JFA.jp

JFA.jp

EN

NADESHIKO JAPAN

年代・カテゴリーを選ぶ

表示したいカテゴリーを
以下から選択してください。

1.年
  • 2021年
  • 2020年
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
2.年代別
  • SAMURAI
    BLUE
  • U-24
  • U-23
  • U-22
  • U-21
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • NADESHIKO
    JAPAN
  • U-23
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • フットサル
    (男子)
  • U-25フットサル
    (男子)
  • U-20フットサル
    (男子)
  • U-19フットサル
    (男子)
  • U-18フットサル
    (男子)
  • フットサル
    (女子)
  • U-18フットサル
    (女子)
  • ビーチサッカー
  • eスポーツ・サッカー
ホーム > なでしこジャパン > 最新ニュース一覧 > なでしこジャパン 男子高校生との合同トレーニングで強度の高いトレーニングを実施

ニュース

なでしこジャパン 男子高校生との合同トレーニングで強度の高いトレーニングを実施

2021年06月26日

なでしこジャパン 男子高校生との合同トレーニングで強度の高いトレーニングを実施

なでしこジャパンは25日(金)、今回のトレーニングキャンプで初となる男子高校生との合同トレーニングを行いました。

なでしこジャパンのトレーニングでは恒例の男子との合同トレーニングは、男子選手をスピードやパワーで上回る海外勢に見立て、その対策の一環として組まれています。グループステージで対戦するカナダやイギリス、女王に君臨するアメリカなど、攻守にスピードとパワーを武器とする強豪国を相手に90分間戦う上で、まずはその速さや強さを体感して体に覚えさせることが必要になります。

「地道にフィジカルトレーニングに取り組んできた選手は、明らかに強く、速くなっている」と高倉麻子監督が評価するように、なでしこジャパンの選手たちはチームのトレーニングとは別に、代表活動期間外も含めてフィジカルトレーニングを日常に取り入れてパワーアップを図ってきました。見違えるような筋力をつけるということではなく、チャージを受けてもぶれない体幹や、競り合いでも崩れないバランスなど、重さ・大きさに対抗する術を身に付けてきた選手たちです。

トレーニングは主に守備を目的に行われ、セットプレーやカウンターの状況でどこを守るか、どう守るか、1回で終わらず二次、三次と攻撃が続く場合の対処など、チーム全体で確認を続けます。そこには映像が活用されていて、上から撮影した映像をピッチ脇のモニターに映し出すことで、選手たちはトレーニングを終えて映像が編集されることを待つことなく、その場で改善を図ることができる仕組みになっています。

最後に行われた20分×2本のゲームでは、男子高校生の攻撃を受けてしまう時間が長く続く中、得点は許さず粘るも2本目に失点して0-1という結果に終わりました。「うまくいかなかった時間もあったけど、1日1日成長していくことこそが大事」と高倉監督は選手たちに話し、この日できたこととできなかったことを整理することを求めました。選手たちは試合の映像を全員で振り返り、翌日からのトレーニングと、今後予定されている男子とのトレーニングマッチに向けて切り替えていました。

選手コメント

DF #4 熊谷紗希 選手(FCバイエルン・ミュンヘン/ドイツ)
男子高校生を相手に主にセットプレーやカウンターの守備のトレーニングを行いましたが、まずそうした状況を作らないことが一番です。ただ、そうなってしまった場合に、どのポジションに戻るか、相手のラインの高さや相手のボールの場所によってどこまで自分たちの守備ラインを下げるのかなど、そして最終的に突破されてしまったら最後は人につくということを再確認する作業を男子相手にできていい練習になりました。(ゲームでは2本目にボランチで起用されたが)所属チームではボランチでプレーしてきましたし、自分のオプションであり、チームの力になれるところだと思います。自分がそこに配置される意味は、球際での戦いや最終ラインからひとつ高いポジションで相手の攻撃の芽を潰せるというところだと思っています。今日の相手にはなかなかそうしたシーンは出せませんでしたが、チームのひとつのオプションになればと思います。7月14日のMS&ADカップの相手がオーストラリアに決まり、素晴らしいチームを相手に本番前最後に試合ができることは嬉しいことで、最後のテストだと自覚して戦いたいです。チームとしての完成度を高めた上で、ラストトライの機会にしたいと思っています。

MF #12 遠藤純 選手(日テレ・東京ヴェルディベレーザ)
今日の男子との合同トレーニングでは、男子のスピードやフィジカルのところで、個人的にもチーム的にも負けることが多く、男女の違いはあれど、その差に慣れないと世界では戦えないと実感しました。個人的にも、負けてはいけない局面で負けることもあり、そこは課題と捉えて練習を重ねたいです。そんな中でも、ワンタッチのプレーや、相手のマークを外す動きは通用したと思いました。今日出た課題であったり、もっともっとできることもあるので、明日からの練習や次回の男子とのトレーニングマッチで試していきたいです。MS&ADカップの対戦相手がオーストラリアに決まりましたが、どんな相手でもチームとしてもまた自分としてもやることは変わらないと思っています。東京オリンピック前の最後の大切な試合になるので、チーム一丸となって戦います。試合にスタメンで出るのか、途中から出るのか、そこは分かりませんが、まずは自分に与えられた役割を果たすこと、そして攻撃の選手としてここで結果を残して、そして東京オリンピックに臨みたいです。

第32回オリンピック競技大会(2020/東京)

サッカー競技日程:2021年7月21日(水)~2021年8月7日(土)

大会情報はこちら

なでしこジャパン(日本女子代表)対 オーストラリア女子代表
開催日:2021年7月14日(水)
会場:京都/サンガスタジアムby KYOCERA

大会情報はこちら

アーカイブ
JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー