JFA.jp

JFA.jp

EN

日本代表

年代・カテゴリーを選ぶ

表示したいカテゴリーを
以下から選択してください。

1.年
  • 2022年
  • 2021年
  • 2020年
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
2.年代別
  • SAMURAI
    BLUE
  • U-24
  • U-23
  • U-22
  • U-21
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • NADESHIKO
    JAPAN
  • U-23
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • フットサル
    (男子)
  • U-25フットサル
    (男子)
  • U-20フットサル
    (男子)
  • U-19フットサル
    (男子)
  • U-18フットサル
    (男子)
  • フットサル
    (女子)
  • U-18フットサル
    (女子)
  • ビーチサッカー
  • eスポーツ・サッカー
年代・カテゴリーを選ぶ

表示したいカテゴリーを
以下から選択してください。

1.年
  • 2022年
  • 2021年
  • 2020年
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
2.年代別
  • SAMURAI
    BLUE
  • U-24
  • U-23
  • U-22
  • U-21
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • NADESHIKO
    JAPAN
  • U-23
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • フットサル
    (男子)
  • U-25フットサル
    (男子)
  • U-20フットサル
    (男子)
  • U-19フットサル
    (男子)
  • U-18フットサル
    (男子)
  • フットサル
    (女子)
  • U-18フットサル
    (女子)
  • ビーチサッカー
  • eスポーツ・サッカー
ホーム > 日本代表 > 最新ニュース一覧 > U-18日本代表候補 トレーニングキャンプ トレーニングマッチレポート vs 日本体育大学

ニュース

U-18日本代表候補 トレーニングキャンプ トレーニングマッチレポート vs 日本体育大学

2015年04月16日

U-18日本代表候補 トレーニングキャンプ トレーニングマッチレポート vs 日本体育大学

U-18日本代表候補 トレーニングキャンプ   トレーニングマッチ  vs. 日本体育大学
2015年4月15日(水)   キックオフ 9:30    90分(45分×2)
日産フィールド小机(神奈川県/横浜)

U-18日本代表候補    5-0(前半1-0、後半4-0)  日本体育大学

得点
36分    髙木彰人(U-18日本代表候補)
61分    岩崎悠人(U-18日本代表候補)
62分    堂安律(U-18日本代表候補)
71分    増山朝陽(U-18日本代表候補)
83分    杉森孝起(U-18日本代表候補)

スターティングメンバー
GK:  阿部航斗
DF:  藤谷壮、渡辺剛、町田浩樹、初瀬亮
MF:  三好康児、坂井大将、佐々木匠、髙木彰人
FW: 小川航基、邦本 宜裕

2本目メンバー
GK: 中村将
DF: 岩田智輝、野田裕喜、森下怜哉、舩木翔
MF: 増山朝陽、長沼洋一、堂安律、久保田和音
FW: 杉森考起、岩崎悠人

選手コメント

堂安律 選手(ガンバ大阪ユース)
今日は最終日で日本体育大学との練習試合に臨みました。チームとしては良い守備の連動からボールを奪い、速くゴールに攻めるシーンで多くのチャンスが作れました。しかし攻撃の方ではビルドアップの組み立てがあまり良くなかったです。個人としてはボランチから飛び出していく動きが良かったと思います。チームとしても個人としてもまだまだ多くの課題がありますが、これからもっとチームで良いイメージを共有していきたいと思います。

増山朝陽 選手(ヴィッセル神戸)
キャンプ最終日に日本体育大学とのトレーニングマッチを行いました。試合前に守備のことを言われ、みんな意識して試合に臨めました。守備は狙い通りにボールを奪えるシーンが多くあったと思います。そして、奪った後も前への意識が高かったですが、前線のプレーヤーが前向きでプレーできたらもっとチャンスが増えると思いました。個人としては得点を決めることができて良かったです。三日間という短い時間でしたが充実した時間を過ごせました。

髙木彰人 選手(ガンバ大阪ユース)
今回の代表合宿は3日間で期間は短かかったですが、みんながコミュニケーションをとり、内山監督が求めている攻撃的なサッカーを体現しようと積極的に練習から取り組めたと思います。今日のゲームも前半から前からのプレッシャーでボールを奪うシーンが多くあり、そこから攻撃で多くのチャンスができていました。でも自分も含めラストパスの質だったり、シュートの質を上げていかないといけないと思いました。来月にも代表活動があるので、また選ばれるためにも日々努力していきます。

阿部航斗 選手(アルビレックス新潟U-18)
キャンプ最終日は日本体育大学と練習試合を行いました。2日間で学んだことを活かし、試合に臨みました。結果は勝利しましたが、チームとしても個人としても課題がたくさん見つかりました。試合の中で意図的にボールを奪うということを意識してやれました。ただ奪った後に効果的な配球が出来ませんでした。5月の活動でも、課題を修正し一回り成長して選ばれるように頑張りたいです。

スケジュール

4月13日(月) PM トレーニング
4月14日(火) AM/PM トレーニング
4月15日(水) 5-0 練習試合 対 日本体育大(日産フィールド小机) 

今後の予定

5/18~21 海外遠征もしくはトレーニングキャンプ(調整中)
6/21~29 中国遠征(Panda Cup/成都)
7/2~9 海外遠征(インドネシアを予定)
8/9~16 SBSカップ(静岡)
8/31~9/7 中国遠征(北京現代国際ユーストーナメント)
9/22~29 トレーニングキャンプ(調整中)
9/29~10/11 AFC U-19選手権2016予選(開催地未定)
12/17~20 トレーニングキャンプ(調整中)
関連情報
アーカイブ
日本代表
NEWS メニュー

OFFICIAL PARTNER

OFFICIAL SUPPLIER

SUPPORTING COMPANIES

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー