JFA.jp

JFA.jp

EN

日本代表

年代・カテゴリーを選ぶ

表示したいカテゴリーを
以下から選択してください。

1.年
  • 2022年
  • 2021年
  • 2020年
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
2.年代別
  • SAMURAI
    BLUE
  • U-24
  • U-23
  • U-22
  • U-21
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • NADESHIKO
    JAPAN
  • U-23
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • フットサル
    (男子)
  • U-25フットサル
    (男子)
  • U-20フットサル
    (男子)
  • U-19フットサル
    (男子)
  • U-18フットサル
    (男子)
  • フットサル
    (女子)
  • U-18フットサル
    (女子)
  • ビーチサッカー
  • eスポーツ・サッカー
ホーム > 日本代表 > 最新ニュース一覧 > なでしこジャパン、女子アジアカップ初戦は2-2のドローでのスタート

ニュース

なでしこジャパン、女子アジアカップ初戦は2-2のドローでのスタート

2014年05月15日

なでしこジャパン、女子アジアカップ初戦は2-2のドローでのスタート

ワールドカップ出場権獲得、そして初のアジア制覇を目指して挑む「AFC女子アジアカップ ベトナム 2014」がホーチミンで開幕し、なでしこジャパンはオーストラリアとの初戦を2-2のドローで終えました。
8日に国内で行われた親善試合・対ニュージーランド戦と同じメンバーで臨んだ日本は、21分、カウンターからオーストラリアに得点を許します。34分に吉良選手に代わって大儀見選手を投入し、徐々にボールを支配して試合を進めるものの、後半、日本の右サイドからボールを運ばれさらなる失点。それでも71分にオウンゴール、84分に大儀見優季選手の得点で試合を降り出しに戻します。その後も途中交代の木龍選手や大儀見選手を中心にさらなる得点チャンスを生み出すものの、初戦をドローで終えました。
第2戦で対戦するベトナム女子代表はヨルダン女子代表に3-1で勝利。勢いをもって、日本戦に向かってきます。
こちらも中1日のスケジュールや暑さを考慮したコンディション調整、課題の修正を図り、全力でベトナム戦に臨みます。

試合詳細はこちら

コメント

佐々木則夫 監督
初戦は重要ですし、ピッチコンディションや相手の状況を含めて準備を進めてきましたが、いいかたちで試合をスタートすることができず、逆に警戒していたショートカウンターやドリブルから得点につなげられてしまいました。ボールを保持していたときの失われ方を含めて、守備のバランスや連携を次戦に向けていま一度確認する必要があります。ただ選手たちは諦めることなく、2点のビハインドから追いついてくれ、非常にがんばってくれました。
第2戦で対戦するベトナムは、ワールドカップ出場権を獲得するための勢いがあり、その勢いを選手一人一人のプレーから感じます。集中して臨みたいと思います。

宮間あや 選手(岡山湯郷Belle)
勝つことを目標にしていたので、この結果はかなり悔しいです。ただ0-2のビハインドから追いついたことはチームの力に変えていきたいと思います。ゲームを支配していても、体格のある相手に1発で失点してしまうことは気を付けていたのですが、やられてしまう場面もまだまだ多くあり、反省しなければいけません。世界チャンピオンのワッペンをユニフォームに付けている以上、負けていい試合など一つもありません。全員がもっともっと強い気持ちを持ってベトナム戦に臨みたいと思います。

阪口夢穂 選手(日テレ・ベレーザ)
前半は、途中から落ち着きはじめてボールを回すことができましたが、立ち上がりはオーストラリアの勢いになかなか前にボールを運ぶことができませんでした。失点シーンは、1失点目は攻め上がりのときにボールを失い、陣営が整いきらなかったところをやられてしまった。警戒していた部分でしたが、うまくボールを入れられてしまいました。2失点目も、外から来た相手に対し、こちらの対応が十分ではありませんでした。2点追いついたことはプラスに捉えたいですし、3点目を取るチャンスがあっただけに悔しいです。

大儀見優希 選手(チェルシーレディースFC)
いいボールが来たので決めるだけでしたが、他にもチャンスがあったのでそれを決めきらなくてはいけません。追いついてよかったですが、勝てる試合だったと思います。途中交代でしたが、前線でタメを作って味方が上がる時間を増やし、なるべく前でプレーできるように工夫しようと思って入りました。大会にはあと2戦しか居られないので、残りもフル出場するつもりで全力で準備して挑みます。 

スケジュール

5月8日(木) 2-1 なでしこジャパン WORLD MATCH
vsニュージーランド女子代表
(キンチョウスタジアム)
 
5月14日(水) 2-2 AFC女子アジアカップベトナム2014
vsオーストラリア女子代表
(Thong Nhat Stadium)
LIVE
テレビ朝日系列 5/14(水)22:05~翌0:15
NHK-BS1 5/14(水)22:00~翌0:15
5月16日(金) 20:15 AFC女子アジアカップベトナム2014
vsベトナム女子代表
(Thong Nhat Stadium)
LIVE
テレビ朝日系列 5/16(金)22:05~翌0:15
NHK-BS1 5/16(金)22:00~翌0:15
5月18日(日) 19:15 AFC女子アジアカップベトナム2014
vsヨルダン女子代表
(Binh Duong Stadium)
LIVE
テレビ朝日系列 5/18(日) 21:00~23:12
NHK-BS1 5/18(日)21:00~23:15
5月22日(木) 17:15/20:45 AFC女子アジアカップベトナム2014
準決勝
(Thong Nhat Stadium)
 
5月25日(日) 16:45/20:15 AFC女子アジアカップベトナム2014
3位決定戦/決勝
(Thong Nhat Stadium)
 

※5/13~ 時間は現地時間

アーカイブ

OFFICIAL PARTNER

OFFICIAL SUPPLIER

SUPPORTING COMPANIES

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー