JFA.jp

JFA.jp

EN

ビーチサッカー日本代表

年代・カテゴリーを選ぶ

表示したいカテゴリーを
以下から選択してください。

1.年
  • 2022年
  • 2021年
  • 2020年
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
2.年代別
  • SAMURAI
    BLUE
  • U-24
  • U-23
  • U-22
  • U-21
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • NADESHIKO
    JAPAN
  • U-23
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • フットサル
    (男子)
  • U-25フットサル
    (男子)
  • U-20フットサル
    (男子)
  • U-19フットサル
    (男子)
  • U-18フットサル
    (男子)
  • フットサル
    (女子)
  • U-18フットサル
    (女子)
  • ビーチサッカー
  • eスポーツ・サッカー
年代・カテゴリーを選ぶ

表示したいカテゴリーを
以下から選択してください。

1.年
  • 2022年
  • 2021年
  • 2020年
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
2.年代別
  • SAMURAI
    BLUE
  • U-24
  • U-23
  • U-22
  • U-21
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • NADESHIKO
    JAPAN
  • U-23
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • フットサル
    (男子)
  • U-25フットサル
    (男子)
  • U-20フットサル
    (男子)
  • U-19フットサル
    (男子)
  • U-18フットサル
    (男子)
  • フットサル
    (女子)
  • U-18フットサル
    (女子)
  • ビーチサッカー
  • eスポーツ・サッカー
ホーム > 日本代表 > ビーチサッカー > 最新ニュース一覧 > ビーチサッカー日本代表候補トレーニングキャンプ 活動レポート(5/18)

ニュース

ビーチサッカー日本代表候補トレーニングキャンプ 活動レポート(5/18)

2014年05月19日

ビーチサッカー日本代表候補トレーニングキャンプ 活動レポート(5/18)

キャンプ2日目は生憎の雨に見舞われ、雨中のトレーニングとなりました。

午前はドリブルや1対1といったフィジカル向上に効くトレーニングでスタートし、その後はピッチ全体を使って3-1システムをトレーニングしました。前線にターゲットとなるピヴォを置く形ですが、決まりきったパターンを覚える練習ではなく、状況に応じてどのようにプレーするか判断が求められる戦術的なトレーニングです。

午後のトレーニングも午前に引き続き戦術理解を深めるために時間を割きました。メンバーを入れ替えながら、守備側にも選手を入れてトレーニングにリアリティを持たせます。形を覚えるだけにならないよう、メンデス監督の説明も細部にこだわった内容が多くなります。

また、この日はコーナーキックも練習しました。ブロックを活用して味方をフリーにしてシュートを打たせたり、ブロックと見せかけて自ら走り込んで得点を狙うなど、いくつかのパターンをトレーニングしました。強豪国はセットプレーからの得点も多く、日本としても絶対に強化していかなければいけないポイントだとメンデス監督が語るように、今後も時間をかけて取り組んでいくことになります。

一日の終りはミーティングでした。昨日の2-2、今日の3-1というシステムを再度説明し、理解を深めました。メンデス監督はミーティングの最後に、日本代表は世界から一目置かれる存在になることができ、自信を持つことが大事だと話しました。

選手コメント

大場崇晃 選手(ドルソーレ北九州)
メンデス監督になって初招集となった今回の合宿では、非常に緊張感のある中、最高のトレーニングをすることができ、すごい刺激を受けています。戦術面の練習では監督が細かいところまで指導してくれているのでしっかり理解して、なおかつ自分のストロングポイントをアピールするため、残りの2日間も一つ一つのプレーに自信を持って、全力で楽しみながら取り組んでいきます。

鈴木俊多 選手(RAVIR静岡)
新監督になり新鮮な気持ちで合宿に挑めています。日本代表が今後世界のトップを狙っていくには、どれだけ監督の戦術を理解して高いレベルで体現できるかが大切だと思いますし、自分が代表に残るためにもそれが最低限必要なことになってくると思います。その上で自分の特徴をチームのためにどれだけ活かしていけるかを突き詰めながらワールドカップまでの時間を大切に過ごしていきたいと思います。今回の合宿も半分が経過したので、しっかりアピールしながら全て吸収して帰れるようあと2日間全力で臨みたいと思います。

Japan National Team Partners

  • Official Sponsor

  • Official Supplier

Supporting Companies

  • Match Sponsor

日本代表
アーカイブ
NEWS メニュー

OFFICIAL PARTNER

OFFICIAL SUPPLIER

SUPPORTING COMPANIES

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー