JFA.jp

JFA.jp

EN

NADESHIKO JAPAN

年代・カテゴリーを選ぶ

表示したいカテゴリーを
以下から選択してください。

1.年
  • 2021年
  • 2020年
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
2.年代別
  • SAMURAI
    BLUE
  • U-24
  • U-23
  • U-22
  • U-21
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • NADESHIKO
    JAPAN
  • U-23
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • フットサル
    (男子)
  • U-25フットサル
    (男子)
  • U-20フットサル
    (男子)
  • U-19フットサル
    (男子)
  • U-18フットサル
    (男子)
  • フットサル
    (女子)
  • U-18フットサル
    (女子)
  • ビーチサッカー
  • eスポーツ・サッカー
ホーム > なでしこジャパン > 国際親善試合 > 最新ニュース一覧 > なでしこジャパン、フレッシュな顔ぶれに ~6月アメリカ2連戦メンバー発表~

ニュース

なでしこジャパン、フレッシュな顔ぶれに ~6月アメリカ2連戦メンバー発表~

2016年05月21日

なでしこジャパン、フレッシュな顔ぶれに ~6月アメリカ2連戦メンバー発表~

なでしこジャパン(日本女子代表)の高倉麻子新監督は5月20日(金)、初陣となる来月のアメリカでの同国女子代表との国際親善試合2連戦へ臨む代表メンバーを発表。今春のリオデジャネイロオリンピックアジア最終予選のメンバーから10人が入れ替わり、初選出の5人が加わるフレッシュな顔ぶれになりました。

試合は第1戦が現地時間6月2日(木)にコロラド州デンバー、第2戦が同5日(日)にオハイオ州クリーブランドにて行われます。

初選出はGK池田咲紀子選手(浦和レッズディース)、DF佐々木繭選手(ベガルタ仙台レディース)、MF高木ひかり選手(ノジマステラ神奈川相模原)、MF中里優選手(日テレ・ベレーザ)、MF千葉園子選手(ASハリマアルビオン)で、池田選手以外は今年3月のラ・マンガU-23国際女子大会を経ての選出です。また、2月末からのオリンピック最終予選で台頭したFW横山久美選手(AC長野パルセイロ・レディース)も選ばれました。

FIFA女子ワールドカップ カナダ2015の準優勝メンバーからはFW大儀見優季選手(1.FFCフランクフルト)、MF阪口夢穂選手(日テレ・ベレーザ)、DF熊谷紗希選手(オリンピック・リヨン)ら9人が名を連ねましたが、MF宮間あや選手はコンディション不良で辞退しました。

なでしこジャパンの新指揮官に就任した高倉監督は、今回の選考について経験豊富な選手については「少しでも伸びている選手」、新しい選手については「期待できるパフォーマンスをしている選手」を選んだと説明。今後も代表メンバー選出の条件として「テクニックがあってクレバー、走力があり、チームのために戦うことができて、代表への思いが強い」ことを求めると明らかにしました。

また、「特定の選手に頼るチーム作りはしない」とした上で、「その選手がいないとチームが成り立たないと思わせるくらいに力を付けて欲しい」と話し、選手の奮起に期待を寄せています。

アメリカはFIFAランク1位。今夏のリオデジャネイロオリンピックへ向けて準備を進めているところです。両者の対戦は昨年のFIFA女子ワールドカップ カナダ2015での決勝で日本が2-5で敗れて以来で、通算対戦成績は日本の1勝6分け24敗です。

チームは5月30日(月)に集合してアメリカへ出発。コロラドで2日間のトレーニングを経て2日(木)の初戦へ臨みます。

高倉監督は、「新しいなでしこの出発にアメリカと対戦できることを非常に嬉しく思う。コロラドは高地だが準備期間がなく、時差もある中での試合になるが、サッカーというのは思いがけない要素が出てくるもの。結果を恐れずにぶつかっていきたい」と話しています。

監督コメント

高倉麻子 なでしこジャパン(日本女子代表)監督
なでしこジャパンは未来に向かって進んでいます。ここまで常連だった選手に関しては最近少しでも伸びている選手、新しい選手に関しては非常に良いものを持ち、期待できるパフォーマンスをしていて、コンディションの良い選手を選びました。キャプテンを誰に任せるかは、現地へ入って選手と話しをして決めたいと考えています。また、阪口選手は代表戦で通算100試合に出場し、最高峰のレベルを持っています。より自覚を持って引っ張ってほしいと期待を込めて10番を付けてもらうことにしました。

アメリカはオリンピックへ向けて万全の体制ですが、日本は新しい体制で準備期間がなく、高地コロラドへの対策も十分できずに時差もあるなど難しい条件が多いなかでの戦いになります。ですが、サッカーというのは思いがけない要素が出てくるものです。私も含めてスタッフや選手の対応力を発揮するには良い機会だと思うので、結果を恐れずに思い切ってぶつかっていきたいと思います。

アメリカとは昨年のワールドカップ決勝であのような結果になりましたが、FK、CK以外ではそれほどやられているという感覚はないので、うまく相手をいなしながら自分たちのペースになるまで我慢して戦いたいと思っています。また、選手の特長を出して、2試合のなかで1つでも点を獲る良い形が出てくればいいと考えています。

JFA-TV

スケジュール

5月31日(火) AM/PM トレーニング
6月1日(水) AM/PM トレーニング
6月2日(木) 19:30 国際親善試合
vs アメリカ女子代表(Dick’s Sporting Goods Park)
6月3日(金) PM トレーニング
6月4日(土) AM/PM トレーニング
6月5日(日) 13:00 国際親善試合
vs アメリカ女子代表(FirstEnergy Stadium)

※時間はすべて現地時間。
※スケジュールは、チームのコンディションや天候等により急きょ変更する場合があります。

アーカイブ
日本代表
NEWS メニュー

OFFICIAL PARTNER

OFFICIAL SUPPLIER

SUPPORTING COMPANIES

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー