JFA.jp

JFA.jp

EN

日本代表

年代・カテゴリーを選ぶ

表示したいカテゴリーを
以下から選択してください。

1.年
  • 2022年
  • 2021年
  • 2020年
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
2.年代別
  • SAMURAI
    BLUE
  • U-24
  • U-23
  • U-22
  • U-21
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • NADESHIKO
    JAPAN
  • U-23
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • フットサル
    (男子)
  • U-25フットサル
    (男子)
  • U-20フットサル
    (男子)
  • U-19フットサル
    (男子)
  • U-18フットサル
    (男子)
  • フットサル
    (女子)
  • U-18フットサル
    (女子)
  • ビーチサッカー
  • eスポーツ・サッカー
年代・カテゴリーを選ぶ

表示したいカテゴリーを
以下から選択してください。

1.年
  • 2022年
  • 2021年
  • 2020年
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
2.年代別
  • SAMURAI
    BLUE
  • U-24
  • U-23
  • U-22
  • U-21
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • NADESHIKO
    JAPAN
  • U-23
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • フットサル
    (男子)
  • U-25フットサル
    (男子)
  • U-20フットサル
    (男子)
  • U-19フットサル
    (男子)
  • U-18フットサル
    (男子)
  • フットサル
    (女子)
  • U-18フットサル
    (女子)
  • ビーチサッカー
  • eスポーツ・サッカー
ホーム > 日本代表 > 最新ニュース一覧 > U-15日本代表 インドネシア遠征 初の実戦練習を実施

ニュース

U-15日本代表 インドネシア遠征 初の実戦練習を実施

2015年04月15日

U-15日本代表 インドネシア遠征 初の実戦練習を実施

インドネシア遠征3日目の午前中は猛暑の中、この遠征で初めての実践練習を実施しました。体幹練習の後すぐに行ったパス練習では、決して良いグラウンドではないものの、アジアの環境に「慣れること」を想定して、強くかつ精度が高いパスを選手に求めていきます。開始1時間で選手たちには苦しい表情が見られましたが、皆で声を出して励まし合い、2対2の練習では各所で1対1の激しい競り合いが繰り広げられていました。11対11のミニゲームでは齊藤コーチもメンバーに加わり指導。バイタルエリアでのボールの受け方や、サポートの仕方などの課題は森山監督が1つ1つプレーを止めて丁寧に指導しました。

午後の練習は東南アジアならではの激しい雷雨及び豪雨に見舞われて、残念ながら30分弱で中止となってしまいました。選手たちは、日本ではなかなか経験しない現場を見て驚いた様子でした。

夜は急遽2部ミーティングを実施し、前半は本田圭佑選手(ACミラン)の映像を見ました。2010FIFAワールドカップ 南アフリカを経験してヨーロッパのリーグで活躍する本田選手が、世界一の選手になるために地道な努力を重ねる練習映像を見て、自分の課題を理解し、試合中体力がきつい時にどのように頑張れるか、どう逆境に耐えていくかを考えました。後半は戸祭ドクターより熱中症予防について、そして松尾谷トレーナーより試合中の水分補給の具体的方法を学びました。最後に日本・中央アジアU-15 サッカー交流大会時の映像を見て、チームの攻守の課題を確認し、明日の試合で期待すること、積極的にトライすること、闘うことをみんなで共有して締めくくりました。

また、本日の夕食では今月誕生日を迎える岡本選手(アルビレックス新潟U-15)、金子選手(大宮アルディージャジュニアユース)、福島選手(松橋中)を皆で祝いました。笑いが起きるにぎやかな夕食の時間で、チームの雰囲気が高まりました。明日はいよいよ「00ジャパン」初の海外での試合となります。

※「00ジャパン」:2000年生まれの選手たちが中心となる本チームの呼称。FIFA U-17ワールドカップ2017の出場を目指す。

選手コメント

DF  岡本將成 選手(アルビレックス新潟U-15)
初めて招集されてとても嬉しく思います。まだチームメイトとのコミュニケーション不足もありますが、今日初めて一緒に実践練習してみて、練習中にコミュニケーションを重ねて理解度は深まりました。インドネシアの気候や食事、遠征生活にも慣れて来たので、明日は全力で最後まで走りきりプレーしたいと思います。自分の長所はスピードと常に予測するインターセプトだと思うので、決して良くないグラウンド状況であるからこそ長所を発揮して、チームの勝利に貢献したいと思います。

MF  井本寛次 選手(サガン鳥栖U-15唐津)
選ばれたい気持ちはありましたが、今回招集されて正直驚いています。まだ慣れていない部分も多いのですが、明日からも積極的にコミュニケーション取って頑張りたいです。日本では経験しない気候なので、帰国するまでにその気候に慣れていきたいです。明日の試合では積極的なドリブルとゴール前ではゴールを意識したプレーをしたいです。まだパスの精度に課題があるので、丁寧かつゴールに繋がるパスを出していきたいです。

DF  福島隼斗 選手(松橋中)
ラージキャンプで招集され、前回の日本・中央アジアU-15サッカー交流大会のメンバーに入れなかったので、悔しい思いが残っています。プレーの面以外でも前回招集された時にコミュニケーション不足や水分補給方法などに課題を感じたので、今回は何事も積極的に取り組んでいます。最初はインドネシアの気候などに戸惑いましたが、気候にも慣れてきてきました。明日はインターセプトを常に心がけ、フィジカル面では相手に負けないこと、自陣ではシュートを打たれないよう体を張ることを目標に全力で頑張りたいです。

MF  福岡慎平 選手(京都サンガF.C.U-15)
日本・中央アジアU-15サッカー交流大会に参加して、イランなど強豪国の強さが分かりました。フィジカル面だけなく、攻守の切り替えやテクニックなどあらゆる面で強敵だなと感じました。今回初めての招集を受けて大変嬉しく思いますし、アピールを続けて常に代表の一員になれるよう頑張りたいです。インドネシアの気候などにも徐々に慣れてきて、チームメイトのスタイルも分かって来ました。明日の試合では多くのポジションを経験すると思うので、どのポジションでも全力で臨みたいと思います。

スケジュール

4月14日(火) AM/PM トレーニング(JJC Sentul Ground) 
4月15日(水) 15:15 練習試合 vs U-15インドネシア代表(JJC Sentul Ground) 
4月16日(木) AM/PM トレーニング(JJC Sentul Ground)
4月17日(金) 8:30  練習試合 vs U-15インドネシア代表(JJC Sentul Ground)
4月18日(土) 未定  練習試合 vs U-18インドネシアクラブチーム(未定)

※スケジュールは、チームのコンディションや天候等により急きょ変更する場合があります。

今後の予定

6/1~7 韓国遠征 
7/20~30 海外遠征 
8/25~29 トレーニングキャンプ(国内) 
9/3~11 トレーニングキャンプ 
9/12~20 AFC U-16選手権2016予選 
関連情報
アーカイブ
日本代表
NEWS メニュー

OFFICIAL PARTNER

OFFICIAL SUPPLIER

SUPPORTING COMPANIES

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー