JFA.jp

JFA.jp

EN

日本代表

年代・カテゴリーを選ぶ

表示したいカテゴリーを
以下から選択してください。

1.年
  • 2022年
  • 2021年
  • 2020年
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
2.年代別
  • SAMURAI
    BLUE
  • U-24
  • U-23
  • U-22
  • U-21
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • NADESHIKO
    JAPAN
  • U-23
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • フットサル
    (男子)
  • U-25フットサル
    (男子)
  • U-20フットサル
    (男子)
  • U-19フットサル
    (男子)
  • U-18フットサル
    (男子)
  • フットサル
    (女子)
  • U-18フットサル
    (女子)
  • ビーチサッカー
  • eスポーツ・サッカー
ホーム > 日本代表 > フットサル日本代表 男女 2022年 > 最新ニュース一覧 > 【Match Report】フットサル日本女子代表 スペインで一部所属リーグ2クラブと対戦

ニュース

【Match Report】フットサル日本女子代表 スペインで一部所属リーグ2クラブと対戦

2022年11月18日

【Match Report】フットサル日本女子代表 スペインで一部所属リーグ2クラブと対戦

13日から活動を開始しているフットサル日本女子代表は、14日にスペイン到着し15日には2部練を実施。16日は午前中に練習を行い、夜にはClub Deportivo Leganes Futbol Salaとトレーニングマッチを実施しました。17日の午前中は休息しリカバリーに集中し、夜21:15(現地時間)にAlcorconとトレーニングマッチを行いました。

vs Club Deportivo Leganes Futbol Sala

11月16日(水)21:00KO(現地時間)

フットサル日本女子代表 7-3(前半4-3、後半3-0)Club Deportivo Leganes Futbol Sala

スターティングメンバー
GK井上ねね(立川・府中アスレティックFCレディース)
FP筏井りさ(バルドラール浦安ラス・ボニータス)
伊藤果穂(バルドラール浦安ラス・ボニータス)
四井沙樹(バルドラール浦安ラス・ボニータス)
高尾茜利(SWHレディース西宮)

サブメンバー
GK須藤優理亜(フウガドールすみだレディース)
FP宮原ゆかり(バルドラール浦安ラス・ボニータス)
星山彩香(エスポラーダ北海道イルネーヴェ)
江口未珂(SWHレディース西宮)
倉持杏子(バルドラール浦安ラス・ボニータス)
江川涼(SWHレディース西宮)
松本直美(バルドラール浦安ラス・ボニータス)
北川夏奈(福井丸岡ラック)
伊藤沙世(アルコ神戸)
追野沙羅(SWHレディース西宮)
池内天紀(福井丸岡ラック)

試合経過
3分 得点 筏井りさ
12分 失点
12分 得点 四井沙樹
13分 失点
16分 オウンゴール
17分 失点
20分 得点 伊藤果穂

後半
5分 得点 江口未珂
6分 得点 江川涼
18分 得点 江川涼

vs Alcorcon

11月17日(木)21:15KO(現地時間)

フットサル日本女子代表 2-4(前半1-3、後半1-1)Alcorcon

スターティングメンバー
GK須藤優理亜(フウガドールすみだレディース)
FP江口未珂(SWHレディース西宮)
江川涼(SWHレディース西宮)
追野沙羅(SWHレディース西宮)
池内天紀(福井丸岡ラック)

サブメンバー
GK井上ねね(立川・府中アスレティックFCレディース)
FP筏井りさ(バルドラール浦安ラス・ボニータス)
宮原ゆかり(バルドラール浦安ラス・ボニータス)
星山彩香(エスポラーダ北海道イルネーヴェ)
伊藤果穂(バルドラール浦安ラス・ボニータス)
倉持杏子(バルドラール浦安ラス・ボニータス)
四井沙樹(バルドラール浦安ラス・ボニータス)
松本直美(バルドラール浦安ラス・ボニータス)
北川夏奈(福井丸岡ラック)
高尾茜利(SWHレディース西宮)
伊藤沙世(アルコ神戸)

試合経過
8分 失点
11分 得点 江口未珂
12分 失点
14分 失点
後半
2分 得点 オウンゴール
18分 失点

レガネスとの試合では前半筏井りさ選手が先制点を決めますが、その後交互にゴールを奪い合う拮抗する戦いとなりました。後半ピリオドに入ると、日本は粘り強いディフェンスにより無失点で抑えることが出来ました。また高い位置で相手のボールを奪うシーンも多く見られ、3得点を追加して久々の海外チームとの戦いに7対3で勝利しました。

アルコルコンとの試合では、相手に先制点を許してしまいます。11分に江口未珂選手のゴールで追いつくものの、またすぐに失点。前半は全体的に積極的にプレッシングし、相手陣でボールを奪うシーンも多くありましたがフィニッシュで決めることが難しく、相手の背後の長いボールで失点を許してしまい、2点ビハインドで折り返します。
後半2分にオウンゴールにより2-3まで追いつきます。惜しいシーンも多くありましたがなかなか同点に追いつくことができませんでした。最後に相手チームが得点し、日本チームはパワープレーで追撃を狙うものの、そのまま2-4で試合が終了。多くのことにチャレンジし、課題もたくさん浮き彫りになりました。遠征終盤に2連戦を予定しているフットサル女子スペイン代表戦までに6回の練習を実施予定しているチームは、課題に取り組み準備をしていきます。

選手コメント

FP #3 江口未珂 選手(SWHレディース西宮)
スペインに来て4日目のトレーニングを終えました。昨日、今日とトレーニングマッチを行い、コロナ禍で大変ですが、素晴らしい環境の中、活動を行えている事をスタッフの皆様には感謝しています。5日後にはスペイン代表との試合があるので、トレーニングマッチで出た課題を修正し、今後のトレーニングではもっと色々な選手の個性や特徴を理解し活かせるように沢山コミュニケーションを取りたいと思います。自分自身もまだまだ学ぶ事ばかりで、毎日がいい刺激になっています。

FP #8 宮原ゆかり 選手(バルドラール浦安ラス・ボニータス)
2試合のTRMは1勝1敗でした。いつもとは違う環境の中での対外試合は難しいと感じる部分もありましたが、スペイン代表と試合をする前に2回も体験出来た事はポジティブに捉え、改めて素晴らしい環境でやらせて頂いてるという事を肌で感じています。
限られた時間ではありますが、一日一日自分に出来る最大限の事をやり続け、チームとしてもここからさらに積み上げていきたいと思います。

FP #12 北川夏奈 選手(福井丸岡ラック)
スペインに到着して5日がたちました。3日目、4日目にはスペイン1部リーグに所属している2チームとトレーニングマッチをしました。2戦目は負けてしまいましたが、これまでトレーニングしてきたセットプレーや、戦術を試す事ができ、代表戦前に試合感を掴む事ができたので良かったです。
個人的にスペイン代表との対戦は数回経験していますが、体格、フィジカル、スピード全てにおいて長けている選手達ばかりなので、残りのトレーニングでは今まで以上にチーム内で連係を取り、スペインとの代表戦2試合に向けていい準備をしていきたいと思います。

FP #13 高尾茜利 選手(SWHレディース西宮)
現地のクラブチームとの2戦は1勝1敗。2戦目は敗戦という結果で悔しい思いをしましたが、全員で前を向き、スペイン代表戦に向けて、ここからまた良い準備をしようと話をしました。
個人的にスペイン代表と試合をするのは7年ぶりです。この機会をいただけたことに感謝し、全員で勝ちに行きます。日本のフットサルを、そして各選手のストロングポイントをピッチで沢山発揮できるよう、明日からもトレーニングに取り組みたいと思います。

アーカイブ

OFFICIAL PARTNER

OFFICIAL SUPPLIER

SUPPORTING COMPANIES

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー