JFA.jp

JFA.jp

EN

NADESHIKO JAPAN

年代・カテゴリーを選ぶ

表示したいカテゴリーを
以下から選択してください。

1.年
  • 2021年
  • 2020年
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
2.年代別
  • SAMURAI
    BLUE
  • U-24
  • U-23
  • U-22
  • U-21
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • NADESHIKO
    JAPAN
  • U-23
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • フットサル
    (男子)
  • U-25フットサル
    (男子)
  • U-20フットサル
    (男子)
  • U-19フットサル
    (男子)
  • U-18フットサル
    (男子)
  • フットサル
    (女子)
  • U-18フットサル
    (女子)
  • ビーチサッカー
  • eスポーツ・サッカー
ホーム > なでしこジャパン > 最新ニュース一覧 > なでしこジャパン 国際親善試合に向けて活動をスタート

ニュース

なでしこジャパン 国際親善試合に向けて活動をスタート

2021年04月06日

なでしこジャパン 国際親善試合に向けて活動をスタート

なでしこジャパンは5日(月)、パラグアイ女子代表戦(8日、宮城)とパナマ女子代表戦(11日、東京)に向けて活動をスタートさせました。

3月に2週間という異例の長さで実施された鹿児島キャンプを打ち上げてからわずか中3日で再開した今回の活動には、海外でプレーする宝田沙織選手(アメリカ)、林穂之香選手(スウェーデン)、岩渕真奈選手(イングランド)、田中美南選手(ドイツ)、籾木結花選手(アメリカ)が帰国して参加。前年のSheBelieves Cup以来1年ぶりの代表活動となる籾木選手以外はこの冬に活躍の場を海外に移したばかりですが、コロナ禍で人と人の接触が制限されている状況もあり、気心の知れた仲間との再会を喜んでいました。国際試合の運営にあたってこれまで以上に厳格な感染対策が適用されるため、帰国した選手は原則ピッチ以外で他の選手と接触することはできません。国内でプレーする選手もWEリーガーとして新しい環境の中で新シーズンを迎えており、本来であればお互いにゆっくりと近況を語り合いたいところですが、限られた時間を有効に使い、試合に向けて意思疎通を図ります。

「鹿児島キャンプまでで作り上げてきたものと、海外組の新しい経験とを合わせて、いいチームに仕上げていこう」という高倉監督の言葉でスタートした初日のトレーニングは通常コンディションをチェックする程度の内容ですが、3日後に試合を控えたこのチームにその時間的余裕はありません。2週間の鹿児島キャンプで国内組の選手の状態は把握できており、海外組の状態をチェックするためにも、ゴールを設置した7対7のゲームを行うなど、キャンプ序盤から積極的に連携を高める内容となりました。

なでしこジャパンは8日にユアテックスタジアム仙台でパラグアイ女子代表と、そして11日には国立競技場でパナマ女子代表と国際親善試合に臨みます。

選手コメント

GK  #18 山下杏也加 選手(INAC神戸レオネッサ) 
今回の活動は、海外組が帰国して国内で2試合できるということで、ポジティブだと思いますし、実戦を交えて、メンバーも含めてオリンピックに近い形でトレーニングできるので、クオリティは高くなると思います。FIFAランクだけを見れば日本がボールを保持する時間が長くなると思いますが、足を運んで下さる方や、観ている皆さんが期待するのは得点であったり結果であったりすると思います。個人的に今回は、個人の能力で勝つことや単純な結果だけでなく、チーム戦術を高めていくこと、ゲーム内容を重視したいです。鹿児島のキャンプで行われた練習試合の際に、どこから奪いに行くのか、守備陣のリスクマネジメント、ラインコントロールについて現場で試合を見ながら、あるいはホテルで映像を観ながら自分なりに感じる部分があったので、そこはリーダーシップをもってやっていきたいですし、試合は無失点で、ゼロに近い数字で守りたいと思います。

MF #7 中島依美 選手(INAC神戸レオネッサ)
鹿児島の合宿で行われた大学生との練習試合を通じて、自分たちが課題にしている攻撃の部分や、クロスの対応であったり、また明確に足りない部分を感じることができました。今回はメンバーも入れ替わりがありますが、国際親善試合という挑戦できる場でもあるので、思い切りやっていきたいと思います。コロナの影響もあってみんなで集まれる時間が限られている中で、チームとしてやろうとしていることをやれるかどうかはとても大事なので、鹿児島のキャンプでは理解を深めながらトレーニングに臨んでいました。外国勢を想定した大学生との試合の中で主導権を握れる時間より我慢する時間の方が長く、そういう時間帯に失点してしまっていたので、チームとしてできることを増やすというか、みんなで共通理解を持って試合に臨めるように、あの試合で出たエラーをこの試合でチャレンジしていきたいです。

MF #25 木下桃香 選手(日テレ・東京ヴェルディベレーザ)
前回の初のなでしこの活動では、アピールできたという実感はあまりなかったので、今回呼ばれたことには驚きました。今回もせっかくチャンスをもらったからには、しっかりアピールしていい準備をしたいと思います。1か月前までは自分がなでしこジャパンに呼ばれるとはまったく思っていなかったので、東京オリンピックは少し他人事のように感じていましたし、割って入れる場所とは思っていませんでした。このように活動に選ばれていく中で、もちろん意識はするようになりましたし、チャンスが有るのなら滑り込んででも入っていきたいという思いがあります。

国際親善試合

なでしこジャパン(日本女子代表)対 パラグアイ女子代表
開催日:
2021年4月8日(木)  16:30キックオフ(予定)
会場:宮城/ユアテックスタジアム仙台

大会情報はこちら

なでしこジャパン(日本女子代表)対 パナマ女子代表
開催日:
2021年4月11日(日)  13:30キックオフ(予定)
会場:東京/国立競技場

大会情報はこちら

アーカイブ

OFFICIAL PARTNER

OFFICIAL SUPPLIER

SUPPORTING COMPANIES

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー