JFA.jp

JFA.jp

EN

ビーチサッカー日本代表

年代・カテゴリーを選ぶ

表示したいカテゴリーを
以下から選択してください。

1.年
  • 2021年
  • 2020年
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
2.年代別
  • SAMURAI
    BLUE
  • U-24
  • U-23
  • U-22
  • U-21
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • NADESHIKO
    JAPAN
  • U-23
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • フットサル
    (男子)
  • U-25フットサル
    (男子)
  • U-20フットサル
    (男子)
  • U-19フットサル
    (男子)
  • U-18フットサル
    (男子)
  • フットサル
    (女子)
  • U-18フットサル
    (女子)
  • ビーチサッカー
  • eスポーツ・サッカー
ホーム > 日本代表 > ビーチサッカー 2021年 > FIFAビーチサッカーワールドカップロシア2021 TOP > 最新ニュース一覧 > ビーチサッカー日本代表、セネガルを破り初のワールドカップファイナルへ! FIFAビーチサッカーワールドカップロシア2021

ニュース

ビーチサッカー日本代表、セネガルを破り初のワールドカップファイナルへ! FIFAビーチサッカーワールドカップロシア2021

2021年08月29日

ビーチサッカー日本代表、セネガルを破り初のワールドカップファイナルへ! FIFAビーチサッカーワールドカップロシア2021

ビーチサッカー日本代表は現地時間8月28日(土)、FIFAビーチサッカーワールドカップロシア2021準決勝のセネガル代表戦に挑みました。

日本はFP上里琢文選手が今大会初めて先発に名を連ねました。一方のセネガルはフィジカルとパワーが特徴のチームですが、主力3選手が累積警告で出場停止とやや苦しい陣容です。

第1ピリオド、セネガルはフィジカルの強さを生かして遠めの位置からシュートを狙ってきますが、日本の選手たちは冷静に対応します。第1ピリオド11分には連続シュートを放たれますが、いずれもGK河合雄介選手が体を張ってブロック。両チーム無得点で12分間を終えます。

第2ピリオド3分、日本に先制点が生まれます。FP赤熊卓弥選手がペナルティーエリア内でオーバーヘッドシュートを狙ったところ、相手選手がチャージを仕掛けて赤熊選手と交錯します。これはビーチサッカーのルールでは守備側の反則となり、日本にPKが与えられました。赤熊選手がキックを冷静に沈めると、その後はセネガルの反撃を受けながらも失点は許さず、1点リードで第2ピリオドを終えます。

そのまま優勢に進めたいところでしたが、第3ピリオド2分、同点に追いつかれてしまいます。それでも、日本の選手たちは意気消沈せず、逆に一気にギアを上げて攻め込みました。第3ピリオド3分にはFP大場崇晃選手がFP奥山正憲選手との連係からオーバーヘッドシュートを決めて勝ち越しに成功すると、間髪を入れずに奥山選手が胸トラップからのオーバーヘッドシュートを決めて2点差に。第3ピリオド5分にはFP赤熊選手も豪快なオーバーヘッドシュートをたたき込みます。

第3ピリオド9分、CKからヘディングシュートを決められ4-2とされますが、すぐさまFP赤熊選手がハットトリックとなるゴールを決めて再び3点差に。セネガルは前線の人数を増やして攻め込みますが、日本の選手たちは的確に対応します。第3ピリオド11分にはPKを献上しましたが、相手がキックを枠外に外し、これで勝負の行方は決しました。

5-2でセネガルを下し、初の決勝進出を果たした日本。ビーチサッカーでは初となるワールドカップの決勝進出となります。今回が9回目のビーチサッカーワールドカップ出場となるFP山内悠誠選手は歓喜の涙を流し、監督兼FPの茂怜羅オズ選手は「まだ夢の中にいるよう。難しい相手だったけど、チームで一つになって戦い、歴史をつくることができた」と喜びを語りました。

現地時間8月29日(日)に行われる決勝は、グループステージ第3節で1-7と大敗した開催国ロシアとの再戦となります。FP茂怜羅選手は「ロシアといい試合をしてゴールドのメダルを持って帰りたい」と意欲を見せました。

選手コメント

GK #1 河合雄介 選手(東京ヴェルディBS)
セネガル戦はなかなか難しい試合でしたが、失点を最小限に抑えられたこと、点を取る選手がしっかりとって、後ろも守れたことが勝利につながったと思います。チームが一丸となって同じ方向を見て戦えたことが一番大きかったと思います。今大会は感染対策で色々大変な部分もありますが、ドクター、トレーナー等のスタッフも2人体制で、チームの力がさらにプラスされてうまく発揮できているのも良い部分だと思います。
ビーチサッカーはまだまだマイナーなスポーツなので、自分たちがしっかり結果を残すことで多くの方の耳にこの情報が届いて、少しでもビーチサッカーに興味を持ってもらえたら、僕たち競技をしている人にとっても嬉しいことです。
赤熊選手は得点王、僕はベストゴールキーパー賞を取るという目標を互いに持って今大会に望んでいるので、決勝まで来られたことで可能性はあるかと思いますし、チームの誰かが賞を取ることがチームのためにもなります。自分自身のタイトルも見据えながら決勝戦もしっかり勝って、一番良い色のメダルを獲りたいと思います。応援をよろしくお願いいたします。

FP #6 赤熊拓也 選手(ラソアペーゴ北九州)
1点目はPKですごく緊張した中で、試合前の田畑コーチの「前回大会でベスト4の壁を超えられなかった悔しさを晴らしてくれ」という言葉を思い出して強く蹴りました。2点目はコーチの指示通りに動いて、隙かさずオーバーヘッドを打った形です。3点目は上里選手から素晴らしいボールが来たので押し込むだけでした。このチームがスタートしてからコロナの影響で海外のチームとの試合の機会がなかったものの、コンスタントに代表合宿をさせて頂いて選手間でのコミュニケーションがとれてきたので、この大会中も良いときも悪いときも選手間でしっかりコミュニケーションをとれる関係にあることが、ひとつ勝ち上がった要因ではないかと思います。
連戦ですが、僕のコンディションはすごく良い状態です。トレーナーさんも2人体制でしっかりケアしてくださっていて、不安だった食事の面も日本食を用意してくれていて良いコンディションが保てていると思います。今大会が始まる前から世界一のピヴォというものを目標に得点王ももちろん狙っているので、決勝で僕がたくさん得点をとって得点王になること、それがチームの優勝にもつながると思うので、しっかり得点王と世界一を狙ってがんばります。

FP #11 奥山正憲 選手(レーヴェ横浜)
(得点の場面は)オズ選手から良いパスがきたのであとは思い切り打とうと思いました。一番良いところに飛んでいったので本当に良かったです。今大会でここまで来られたのは、田畑コーチが一戦一戦、相手の分析や試合中の戦術面での工夫をしてくれていることが一番の要因かなと思います。チームサポートもトレーナーが2名体制などケアも十分できているので、コンディションの部分でも選手が心配なくプレーできていることもあります。あとは深夜の遅い時間でも、日本のみなさんがパワーを送ってくれたのでそれが力になりました。現地の皆さんも応援ありがとうございました。
次戦の相手はグループステージで7-1で負けたロシアですが、負けたときに田畑コーチから「この借りはこのピッチでしか返せないぞ」といわれて、(決勝は)一番良いシチュエーションかなと思います。絶対に勝って、ワールドカップを日本に持って帰れるようにがんばります。

ハイライト映像はこちら(FIFATV)

FIFAビーチサッカーワールドカップロシア2021

大会期間:2021/8/19(木)~2021/8/29(日)

大会情報はこちら

アーカイブ

OFFICIAL PARTNER

OFFICIAL SUPPLIER

SUPPORTING COMPANIES

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー