JFA.jp

JFA.jp

EN

NADESHIKO JAPAN

年代・カテゴリーを選ぶ

表示したいカテゴリーを
以下から選択してください。

1.年
  • 2021年
  • 2020年
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
2.年代別
  • SAMURAI
    BLUE
  • U-24
  • U-23
  • U-22
  • U-21
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • NADESHIKO
    JAPAN
  • U-23
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • フットサル
    (男子)
  • U-25フットサル
    (男子)
  • U-20フットサル
    (男子)
  • U-19フットサル
    (男子)
  • U-18フットサル
    (男子)
  • フットサル
    (女子)
  • U-18フットサル
    (女子)
  • ビーチサッカー
  • eスポーツ・サッカー

ニュース

なでしこジャパン 決勝に向け準備開始

2014年05月24日

なでしこジャパン 決勝に向け準備開始

AFC女子アジアカップ準決勝の延長戦での勝利から一夜明け、なでしこジャパンは中2日で行われる決勝戦に向けて準備を開始しました。
準決勝にスタメン出場した選手たちは宿舎でリカバリーを、それ以外の選手たちはグランドで約1時間強、ミニゲームなどで汗を流しました。中国戦に120分出場した福元選手もグランドに帯同し、自らのリカバリーをこなしながら、ドリンクのサポートを行ったり、選手たちに声をかけてトレーニングを盛り上げました。

夕方にはチーム全体でビデオミーティングを行い、翌日の最終調整に向けた意識合わせを図りました。
アジアカップ決勝戦の舞台を知るのは、2001年大会に出場していた澤選手のみです。多くの選手にとって初めてとなる一戦を前に、24日は午前中、ベトナムでの最後のトレーニングを行います。

選手コメント

菅澤優衣香 選手(ジェフユナイテッド市原・千葉レディース)
やっと決勝に行けるので、チーム一丸となって優勝したいです。宿舎ではトレーニングでのゲーム形式の映像や試合映像を見ながら、選手間のミーティングを行い、修正するところなどを確認しています。決勝に出場するチャンスがあれば、必ずシュートを狙って、ゴールを決めたい。優勝を狙いつつ、頑張ります。

木龍七瀬 選手(スカイブルーFC)
昨日は途中交代となりましたが、ああいう悔しい思いを二度としないよう、一試合一試合やりたいと思います。勝てて良かったです。決勝戦でチャンスがあったら結果を残したいですし、どこで出ても、ボールを持ったらゴールに近づきたい。自分ができることでチームに貢献できたらと思いますし、自分ができることをやり抜きたいです。疲労感は感じていません。チームで得点を取って、優勝したいです。

スケジュール

なでしこジャパン WORLD MATCH
5月8日(木) 2-1 vs ニュージーランド女子代表
(キンチョウスタジアム)
 
AFC女子アジアカップベトナム2014
5月14日(水) 2-2 vs オーストラリア女子代表
(Thong Nhat Stadium)
 
5月16日(金) 4-0 vs ベトナム女子代表
(Thong Nhat Stadium)
 
5月18日(日) 7-0 vs ヨルダン女子代表
(Binh Duong Stadium)
 
5月22日(木) 2-1 準決勝 vs 中国女子代表
(Thong Nhat Stadium)
 
5月25日(日) 20:15 キックオフ
(日本時間 22:15)
決勝 vs オーストラリア女子代表
(Thong Nhat Stadium)
LIVE
テレビ朝日系列 5/25(日) 22:00 ~ 0:15
NHK-BS1 5/25(日) 21:55 ~ 0:50  
アーカイブ
日本代表
NEWS メニュー

OFFICIAL PARTNER

OFFICIAL SUPPLIER

SUPPORTING COMPANIES

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー