JFA.jp

JFA.jp

EN

ビーチサッカー日本代表

年代・カテゴリーを選ぶ

表示したいカテゴリーを
以下から選択してください。

1.年
  • 2022年
  • 2021年
  • 2020年
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
2.年代別
  • SAMURAI
    BLUE
  • U-24
  • U-23
  • U-22
  • U-21
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • NADESHIKO
    JAPAN
  • U-23
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • フットサル
    (男子)
  • U-25フットサル
    (男子)
  • U-20フットサル
    (男子)
  • U-19フットサル
    (男子)
  • U-18フットサル
    (男子)
  • フットサル
    (女子)
  • U-18フットサル
    (女子)
  • ビーチサッカー
  • eスポーツ・サッカー
ホーム > 日本代表 > ビーチサッカー 2022年 > 最新ニュース一覧 > 【Match Report】ビーチサッカー日本代表 Neom Beach Soccer Cup 第二戦、ビーチサッカーバーレーン代表に完勝

ニュース

【Match Report】ビーチサッカー日本代表 Neom Beach Soccer Cup 第二戦、ビーチサッカーバーレーン代表に完勝

2022年11月11日

【Match Report】ビーチサッカー日本代表 Neom Beach Soccer Cup 第二戦、ビーチサッカーバーレーン代表に完勝

◆日時:2022年11月10日(木)現地 14:30キックオフ
◆会場:Gayal Beach@Saudi Arabia/Neom

ビーチサッカー日本代表 6(2-1、2-1、2-0)2 ビーチサッカーバーレーン代表

【得点経過】
<1p>
1分 茂怜羅オズ(東京ヴェルディBS)
2分 茂怜羅オズ(東京ヴェルディBS)
11分 失点
<2p>
2分 失点
3分 大場崇晃(レーヴェ横浜)
12分 赤熊卓弥(ラソアペーゴ北九州)
<3p>
5分 茂怜羅オズ(東京ヴェルディBS)
7分 大場崇晃(レーヴェ横浜)

スターティングメンバー
GK 柴本慎也
FP 茂怜羅オズ、松尾那緒弥、大場崇晃、奥山正憲

サブメンバー
GK 河合雄介
FP 山内悠誠、赤熊卓弥、上里琢文、木船祐樹、齋藤凱也、田中颯

マッチレポート

11月10日(木)、ビーチサッカー日本代表は、サウジアラビアで開催されているNeom Beach Soccer Cupの第二戦、バーレーン戦を迎えました。

試合開始のキックオフからシュートを狙いCKを獲得すると、前掛かりに相手ゴールを狙いに行きます。

1分、サイドの高い位置でボールを受けた松尾那緒弥選手(アヴェルダージ熊本BS)がシュート性のボールを中央に送ろうとした際、相手のハンドを誘発、PKを獲得すると茂怜羅オズ選手(東京ヴェルディBS)がしっかりと決め日本が先制します。

続く2分、茂怜羅選手が一対一から相手を振り切り追加点を奪います。ペースを握った日本はその後もGKを含めたポゼッションで試合をコントロールします。

しかし、1ピリオド終了間際、相手GKのシュートをゴール前で相手ピヴォにヘディングでコースを変えられ失点を喫します。

2ピリオドも日本がボールを保持しながら試合をコントロールします。しかし2分、高い位置でパス回し中GK柴本慎也選手(アヴェルダージ熊本BS)のバスをカットされそのまま一対一の状況になり、柴本選手が相手に激しくチャージするとファールの判定になり、柴本選手が1発退場となってしまいます。

フィールドプレーヤーと交代しGK河合雄介選手(東京ヴェルディBS)がピッチに入りますが、FKを決められてしまい同点にされてしまいます。

※ビーチサッカーでは、選手が退場した場合、2分間1人少ない状況で戦うことになります。ただし、失点した場合はFPが同数に戻ります。

しかし、直後の攻撃で低い位置でボールを受けた大場崇晃選手(レーヴェ横浜)が自らスコップでボールを上げオーバーヘッドを決め再度リードを奪います。

12分には、GKからの素早いスローを高い位置にポジションをとっていた上里琢文選手(東京ヴェルディBS)が受けてボールをキープし、タイミングよくピヴォの赤熊卓弥選手(ラソアペーゴ北九州)がオーバーヘッドを決めます。

3ピリオドに入っても、日本ペースは変わらずシュートチャンスを作りだします。
5分、ハーフウェーライン付近で茂怜羅選手が相手にプレッシャーをかけ、こぼれたボールを奥山正憲(レーヴェ横浜)選手がスペースにワンタッチで出すと、茂怜羅選手がそのまま駆け上がります。ボールをキープし前を向こうとしたところを倒されFKを獲得するときっちり決め切り、この日ハットトリックを達成します。

バーレーンもプレッシャーをかけてくるものの、日本は焦らず対応します。7分、相手にシュートまで持ち込まれますが、シュートは枠を外れゴールクリアランスになります。GKは素早い判断で高い位置にいた茂怜羅選手にスローし、同時に一瞬の切り替えで相手を置き去りにした大場選手に茂怜羅選手がワンタッチで渡すと冷静に蹴りこみ6点目を奪います。その後もチャンスはつくるものの得点は動かず、6-2で試合終了となりました。

次戦は、11月11日(金)19:45(日本時間25:45)から強豪ビーチサッカーブラジル代表との試合となります。

選手コメント

FP #5 上里琢文 選手(東京ヴェルディBS)
今日のバーレーン戦では、「内容よりも結果」「どんな形であれ勝ちに行く事」「チーム全員で日本代表選手として、誇りと覚悟を持ってまずはしっかり戦おう」と話し合い臨みました。
試合の立ち上がりはオズさんが立て続けに2ゴール決め試合の入りは良かったと思います。途中失点したり流れが悪い時間もありましたし、最後まで落ち着かせた試合運びをする事は出来なかったですが、一人ひとりが勝ちに行く姿勢で気持ちを出して戦えていた事で勝利を掴む事が出来たと思います。
チームとして、全員が同じ方向を向いた時は自然と結果がついてきていると思います。
個人的にはもっとチームのみんなを引き立てる為にも、走力、判断、技術を磨く必要があるし、ゴールに直結するプレーを増やさなければなりません。初戦のオマーン戦では自分のミスで敗戦してしまい、応援してくれた皆様をガッカリさせてしまいました。
次のブラジル戦ではアシストかゴールでチームの勝利に少しでも力になって取り返したいと思いますので、引き続き応援よろしくお願いいたします。いつも沢山の応援、ありがとうございます。

FP #15 齋藤凱也 選手(ソーマプライア沖縄)
昨日のオマーン戦の敗戦から、試合前のアップの雰囲気やベンチからの雰囲気などプレーや戦術以外の部分で課題があがっていましたが、今日は意識的に変えることができ、昨日よりもチームとして良い雰囲気で試合に臨めていたと思います。
結果だけを見れば勝利することができ、優勝に可能性を残せたのは良かったと思いますが、内容の部分でまだまだ改善していける部分があると感じています。
明日のブラジル戦は簡単にやらせてくれる相手ではないと思いますが、チーム全員で勝利を掴みたいと思います。

Neom Beach Soccer Cup

大会期間:2022年11月9日(水)~2022年11月12日(土)

大会情報はこちら

アーカイブ

OFFICIAL PARTNER

OFFICIAL SUPPLIER

SUPPORTING COMPANIES

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー