JFA.jp

JFA.jp

EN

NADESHIKO JAPAN

年代・カテゴリーを選ぶ

表示したいカテゴリーを
以下から選択してください。

1.年
  • 2021年
  • 2020年
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
2.年代別
  • SAMURAI
    BLUE
  • U-24
  • U-23
  • U-22
  • U-21
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • NADESHIKO
    JAPAN
  • U-23
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • フットサル
    (男子)
  • U-25フットサル
    (男子)
  • U-20フットサル
    (男子)
  • U-19フットサル
    (男子)
  • U-18フットサル
    (男子)
  • フットサル
    (女子)
  • U-18フットサル
    (女子)
  • ビーチサッカー
  • eスポーツ・サッカー
ホーム > なでしこジャパン > AFC女子アジアカップベトナム2014 TOP > 最新ニュース一覧 > なでしこジャパン 女子アジアカップがいよいよ開幕

ニュース

なでしこジャパン 女子アジアカップがいよいよ開幕

2014年05月14日

なでしこジャパン 女子アジアカップがいよいよ開幕

AFC女子アジアカップ ベトナム 2014の開幕を14日に控え、なでしこジャパンは午前中にホーチミン市内のグラウンドで最終調整を行いました。気温が高いなかでの調整とあって、短い時間のなかでキックや連携を確認しました。

午後には開幕前記者会見が市内ホテルで開かれ、佐々木監督が登壇しました。ベトナムやタイをはじめとする各国メディアが100名以上集まり、賑わいを見せていました。ヨルダン女子代表を率いる沖山雅彦監督の「FIFA理事会でヒジャブの着用が認められて初めての公式戦。今後、西アジア、イスラム圏の女子サッカーは大きく発展するだろう。私たちの活躍により発展は加速すると思うので代表して戦いたい」というコメントが印象的でした。

ベトナム入りしてから5日。なでしこジャパンは攻撃での仕掛けやタイミングをグラウンド上で合わせてきましたが、守備面でも、「ニュージーランド戦よりもいいラインを」と岩清水選手が話すように、ビデオミーティング等で修正を図ってきました。

1981年に日本女子代表が結成され、初めての国際試合はこのアジアカップの前身である第4回アジア女子選手権でした。以降、これまで13回大会に出場し、最高順位は準優勝。「この大会で優勝したい。初戦に勝って勢いをつけたい」という岩清水選手のコメントは全選手の思いでもあります。

初戦は前回覇者のオーストラリア。14日(水)20:15(日本時間22:15)キックオフです。

コメント

大儀見優季選手(チェルシーレディースFC)
合流する前から「暑い」とは聞いていましたが、動けないわけではないので、この環境を楽しみたいです。運動量の調節やどこでどう動き出すか、90分の使い方や水分の摂り方が大事です。ピッチも普段とは違いますので、パスの質や強さに気をつけて、考えながらプレーする必要があります。コンディションはいい状態ですし、合流したばかりですが、90分出るつもりで準備を進めます。
これまではディフェンスの背後からの得点パターンが多かったですが、相手の前で受けかけひきでゴールまでつなげるような新しいイメージのゴールも生み出したい。今まで以上に自分自身にチャレンジして、いいかたちでゴールできるようにと思っています。
簡単にはいきませんが、自分たちのサッカー、相手が嫌がるサッカーをして、自分たちの力を出し切りたいです。

佐々木則夫 なでしこジャパン監督
まだ獲ったことのないアジアカップのタイトル。チーム一丸となって優勝を目指して戦いたいと思います。経験のある選手に加えて、今回は経験の少ない選手も多くエントリーしていますが我々の目標や思いは変わりません。
初戦は、両チームともにポイントとなる試合。オーストラリアはスタイルとしては欧米のサッカーに近く、前線にスピードある選手を持つ警戒すべき相手です。ちょっとしたことで勝負は決まってきますから、しっかりと集中して臨みます。

アレン・スタイチッチ オーストラリア女子代表監督
ワールドカップの出場権を獲得し、トロフィーを持ち帰ること、またいい内容で勝つことを目標としています。出場チームのどれもがこの数年で非常に力を伸ばしています。もちろん日本も、一人のキープレーヤーを見つけるのが難しいほど、多くのいい選手が揃っています。2011年のワールドカップで見せたモダンなサッカーは多くのチームが追随するものです。明日は難しい試合になりますが、こうしたチームと対戦できることを嬉しく思います。

スケジュール

5月8日(木) 2-1 なでしこジャパン WORLD MATCH
vsニュージーランド女子代表
(キンチョウスタジアム)
 
5月14日(水) 20:15 AFC女子アジアカップベトナム2014
vsオーストラリア女子代表
(Thong Nhat Stadium)
LIVE
テレビ朝日系列 5/14(水)22:05~翌0:15
NHK-BS1 5/14(水)22:00~翌0:15
5月16日(金) 20:15 AFC女子アジアカップベトナム2014
vsベトナム女子代表
(Thong Nhat Stadium)
LIVE
テレビ朝日系列 5/16(金)22:05~翌0:15
NHK-BS1 5/16(金)22:00~翌0:15
5月18日(日) 19:15 AFC女子アジアカップベトナム2014
vsヨルダン女子代表
(Binh Duong Stadium)
LIVE
テレビ朝日系列 5/18(日) 21:00~23:12
NHK-BS1 5/18(日)21:00~23:15
5月22日(木) 17:15/20:45 AFC女子アジアカップベトナム2014
準決勝
(Thong Nhat Stadium)
 
5月25日(日) 16:45/20:15 AFC女子アジアカップベトナム2014
3位決定戦/決勝
(Thong Nhat Stadium)
 

※5/13~ 時間は現地時間

アーカイブ
日本代表
NEWS メニュー

OFFICIAL PARTNER

OFFICIAL SUPPLIER

SUPPORTING COMPANIES

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー