JFA.jp

JFA.jp

EN

日本代表

年代・カテゴリーを選ぶ

表示したいカテゴリーを
以下から選択してください。

1.年
  • 2022年
  • 2021年
  • 2020年
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
2.年代別
  • SAMURAI
    BLUE
  • U-24
  • U-23
  • U-22
  • U-21
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • NADESHIKO
    JAPAN
  • U-23
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • フットサル
    (男子)
  • U-25フットサル
    (男子)
  • U-20フットサル
    (男子)
  • U-19フットサル
    (男子)
  • U-18フットサル
    (男子)
  • フットサル
    (女子)
  • U-18フットサル
    (女子)
  • ビーチサッカー
  • eスポーツ・サッカー
ホーム > 日本代表 > 最新ニュース一覧 > U-22日本代表 AFC U-23選手権予選(オリンピック1次予選) 活動レポート(3/17)

ニュース

U-22日本代表 AFC U-23選手権予選(オリンピック1次予選) 活動レポート(3/17)

2015年03月18日

U-22日本代表 AFC U-23選手権予選(オリンピック1次予選) 活動レポート(3/17)

U-22日本代表のマレーシアでの練習初日を迎えました。
3月15日に集合し、翌16日にAFC U-23選手権予選(リオデジャネイロオリンピック・アジア1次予選)の開催地・マレーシアに入ったU-22日本代表は17日、早速2部練習を実施しました。午前中はマレーシアサッカー協会の敷地内にあるピッチを使用。気温30度、湿度70%を超える東南アジア特有の厳しい環境下で、フィジカル系のメニューを中心に約1時間の練習を行い、選手たちは「暑熱順化」に向けてしっかり汗を流しました。

午後は会場をマレーシア日本人学校のグラウンドに移して行いました。約450人の生徒、保護者が見学する中、Yo-Yoテストから始まり、パス&コントロール、ポゼッション練習、アタッキングサードにおけるコンビネーション練習とボールを使ったメニューもこなし、再びエアロビックランニングで体を追い込みました。練習後には、日本人学校の先生、生徒、保護者の方と交流する場を持ち、初日を締めくくりました。選手たちは口々に想像以上の暑さについて話していましたが、その視線は27日の初戦を見据え、希望と情熱に満ちた表情を見せていました。18日も2部練習でしっかり汗を流します。

選手コメント

MF 8 原川力 選手(京都サンガF.C.)
思っていたより暑く、体はまだ慣れていません。このチームは、2014年1月の立ち上げ時に比べるとはるかに成長していますし、攻撃でも守備でも手応えを感じています。特に攻撃の部分では互いの距離感が良くプレーしやすいですし、連携の部分でも不安はありません。攻撃を前で仕掛けられる選手が多い一方で攻撃が単発に終わることがあるので、あえてボールを持ったり、自分たちの時間をコントロールしたりすることでチームはもっと成長できると思っています。いよいよオリンピックの予選がはじまるので非常にワクワクしています。

DF 5 植田直通 選手(鹿島アントラーズ)
マレーシアは暑いですが、1月のアジアカップで暑さには慣れていますし、この気候にへばっているようでは先に進めないと思っています。今回の遠征において、ゲーム終盤でもチームを締めるような声を出して引っ張り、失点につながるミスを減らすことを意識してさらに成長したいです。シンガポール遠征ではミスから失点を喫していますが、先日のミャンマー戦ではゼロにおさえることができました。しかし、まだミスはありますし、相手のレベルが上がればそれが命取りになるので、まだ改善すべき点はたくさんあります。下のカテゴリーからほとんど同じメンバーでやってきているので、とても仲の良いメンバーですが、試合中にもっと厳しく言い合える関係を目指していきたいです。

FW 9 鈴木武蔵(アルビレックス新潟)
湿度が高く、日が出ていなくても暑い環境です。
3月11日に行われたU-22ミャンマー代表戦では4得点したものの、もっと相手を圧倒できたと思っています。チーム、個人がさらに良い状態になるように、この合宿で味方の連携やゴール前での動きといった細部を詰めていきたいです。3連戦は厳しい戦いになると思いますが、やってきたことを信じて、試合で自分たちの力を出すことを意識したいです。そして、裏に抜けるスピードやドリブル突破という自分の強みを生かして、ゴールを決めて1次予選を突破したいです。

中村清忠 マレーシア日本人学校 校長
マレーシアからいつも日本サッカーを応援しています。今回、U-22日本代表がマレーシアに来ると聞き、子供たちも応援したいという強い思いがあったので、ぜひグランドを使ってくださいという話をさせていただきました。みなさんなら1次予選も突破できます。来年1月の最終予選で上位3チームに入り、リオデジャネイロオリンピックではぜひ、メダルを獲ってください!

スケジュール

3月9日(月) PM トレーニング
3月10日(火) PM 公式トレーニング
3月11日(水) 9-0 国際親善試合   vs U-22ミャンマー代表(@フクダ電子アリーナ)
3月17日(火) AM トレーニング
PM トレーニング
3月18日(水) AM/PM トレーニング
3月19日(木) AM/PM トレーニング
3月20日(金) PM トレーニング
3月21日(土) 17:00 トレーニングマッチ   vs 未定
3月23日(月) AM/PM トレーニング
3月24日(火) AM/PM トレーニング
3月25日(水) PM トレーニング
3月26日(木) PM 公式トレーニング
AFC U-23選手権2016予選
3月27日(金) 16:00 第1戦   vs U-22マカオ代表(@Shah Alam Stadium)
3月28日(土) AM トレーニング
3月29日(日) 20:15 第2戦   vs U-22ベトナム代表(@Shah Alam Stadium)
3月30日(月) PM トレーニング
3月31日(火) 20:45 第3戦   vs U-22マレーシア代表(@Shah Alam Stadium)
アーカイブ

OFFICIAL PARTNER

OFFICIAL SUPPLIER

SUPPORTING COMPANIES

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー