ったメニューは基本的なものでしたが、うまく筋肉を使えなかった部分があったので、日頃からもっと意識して取り組まなければいけないと改めて感じました。また、トラップパスの練習では、ファーストタッチを意識して臨みましたが、足元に入りすぎてしまったことがありました。相手からのパススピードが早くなってくるにつれて、ファーストタッチが重要になってくると思うので、次のプレーがしやすいところにボールを置くことを意識していきたいと思います。最後に紅白戦を行い、自分の特徴でもあるドリブルをしようと取り組みました。ドリブルからパスで得点に繋がったのは良かったと思いますが、中に入りすぎた部分があったので、周りの状況をみて判断していきたいです。球際の競り合いでは絶対負けない気持ちで、明日からのトレーニングに励みたいです。

園田瑞貴 選手(武蔵丘短期大学)
今日は雨の中のトレーニングでしたが、一人一人がしっかりと集中してトレーニングに臨むことができました。1対1や2対1の時、アイディアをだしうまく突破することができ、また4対3などは攻守の切り替えを早くしゴールを意識してプレーできました。紅白戦では裏への駆け引きが少なく、足元で受ける動きが多かったのでアクションをもっと大きくし、DFとの駆け引きにこだわっていきたいと思います。自分らしさを出しながら他の選手のいい所を吸収して、もっとレベルアップしていきたいです。

白木星 選手(浦和レッズレディース)
今日は大雨の中でのトレーニングでした。午前はパス&コントロールや頭を使ったミニゲームをやり、午後は紅白戦を行いました。今回の遠征では自分の長所を生かしつつもチームの流れを読み、ボールをキープするか、仕掛けるべきかの判断が出来るようになりたいです。 

スケジュール

4月20日(月) AM/PM トレーニング 
4月21日(火) 17:30 トレーニングマッチ vs 清水エスパルスユース
4月22日(水) AM/PM トレーニング 
4月23日(木) 9:30 トレーニングマッチ vs 東海大学付属静岡翔洋高等学校

今後の予定

5/30~6/8 海外遠征
7/28~31 トレーニングキャンプ(国内)
8/11~13 トレーニングキャンプ(国内)
8/14~31 AFC U-19女子選手権2015中国(8/19~30@南京)

※日程は変更となる場合もあります。

アーカイブ

OFFICIAL PARTNER

OFFICIAL SUPPLIER

SUPPORTING COMPANIES

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー