JFA.jp

JFA.jp

EN

日本代表

年代・カテゴリーを選ぶ

表示したいカテゴリーを
以下から選択してください。

1.年
  • 2022年
  • 2021年
  • 2020年
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
2.年代別
  • SAMURAI
    BLUE
  • U-24
  • U-23
  • U-22
  • U-21
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • NADESHIKO
    JAPAN
  • U-23
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • フットサル
    (男子)
  • U-25フットサル
    (男子)
  • U-20フットサル
    (男子)
  • U-19フットサル
    (男子)
  • U-18フットサル
    (男子)
  • フットサル
    (女子)
  • U-18フットサル
    (女子)
  • ビーチサッカー
  • eスポーツ・サッカー
ホーム > 日本代表 > 日本代表 サッカー男子 2022年 > 最新ニュース一覧 > 【Match Report】U-21日本代表 国際親善試合 欧州遠征の初戦はU-21スイス代表に惜敗

ニュース

【Match Report】U-21日本代表 国際親善試合 欧州遠征の初戦はU-21スイス代表に惜敗

2022年09月23日

【Match Report】U-21日本代表 国際親善試合 欧州遠征の初戦はU-21スイス代表に惜敗

現地時間22日(木)、欧州遠征を実施しているU-21日本代表がスペインのマルベージャフットボールセンターでU-21スイス代表と対戦しました。

日本にとって、スイスとの試合が今遠征の初陣となります。試合前日に大岩剛監督が「(所属クラブでの試合後に移動したため)選手たちの意気込みと身体(のバランス)が合っていないと怪我につながるので、しっかり見極めながら選手起用をしていきたい」と話していたなかで、GKに小久保玲央ブライアン選手(SLベンフィカ)、左SBには初めて代表活動に参加した大畑歩夢選手(浦和レッズ)、CBには木村誠二選手(FC東京)とキャプテンを任された西尾隆矢選手(セレッソ大阪)、右SBには畑大雅選手(湘南ベルマーレ)を起用。中盤はアンカーに松岡大起選手(清水エスパルス)、インサイドハーフには鈴木唯人選手(清水エスパルス)と本田風智選手(サガン鳥栖)を置き、前線は左から斉藤光毅選手(スパルタ・ロッテルダム)、細谷真大選手(柏レイソル)、山田楓喜選手(京都サンガF.C.)が入りました。

ドバイカップのクロアチア戦以来となる欧州勢との対戦となった一戦で、日本は序盤からアグレッシブなプレーで相手を飲み込みます。守備時は2トップの位置に入った鈴木唯選手と最前線の細谷選手を軸にプレスを掛け、高い位置でボールを奪い切ります。素早く攻撃に移行すると、斉藤選手や本田選手を中心に左サイドから仕掛けてゴール前に迫っていきました。しかし、9分に「サイズがある選手に対してお手上げになるのではなく、もっと緻密に作り上げるのが必要だと感じた」と指揮官が振り返った通り、左CKから失点を喫してビハインドを背負います。それでも下を向かずに攻勢を強め、15分に大畑選手が高い位置でボールを奪うと、パスを受けた斉藤選手が個人技で相手を外してゴール前に侵入。PA手前からスルーパスを出すと、反応した細谷選手がGKとの1対1を制して同点に追い付きます。その後は勝ち越しゴールこそ奪えませんでしたが、強度の高いプレーで優位に立って前半を1−1で終えました。

後半に入ると、日本はメンバーを4名変更します。西尾選手、松岡選手、斉藤選手、細谷選手を下げ、馬場晴也選手(東京ヴェルディ)、川﨑颯太選手(京都サンガF.C.)、佐藤恵允選手(明治大)、木村勇大選手(関西学院大)をピッチに送り出しました。しかし、開始早々の48分にゴール前の混戦から失点し、再びリードを許す展開に。そこから巻き返しを図ろうとしますが、相手の勢いに飲まれて思うようにボールを繋げません。60分に山田選手、鈴木唯選手、本田選手、大畑選手に代わって、加藤聖選手(V・ファーレン長崎)、藤田譲瑠チマ選手(横浜F・マリノス)、田中聡選手(KVコルトレイク)、藤尾翔太選手(徳島ヴォルティス)を投入すると、徐々に流れを引き寄せ、後半開始からピッチに立った佐藤選手も持ち前の推進力を発揮してチャンスに絡みます。しかし、肝心のゴールが奪えません。78分には木村誠選手と畑選手に代わって鈴木海音選手(栃木SC)と半田陸選手(モンテディオ山形)が入るなど、フィールドプレーヤー全員を出場させて総力戦で挑んだものの、このままタイムアップ。最後までビハインドを跳ね返せなかった日本は1−2で敗れ、欧州遠征の初戦を白星で飾れませんでした。

コメント

大岩剛 監督
1失点目のシーンはサイズがある選手たちに対し、今までのやり方で失点をしていなかったので自信を持っていました。スイス代表はその上をいくイメージだったので選手たちも想定していたつもりでしたが、もっと準備をしないといけないと感じさせられました。また、前からのプレスは準備してきた部分でみんなのイメージが一致すればボールを取れたかもしれませんが、(ヨーロッパレベルの)その精度はアジアではなかったモノなので、選手たちも(違いを)感じたと思います。だからこそ、動きながら相手に反応しないといけませんし、劣勢の時に後ろに走りながらでも何かしないといけません。本当に細かいところの反省は悔しさの中にあると思うので、しっかりと次のイタリア戦に生かしていきたいです。

DF #22 西尾隆矢選手(セレッソ大阪)
前回のAFC U23アジアカップでは直前で招集辞退となったので悔しさがあります。その中で再び呼んでもらえたのはすごくありがたいことでした。自信にも繋がるので、こうやって呼ばれたのでアピールをして、自分の持ち味を出したいと思って試合に挑みました。本当に今日はいろんなチャレンジをして、試合の結果どうこうではなく自分の個人的なパフォーマンスには手応えを感じていますが、試合をやる以上は勝ち負けがあるので、負けてしまい悔しいです。

MF #18 斉藤光毅 選手(スパルタ・ロッテルダム/オランダ)
(今までウイングのポジションから中に入って)ターンをできる機会があまりなかったので、(先制点のアシストも含めて)感覚を掴めて良いイメージを持てました。あのような場面が増えていけば、良い距離感になって良い攻撃が増えていくと思います。また、左サイドでコンビを組んだ(大畑)歩夢、(本田)風智ともコミュニケーションがうまく図れて、FWの(細谷)真大とも良いコミュニケーションが取れたので感触は悪くなかったのですが、失点して追い付いたとはいえ自分がピッチに立っていた前半は同点で終わり、最終的には負けてしまったので結果にこだわらないといけません。

FW #13 細谷真大 選手(柏レイソル)
(ゴールシーンは)ショートカウンターのような形でした。(斉藤)光毅が前を向いた瞬間に自分もうまく動き出そうと思っていた中で本当に良いボールが来ました。ファーストタッチもうまく決めり、ゴールに流し込めたと思っています。ただ、フィジカル面ではサイズで相手のほうが優位で、そこは正直勝てないと思っているのでそれ以外のところで勝負をしないといけません。切り替えのところや球際のところは本当に相手の方が上回っていたので、イタリア戦では自分たちが上回れるようにしたいです。

国際親善試合

2022年9月22日(木) 20:00 キックオフ(日本時間 9/23(金)3:00)vs U-21スイス代表
会場:スペイン(マルベージャ)/Marbella Football Center

2022年9月26日(月) 15:30 キックオフ(日本時間 9/26(月)22:30)vs U-21イタリア代表
会場:イタリア(カステル・ディ・サングロ)/Stadio Teofilo Patini

大会情報はこちら

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。