JFA.jp

JFA.jp

EN

ビーチサッカー日本代表

年代・カテゴリーを選ぶ

表示したいカテゴリーを
以下から選択してください。

1.年
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
2.年代別
  • SAMURAI
    BLUE
  • U-23
  • U-22
  • U-21
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • NADESHIKO
    JAPAN
  • U-23
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • フットサル
    (男子)
  • U-25フットサル
    (男子)
  • U-20フットサル
    (男子)
  • U-19フットサル
    (男子)
  • U-18フットサル
    (男子)
  • フットサル
    (女子)
  • U-18フットサル
    (女子)
  • ビーチサッカー
ホーム > 日本代表 > ビーチサッカー 2019年 > 国際親善大会 [2019/9/27-29] TOP > 最新ニュース一覧 > 国内初のビーチサッカー国際親善大会が開幕!初戦はスペインが打ち合いを制する ~ビーチサッカー国際親善大会(9/27~29@兵庫/明石市大蔵海岸公園)~

ニュース

国内初のビーチサッカー国際親善大会が開幕!初戦はスペインが打ち合いを制する ~ビーチサッカー国際親善大会(9/27~29@兵庫/明石市大蔵海岸公園)~

2019年09月28日

国内初のビーチサッカー国際親善大会が開幕!初戦はスペインが打ち合いを制する ~ビーチサッカー国際親善大会(9/27~29@兵庫/明石市大蔵海岸公園)~

ビーチサッカー国際親善大会が9月27日(金)、兵庫県明石市大蔵海岸公園で開幕しました。

今大会は、日本ビーチサッカー史上初となる、3カ国による対抗戦での開催。FIFAビーチサッカーワールドカップバハマ2017で準優勝したタヒチ代表、FIFAビーチサッカワールドカップタヒチ2013で準優勝のスペイン代表という強豪を迎えました。一方、日本代表も今年3月にAFCビーチサッカー選手権 タイ2019でアジア王者に返り咲いており、互いに相手に不足のない、質の高い大会となることが期待されます。

初日は、タヒチとスペインが対戦。雲に覆われていた空は、試合前には徐々に日差しが見え始め、ピッチの細かく白い砂が美しく照り映えました。

スペインのキックオフで始まったゲームは、キックオフされたそのボールから先制点が生まれます。キックオフされた浮き玉のボールを受けたジョレンス・ゴメス・レオン選手(#10)が逆サイドのサルバドル・アルディル・ナヴァロ選手(#11)につなぎ、サルバドル選手のシュートはゴールネットを揺らしました。電光石火の展開に、会場の観客も一気に試合に引きつけられます。

スタート直後から1点を追う展開になったタヒチは、強いフィジカルを生かしてボールを奪い、ゴールを狙います。6分、浮き玉のパスを受けたレマナ・リ・フン・クイ選手(#7)がダイレクトで足を合わせ、1点を返します。その後、両チームが1点ずつを追加し、第1ピリオドを2-2で終えました。

「第1ピリオドでは、選手たちは少し緊張している様子だった」と振り返ったナエア・ベネット監督兼任選手から「もっとリラックスして戦おう」と声をかけられたタヒチが、積極的に仕掛けていきます。アルヴァン・テホ選手(#4)の角度のないところからのオーバーヘッドシュートなどで3点を挙げ、1点をリードして第2ピリオドを終えました。

第3ピリオドでは、スペインが怒涛の巻き返しを見せます。28分に同点に追いつくと、終盤にかけて合計4ゴールを挙げます。タヒチも2点を返しましたが、追いつけないまま試合は終了。激しいゴールの奪い合いをスペインが8-7で制しました。

タヒチとスペインの激戦の後、同会場で日本がトレーニングを行いました。ビーチサッカーを統括するフットサル委員会の北澤豪委員長に加え、SAMURAI BLUE(日本代表)とU-23日本代表で指揮を執る森保一監督も見守る中、紅白戦やシュート練習などで、28日(土)、29日(日)の試合に向けて最終調整を行いました。

スケジュールの都合で日本の試合を観戦することはかないませんでしたが、前日練習で「初めてビーチサッカーを生で見ることができた」という森保監督は、「ビーチサッカーは、バランス感覚やテクニックの高さも必要で、体力的にもハードな中でプレーするのでメンタルもたくましい。とても迫力があって、引きつけられた」とコメント。また、ビーチサッカー日本代表には、「2日間の国際親善試合、そして11月のワールドカップで思い切ってプレーほしい。日本代表として、サッカーファミリーとして、ともに世界で戦っていきましょう」と激励の言葉を送りました。

ビーチサッカー日本代表は、28日(土)14時からタヒチ代表との試合に臨みます。この一戦はJFA TVでライブ配信されます。

JFA-TVのご視聴はこちら

監督・選手コメント

FP #9 ナエア・ベネット 監督兼任選手(ビーチサッカータヒチ代表)
この大会に臨むための準備期間は短かったのですが、ピッチの砂を含めた日本の環境は素晴らしく、日本に来られたことで非常に良い経験ができています。今日の試合では負けてしまいましたが、強化につながると前向きに捉えています。試合終盤には選手たちに疲れが見え始め、集中力も切れてしまったことで、失点が重なってしまいました。日本との試合や、ワールドカップに向けて改善していかなければなりません。日本との試合も、観客が楽しめるような見応えのあるゲームにしたいです。

FP #7 レマナ・リ・フン・クイ 選手 (ビーチサッカータヒチ代表)
非常に厳しい試合でした。スペインはテンポが早く、守備が追いつかず攻め込まれるシーンが多くありました。また、最初の失点や3ピリオドの2失点等、ケアレスミスが目立ちました。強いチームと対戦して、自分たちの課題を見つけることができました。スペイン戦と日本戦は、ビーチサッカーワールドカップに向けて貴重な経験となり力になると思います。明日の試合に向けて、気持ちを切り替えて全力を尽くしたいと思います。

FP #14 ハビエル・トーレス・メディナ 選手(ビーチサッカースペイン代表)
とてもハードな試合でした。立ち上がりは良い状態でしたが、次第にディフェンシブになってしまう展開が続いてしまいました。長距離移動の後でしたので、湿度の高い暑さの中での試合は、体力的にも厳しかったです。今回も20歳前後の若い選手も数名メンバー入りしていますが、今のスペインはベテランと若手が融合し、とても良い雰囲気を保てています。29日の試合が良いものになるよう、まずはしっかりと体を休め、日本戦に臨みたいと思います。

スケジュール

9月24日(火) PM トレーニング
9月25日(水) AM/PM トレーニング
9月26日(木) AM/PM トレーニング
9月27日(金) TBC 公式練習
7-8 ビーチサッカータヒチ代表 vs. ビーチサッカースペイン代表
(明石市大蔵海岸公園)
9月28日(土) 14:00 vs. ビーチサッカータヒチ代表戦(明石市大蔵海岸公園)
9月29日(日) 14:00 vs. ビーチサッカースペイン代表戦(明石市大蔵海岸公園)

※スケジュールは、チームのコンディション等により急きょ変更となる場合があります

国際親善大会

大会期間:2019/09/27(金)~2019/09/29(日)
会場:兵庫/兵庫県明石市大蔵海岸公園

大会情報はこちら

アーカイブ

OFFICIAL PARTNER

OFFICIAL SUPPLIER

SUPPORTING COMPANIES

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー