JFA.jp

JFA.jp

EN

日本代表

年代・カテゴリーを選ぶ

表示したいカテゴリーを
以下から選択してください。

1.年
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
2.年代別
  • SAMURAI
    BLUE
  • U-23
  • U-22
  • U-21
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • NADESHIKO
    JAPAN
  • U-23
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • フットサル
    (男子)
  • U-25フットサル
    (男子)
  • U-20フットサル
    (男子)
  • U-19フットサル
    (男子)
  • U-18フットサル
    (男子)
  • フットサル
    (女子)
  • U-18フットサル
    (女子)
  • ビーチサッカー
年代・カテゴリーを選ぶ

表示したいカテゴリーを
以下から選択してください。

1.年
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
2.年代別
  • SAMURAI
    BLUE
  • U-23
  • U-22
  • U-21
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • NADESHIKO
    JAPAN
  • U-23
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • フットサル
    (男子)
  • U-25フットサル
    (男子)
  • U-20フットサル
    (男子)
  • U-19フットサル
    (男子)
  • U-18フットサル
    (男子)
  • フットサル
    (女子)
  • U-18フットサル
    (女子)
  • ビーチサッカー
ホーム > 日本代表 > 最新ニュース一覧 > なでしこジャパン、アジア初制覇へ ~若手台頭にも期待~

ニュース

なでしこジャパン、アジア初制覇へ ~若手台頭にも期待~

2014年05月03日

なでしこジャパン、アジア初制覇へ ~若手台頭にも期待~

なでしこジャパン日本女子代表チームの佐々木則夫監督は、5月2日(金)、来年のFIFA女子ワールドカップのアジア予選を兼ねたAFC女子アジアカップ(今月14日(水)、ベトナムで開幕)へ向けて、MF澤穂希選手やMF宮間あや選手ら2011年FIFAワールドカップ優勝メンバーを中心に、代表初選出の4選手を加えたメンバー23人を発表しました。
3年前に世界制覇を遂げたなでしこジャパンですが、アジアカップでは前回10年大会、前々回08年大会で3位。最高は1986年、1991年、1995年の2位で優勝はまだありません。佐々木監督は「このメンバーでワールドカップ出場とアジアカップ制覇を目指して準備したい」と意気込んでいます。

若手への期待

12年夏のロンドン・オリンピックでの銀メダルを獲得以降、佐々木監督はチーム力のレベルアップと選手層の拡大を念頭に活動を進めてきました。
今年3月には、なでしこジャパンがポルトガルでのアルガルベカップに出場する一方で、U-23日本女子代表チームがスペインのラ・マンガ国際大会に参加し、若手の発掘とチームの底上げを試み、さらに、今季のなでしこリーグで戦力チェックを重ねています。その結果、今回リーグ首位を走る浦和レッズレディースからMF猶本光選手ら好調な、いずれも代表初選出の4選手が招集されました。
一方、本大会がFIFAインターナショナルマッチデーでないために、海外組の招集を考えてJFAは1年以上にわたりFIFA、AFCに様々な働きかけをしてきました。結果的に大会の扱いは変わりませんでしたが、一部海外クラブの協力により、4選手を招集できました。
FW大儀見優季選手はグループステージのみの参加という制限付きの参加ですが、佐々木監督はこの状況に、若手に対して「かなり期待を込めて選んだ選手たち。さらに自信をつけて、一回りも二回りも大きくなってほしい」と期待を寄せています。

アジア出場枠の増加

アジアカップのグループステージで、日本は14日(水)に前回大会優勝のオーストラリア、16日(金)にホスト国のベトナム、18日(日)にヨルダンと対戦します。
ワールドカップへは、アジアカップ出場8チーム中上位5チームが出場権を手にすることができるので、各グループの上位2チームに入って準決勝進出になれば、5位決定戦勝者と共にワールドカップ出場が決まります。
今回から出場枠が増えたことで、日本の対戦相手には新たなモチベーションになっていると、佐々木監督は警戒しています。
「5枠目を掴もうという各国の強化体制には目を見張るものがある。プレーの映像だけでは対戦相手のチーム力を評価できない。勝とうという相手のメンタルに負けないこと」と指摘しています。
なでしこジャパンは今月5日(月・祝)から国内で準備合宿に入り、8日(木)にはなでしこジャパンWORLD MATCH(大阪/キンチョウスタジアム)でニュージーランドと対戦します。
「アジアカップ第1戦のオーストラリアとプレースタイルや個々の選手の質が似ているので、我々には良い相手。スキルやボールを動かす力、守備の連係など非常に成長しているチーム。簡単ではないが、勝ってオーストラリア戦へつなげたい」と話しています。
若手を含めた、なでしこジャパンの活躍にご注目ください。

監督コメント

佐々木則夫 なでしこジャパン(日本女子代表)監督
いろいろな条件があるなかで選んだベストメンバーです。このメンバーでアジアを制覇できないという思いは全然ありません。代表経験のないメンバーもいますが、宮間を中心に準備期間でサッカーとオフ・ザ・ピッチのチームワークの要素で合わせて、できるだろうと判断しました。勢いのある選手たちで、この大会でのプレーに期待しています。アジアカップは日本より暑さ、湿度が高く、日程だけでなく気象条件でも厳しいですが、中1日という日程は対戦相手も同じです。第1戦のオーストラリア戦がこのグループの中で鍵になると思っています。1次リーグはしっかり通過してワールドカップ出場を決めて、決勝トーナメントは優勝をイメージして戦いたいと考えています。

スケジュール

5月8日(木) 19:35 なでしこジャパン WORLD MATCH vsニュージーランド女子代表(キンチョウスタジアム)
5月14日(水) 20:15 AFC女子アジアカップベトナム2014 vsオーストラリア女子代表(Thong Nhat Stadium)
5月16日(金) 20:15 AFC女子アジアカップベトナム2014 vsベトナム女子代表(Thong Nhat Stadium)
5月18日(日) 19:15 AFC女子アジアカップベトナム2014 vsヨルダン女子代表(Binh Duong Stadium)
5月22日(木) 17:15/20:45 AFC女子アジアカップベトナム2014 準決勝(Thong Nhat Stadium)
5月25日(日) 16:45/20:15 AFC女子アジアカップベトナム2014 3位決定戦/決勝(Thong Nhat Stadium)

※5/13~ 時間は現地時間

アーカイブ
日本代表
NEWS メニュー

OFFICIAL PARTNER

OFFICIAL SUPPLIER

SUPPORTING COMPANIES

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー