JFA.jp

JFA.jp

EN

ビーチサッカー日本代表

年代・カテゴリーを選ぶ

表示したいカテゴリーを
以下から選択してください。

1.年
  • 2022年
  • 2021年
  • 2020年
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
2.年代別
  • SAMURAI
    BLUE
  • U-24
  • U-23
  • U-22
  • U-21
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • NADESHIKO
    JAPAN
  • U-23
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • フットサル
    (男子)
  • U-25フットサル
    (男子)
  • U-20フットサル
    (男子)
  • U-19フットサル
    (男子)
  • U-18フットサル
    (男子)
  • フットサル
    (女子)
  • U-18フットサル
    (女子)
  • ビーチサッカー
  • eスポーツ・サッカー
年代・カテゴリーを選ぶ

表示したいカテゴリーを
以下から選択してください。

1.年
  • 2022年
  • 2021年
  • 2020年
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
2.年代別
  • SAMURAI
    BLUE
  • U-24
  • U-23
  • U-22
  • U-21
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • NADESHIKO
    JAPAN
  • U-23
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • フットサル
    (男子)
  • U-25フットサル
    (男子)
  • U-20フットサル
    (男子)
  • U-19フットサル
    (男子)
  • U-18フットサル
    (男子)
  • フットサル
    (女子)
  • U-18フットサル
    (女子)
  • ビーチサッカー
  • eスポーツ・サッカー
ホーム > 日本代表 > ビーチサッカー 2017年 > AFCビーチサッカー選手権 マレーシア2017 > 最新ニュース一覧 > ビーチサッカー日本代表、練習試合でバーレーンに逆転勝ち AFCビーチサッカー選手権

ニュース

ビーチサッカー日本代表、練習試合でバーレーンに逆転勝ち AFCビーチサッカー選手権

2017年03月01日

ビーチサッカー日本代表、練習試合でバーレーンに逆転勝ち AFCビーチサッカー選手権

練習試合 vs ビーチサッカーバーレーン代表
2017年2月28日(火) キックオフ時間12:00(現地時間) 試合時間(12分×3)
Batu Buruk Beach トレーニングピッチNo2(マレーシア/トレンガヌ)

ビーチサッカー日本代表 3-2 (第1ピリオド1-2、第2ピリオド2-0、第3ピリオド0-0) ビーチサッカーバーレーン代表

得点
1分 失点(ビーチサッカーバーレーン代表)
10分 後藤崇介(ビーチサッカー日本代表)
10分 失点(ビーチサッカーバーレーン代表)
18分 原口翔太郎(ビーチサッカー日本代表)
20分 大場崇晃(ビーチサッカー日本代表)

スターティングメンバー
GK:照喜名辰吾
FP:茂怜羅オズ、飯野智之、大場崇晃、後藤崇介

サブメンバー
GK:河合雄介
FP:磯裕章、小牧正幸、原口翔太郎、中原勇貴、赤熊卓弥、坂田淳

マッチレポート

ビーチサッカーAFC選手権に向けて、大会開催地であるマレーシアで直前合宿を行っているビーチサッカー日本代表は現地時間28日(火)12時より、ビーチサッカーバーレーン代表とのトレーニングマッチに臨みました。

日本は、試合開始早々の1分、相手ゴールキーパーのロングスローをヘディングで合わせられて失点してしまいます。その後はボールを保持してペースを握り、シュートを多く打ちますが、決定力に欠けて得点を奪えません。そんな膠着状態が続いた10分、後藤崇介選手のオーバーヘッドシュートが決まり1-1の同点とします。しかしその直後、相手にキックオフシュートを決められてしまいまたもやリードされてしまいます。

第2ピリオドでも、日本がボールを保持しながらシュートを打てない状況が続きますが、18分に獲得したペナルティキックを原口翔太郎選手が決めて2-2の同点にします。さらにその直後の20分にGK照喜名辰吾選手のスローを赤熊卓弥選手が胸で大場崇晃選手にパス。大場選手がそのままボレーシュートを決めて3-2の逆転に成功します。

第3ピリオドでも、日本は何度か決定的な場面を作りますが、決めきるとこができず試合が進み、結局3-2で日本が勝利しました。

日本は、明日3月1日(水)も16:00よりビーチサッカーマレーシア代表とトレーニングマッチを行います。

選手コメント

FP #5 中原勇貴 選手(東京ヴェルディBS)
マレーシアに入って4日目を迎え、徐々にAFCビーチサッカー選手権に向けてのモチベーションとコンディションが上がってきており、気持ちも高ぶっています。自分自身、アジア予選(AFC選手権)を戦うのは初めての経験で、簡単な試合になるとは思っていません。しかし、日本代表の戦いを自信を持ってやれば必ず優勝できると思っています。そのためにもアジア予選までの少ない時間を無駄なく過ごし、100%の力を発揮できるようしっかり準備していきたいと思います。

FP #9 赤熊卓弥 選手(ドルソーレ北九州)
マレーシアに入って今日で4日目となり、現地の気候や砂に慣れてきたと感じています。その中で、今日はバーレーン代表との練習試合でした。結果は3-2で勝つことができましたが、チームや個人としての修正しなければいけない所があったり、リードされながら慌てずに逆転できたことなど、すごく良い収穫があった試合でした。明日もマレーシア代表との練習試合があるので、今日の試合で出た課題をしっかり修正していこうと思います。アジア予選(AFC選手権)は6日からですが、前入りしてトレーニングさせてもらえてることを無駄にしないように最高のコンディションで大会に挑めるようにします。この環境でトレーニングさせてもらえることや、「頑張って」と送り出してくれた日本の方たちに感謝しながら、ワールドカップ出場権獲得とアジア制覇の目標を達成できるようにチーム一丸でやっていきます。

スケジュール

2月25日(土) PM トレーニング
2月26日(日) AM/PM トレーニング
2月27日(月) TBC トレーニング
2月28日(火) 3-2 トレーニングマッチ vs ビーチサッカーバーレーン代表
(トレンガヌ/ピッチ2)
3月1日(水) 16:00 トレーニングマッチ vs ビーチサッカーマレーシア代表
3月2日(木) TBC トレーニングマッチ予定
3月3日(金) TBC トレーニング
AFCビーチサッカー選手権マレーシア2017
3月4日(土) TBC トレーニング
3月5日(日) TBC トレーニング
3月6日(月) 11:30 vs カタール代表(トレンガヌ/ピッチ1)
3月7日(火) 11:30 vs イラク代表(トレンガヌ/ピッチ1)
3月8日(水) 11:30 vs アラブ首長国連邦代表(トレンガヌ/ピッチ1)
3月9日(木) TBC トレーニング
3月10日(金) 14:00 or 16:00 準決勝(トレンガヌ)
3月11日(土) 14:00 or 16:00 3/4位決定戦または決勝(トレンガヌ)

※時間はすべて現地時間
※スケジュールは、チームのコンディションや天候等により急きょ変更する場合があります。

 

アーカイブ
日本代表
NEWS メニュー

OFFICIAL PARTNER

OFFICIAL SUPPLIER

SUPPORTING COMPANIES

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー