JFA.jp

JFA.jp

EN

日本代表

年代・カテゴリーを選ぶ

表示したいカテゴリーを
以下から選択してください。

1.年
  • 2022年
  • 2021年
  • 2020年
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
2.年代別
  • SAMURAI
    BLUE
  • U-24
  • U-23
  • U-22
  • U-21
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • NADESHIKO
    JAPAN
  • U-23
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • フットサル
    (男子)
  • U-25フットサル
    (男子)
  • U-20フットサル
    (男子)
  • U-19フットサル
    (男子)
  • U-18フットサル
    (男子)
  • フットサル
    (女子)
  • U-18フットサル
    (女子)
  • ビーチサッカー
  • eスポーツ・サッカー
年代・カテゴリーを選ぶ

表示したいカテゴリーを
以下から選択してください。

1.年
  • 2022年
  • 2021年
  • 2020年
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
2.年代別
  • SAMURAI
    BLUE
  • U-24
  • U-23
  • U-22
  • U-21
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • NADESHIKO
    JAPAN
  • U-23
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • フットサル
    (男子)
  • U-25フットサル
    (男子)
  • U-20フットサル
    (男子)
  • U-19フットサル
    (男子)
  • U-18フットサル
    (男子)
  • フットサル
    (女子)
  • U-18フットサル
    (女子)
  • ビーチサッカー
  • eスポーツ・サッカー
ホーム > 日本代表 > 最新ニュース一覧 > U-17日本代表 サニックス杯国際ユースサッカー大会2015 活動レポート (3/20)

ニュース

U-17日本代表 サニックス杯国際ユースサッカー大会2015 活動レポート (3/20)

2015年03月21日

U-17日本代表 サニックス杯国際ユースサッカー大会2015 活動レポート (3/20)

予選リーグ第3戦 vs. カヴェンデッシュロードステードハイスクール

サニックス杯国際ユースサッカー大会2015
2015年3月20日(金) キックオフ 11:50 試合時間 70分(35分ハーフ)
グリーンフィールドB (福岡県/宗像市)

U-17日本代表    13-0(前半7-0、後半6-0) カヴェンデッシュロードステードハイスクール

得点
5分   西本卓申(U-17日本代表)
8分   梶山幹太(U-17日本代表)
11分 梶山幹太(U-17日本代表)
14分 崎村祐丞(U-17日本代表)
23分 伊藤涼太郎(U-17日本代表)
24分 崎村祐丞(U-17日本代表)
29分 伊藤洋輝(U-17日本代表)
47分 渡邊陽 (U-17日本代表)
53分 崎村祐丞(U-17日本代表)
55分 伊藤涼太郎(U-17日本代表)
58分 崎村祐丞(U-17日本代表)
62分 田川亨介(U-17日本代表)
64分 渡邊陽 (U-17日本代表)

スターティングメンバー
GK:鶴田海人
DF:梅村豪、森岡陸、森下怜哉、舩木翔
MF:梶山幹太、西本卓申、伊藤洋輝、渡邊陽
FW:伊藤涼太郎、崎村祐丞

サブメンバー
GK:井上聖也
DF:田中康介、冨安健洋、麻田将吾
MF:齊藤未月、藤本寛也、渡辺皓太、佐々木匠
FW:田川亨介、岩崎悠人

交代
HT   森下怜哉 → 麻田将吾
HT   梅村豪 → 田中康介
HT   伊藤洋輝 → 藤本寛也
52分 西本卓申 → 佐々木匠
59分 梶山幹太 → 田川亨介

マッチレポート

予選リーグ第3戦は、前半に相手チームに退場者が出たこともあり、日本が一方的に攻撃を仕掛ける展開となりました。
5分に西本選手が先制ゴールを奪うと8分、11分に梶山選手が連続得点を決め、14分と24分には崎村選手が2得点、23分は伊藤(涼)選手、29分は伊藤(洋)選手がゴールを決め前半で7点のリードを奪います。後半に入っても日本が攻撃を仕掛け続け、47分に渡邊(陽)選手、53分と58分には崎村選手がこの試合で4得点目を決め、負けずに伊藤(涼)選手も55分にハットトリックとなる3点目を決め、途中出場の田川選手も2試合連続でゴールを決めると、最後は渡邊(陽)選手が13点目を決めて試合終了。

同時刻に行われたU-17韓国代表vs杭州緑城ユースの試合で、U-17韓国代表がPK勝ちで勝利したため、日本は韓国を勝ち点差で上回り予選リーグ(Aグループ)1位で上位トーナメントに進出しました。21日は、9:30からDグループ2位の国見高校と準々決勝を行います。

選手コメント

伊藤洋輝 選手(ジュビロ磐田U-18)
今日はボランチとしてプレーしました。相手がリトリートした中でどう崩すかが課題として残りました。試合中、相手を引き出そうという意図で、ミドルシュートを狙っていました。シュートは一本しか打てませんでしたが、得点を決めることができたので結果を残せたと思っています。明日から決勝トーナメントが始まるので、一試合ずつしっかり勝ち進んで決勝戦で韓国にリベンジをしたいと思います。

舩木翔 選手(セレッソ大阪U-18)
今日の試合では自分の特長を生かすことができました。相手の選手が一人退場して、サイドにスペースがたくさんできていたので、攻撃にたくさん関わってクロスをあげられたことが良かったと思います。でも、相手が引いたときにどう崩すかをもう少し考えていかないといけないです。そのためにたくさんコミュニケーションをとって、仲間といろいろなことを共有して、明日の試合も勝てるようにしたいです。

渡邊陽 選手(浦和レッズユース)
今日は、勝てば決勝トーナメントという状況の中で勝って次につなげることが出来たのは良かったです。個人としても2点取れたことは良かったですが、もっとゴールを決められたシーンがあったことは反省点です。他にもいろいろな課題があるので少しずつ改善していきたいです。明日からは決勝トーナメントになりますが、結果にこだわって優勝出来るように頑張りたいと思います。

スケジュール

3月17日(火) PM トレーニング
3月18日(水) AM/PM トレーニング
サニックス杯国際ユースサッカー大会2015 
 3月19日(木)  1-1 vs U-17韓国代表 〔グローバルアリーナ〕 
5-0 vs 杭州緑城ユース(中国) 〔グローバルアリーナ〕 
3月20日(金) 13-0 vs.  カヴェンディッシュロード高(オーストラリア) 〔グローバルアリーナ〕
3月21日(土) 9:30 vs.  国見高校 〔グローバルアリーナ〕
3月22日(日) 未定 決勝トーナメント③ 〔グローバルアリーナ〕
アーカイブ
日本代表
NEWS メニュー

OFFICIAL PARTNER

OFFICIAL SUPPLIER

SUPPORTING COMPANIES

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー