JFA.jp

JFA.jp

EN

NADESHIKO JAPAN

年代・カテゴリーを選ぶ

表示したいカテゴリーを
以下から選択してください。

1.年
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
2.年代別
  • SAMURAI
    BLUE
  • U-23
  • U-22
  • U-21
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • NADESHIKO
    JAPAN
  • U-23
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • フットサル
    (男子)
  • U-25フットサル
    (男子)
  • U-20フットサル
    (男子)
  • U-19フットサル
    (男子)
  • U-18フットサル
    (男子)
  • フットサル
    (女子)
  • U-18フットサル
    (女子)
  • ビーチサッカー
ホーム > なでしこジャパン > アルガルベカップ2015 > 最新ニュース一覧 > FPFアルガルベカップ2015 なでしこジャパン、デンマークを相手に2-1で敗れる

ニュース

FPFアルガルベカップ2015 なでしこジャパン、デンマークを相手に2-1で敗れる

2015年03月05日

FPFアルガルベカップ2015 なでしこジャパン、デンマークを相手に2-1で敗れる

FPFアルガルベカップ2015
2015年3月4日(水) 14:10キックオフ 試合時間 90分
Bela Vista Municipal Stadium(ポルトガル/パルシャル)

なでしこジャパン(日本女子代表)1-2 (前半1-1、後半0-1) デンマーク女子代表

得点
2分   失点(デンマーク女子代表)
17分 安藤梢(なでしこジャパン)
58分 失点(デンマーク女子代表)

スターティングメンバー
GK:山根恵里奈
DF:近賀ゆかり、岩清水梓、熊谷紗希、鮫島彩
MF:阪口夢穂、安藤梢、宮間あや、川澄奈穂美
FW:大野忍、大儀見優季

サブメンバー
GK:福元美穂、海堀あゆみ
DF:上尾野辺めぐみ、有吉佐織、川村優理
MF:宇津木瑠美、田中明日菜、上辻佑実、永里亜紗乃
FW:髙瀬愛実、横山久美、菅澤優衣香

交代
HT  安藤梢 → 永里亜紗乃
68分 大野忍 → 菅澤優衣香
83分 川澄奈穂美 → 髙瀬愛実
83分 近賀ゆかり → 有吉佐織
84分 阪口夢穂 → 宇津木瑠美

マッチレポート

日本は試合開始早々2分、ゴール前の混戦からこぼれたボールを決められ、先制を許します。17分、左サイドの川澄選手からのマイナスのボールを大儀見選手がシュート。ポストにはね返されますが、この日右サイドハーフに入っていた安藤選手が落ち着いて決め、同点に追いつきます。試合の流れを引き寄せたい日本は32分、宮間選手からのパスに抜けだした大儀見選手がシュートを放つなど攻撃の糸口をつかもうとしますが、チャンスを多く作り出す状況を作れません。38分にはディフェンスラインのパスを奪われて一気にゴール前へ持ち込まれるなど、ヒヤリとした場面を作られます。後半に入ってからもなかなかリズムを取り戻せない日本は58分、左サイドからクロスを上げられると、これをゴール前でダイレクトに決められてしまいます。試合はこのまま終了。2015年の初戦となったアルガルベカップ開幕戦を黒星でスタートすることになりました。

グループステージ第2戦は中1日で行われるポルトガル戦。3月6日(金)12:10(日本時間21:10)キックオフです。

監督・選手コメント

佐々木則夫 監督
デンマークのカウンターやプレッシャーは予想通りではありましたが、プレスが来たときにパスミスが出て、相手の勢いに対してもその流れを変えることができませんでした。1得点は挙げることができましたが、同点にする能力が今はまだない、と反省するしかありません。ワールドカップに向けて学ぶべきことが多くありましたし、「負」の経験ではありますが、今後どれだけこの反省を活かしてやるかにかかっています。2戦目は絶対に負けられませんので、切り替えて、全員がしっかりと準備をして一戦一戦やっていきます。

DF  4   熊谷紗希 選手(オリンピック・リヨン)
立ち上がりの一番注意しなければいけない時間帯に失点してしまい、後ろがしっかりしなくてはいけなかったと感じています。一人一人が各クラブで出来ることが異なるなかで、集まったときに「いかにチームになれるか」だと思います。試合のあとの反省も大事ですが、90分のなかでいかに修正するかが大切。負けは決して良くないですが、次につなげなくてはいけません。この3試合を無駄にせず、成長して、チームとしてより良くできるように取り組んでいきます。

MF  8   宮間あや 選手(岡山湯郷Belle)
カウンターを受けるシーンやゲームの入り方を、チームとしておさえられていなかったと思います。練習の中で課題も出ていたところでしたが、失点をしてしまいました。もう少し攻撃の質を高め、守備のリスク管理をしなければいけませんでした。ミスだけではなく、ズレもあったので、今後修正を図っていきます。負けてしまっては何にもなりませんが、下を向いていても仕方がありません。まだ時間はありますので、今日の反省点を活かしていきたいと思います。

FW  17   大儀見優季 選手(VfLウォルフスブルク)
トレーニングで感じていたことが、試合で出てしまいました。パスであったり、イメージのズレであったり、選手同士が互いに細かい部分で共通したイメージを描けていなかったことが、最終的にゴールにつながらなかった原因だと思います。

MF  7   安藤梢 選手(1.FFCフランクフルト)
初戦を勝ちに行ったなかでこうした結果になってしまい、課題の残る試合となりました。積極的にいこう、と試合に入りましたが、立ち上がりが上手くいきませんでした。チームとしてもっと質を上げ、前からの守備ではボールを取り切ることに取り組みたいです。試合は続きますので、今日の反省をつなげていきたいと思います。

MF  23   永里亜紗乃 選手(1.FFCトゥルビーネ・ポツダム)
同点の場面で試合に入りましたが、得点を決められず、もっとチャンスも作らなければいけませんでしたので、自分自身がまだまだだなと思いました。前半はベンチから見ていてデンマークのDFラインが高かったので、どう裏にボールを出すかが勝負と思っていました。大儀見選手の動き出しは速いので、見落としたらもったいない、と思って臨みました。今日はミスもあって上手くいかないこともありましたが、もう一度チームで話をして、新たな気持ちでポルトガル戦へ向かいたいです。自分が前から行くことによって、チームが勢いづけばと思います。

スケジュール

FPFアルガルベカップ2015
3月4日(水) 1-2 vs  デンマーク   @Bela Vista Munic Stadium - Parchal
3月5日(木) AM/PM トレーニング
3月6日(金) 12:10 vs  ポルトガル   @Algarve Stadium
3月7日(土) AM/PM トレーニング
3月8日(日) AM/PM トレーニング
3月9日(月) 14:10 vs  フランス   @Bela Vista Munic Stadium - Parchal
3月10日(火) AM/PM トレーニング
14:30 決勝前記者会見(決勝出場チーム監督+主将登壇)
3月11日(水) 12:15 順位決定戦   @Algarve Stadium

*現地時間

アーカイブ
日本代表
NEWS メニュー

OFFICIAL PARTNER

OFFICIAL SUPPLIER

SUPPORTING COMPANIES

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー
年代・カテゴリーを選ぶ

表示したいカテゴリーを
以下から選択してください。

1.年
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
2.年代別
  • SAMURAI
    BLUE
  • U-23
  • U-22
  • U-21
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • NADESHIKO
    JAPAN
  • U-23
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • フットサル
    (男子)
  • U-25フットサル
    (男子)
  • U-20フットサル
    (男子)
  • U-19フットサル
    (男子)
  • U-18フットサル
    (男子)
  • フットサル
    (女子)
  • U-18フットサル
    (女子)
  • ビーチサッカー