JFA.jp

JFA.jp

EN
ホーム > 大会・試合 > U-16 インターナショナルドリームカップ2015 JAPAN Presented by JFA > 最新ニュース一覧 > U-16インターナショナルドリームカップ2015 JAPAN 日本大勝発進!チリはPK戦でフランスを制す!

ニュース

U-16インターナショナルドリームカップ2015 JAPAN 日本大勝発進!チリはPK戦でフランスを制す!

2015年06月25日

U-16インターナショナルドリームカップ2015 JAPAN 日本大勝発進!チリはPK戦でフランスを制す!

U-16世代の強化を目的に、今年より創設したU-16インターナショナルドリームカップ2015 JAPAN Presented by JFAが24日、大阪・J-GREEN堺で幕を開けました。

開幕戦となったU-16日本代表対U-16コスタリカ代表の一戦は16分、コスタリカゴール前でパスを受けた中村駿太選手が急激なスピードアップで一気にDFラインを置き去りにして、冷静にオープニングゴールを決めてリードを奪い試合の主導権を握ると、後半に一挙6ゴールを奪い、7-0と大勝しました。

続いて行われたU-16フランス代表対U-16チリ代表の試合は16分、ミカエル・キュイザンス選手からのパスを受けたカルバン・シルンバ選手がゴールを決めて、フランスが先制します。チリはカウンターからゴールを狙い続けますが、ゴールを奪えないまま時間は経過し、後半もロスタイムに突入。90+2分、フランス陣内右サイドでチリがフリーキックを得ると、ホセ・アギレラ選手がゴール前にボールを送ります。このボールをイグナシオ・タピア選手が頭で合わせ、同点に追いついたところでタイムアップ。今大会のレギュレーションにより、試合はPK戦へ。同点ゴールの勢いそのままにチリがこのPK戦も制し、激闘にピリオドを打ちました。

初戦を終え、U-16日本代表が首位スタート。リーグ戦形式で行う今大会は26日にJ-GREEN堺で、28日にキンチョウスタジアムで2試合ずつ行い、最終順位を決定します。

監督コメント

森山佳郎 監督(U-16日本代表)
思わぬ形で得点を重ねることができました。ラッキーな部分もありましたが、スタートとしては上々かと思います。

DFリーダーの橋岡を中心に本当に良く頑張って、相手にほとんどチャンスを与えなかったこと、そして前線からボールを回してくれたことも良かったと思います。
チリ、フランスを相手に気を引き締めて、チャレンジャーの気持ちで試合に臨み、個々の武器を出して躍動感のあるサッカーをしたいなと思っています。"

エルナン・カプット 監督(U-16チリ代表)
素晴らしいチームと対戦することができました。攻撃時も守備時も規律を持ってプレーすることが必要でした。得点のチャンスは数度しかないと予想していたので、試合前から我慢強く戦うことを選手たちに求めました。

チャンスは必ず来るから、そこをしっかりと決めようと伝えており、最後にそれが現実となりました。実際は引き分けのようなものですが、1歳上のチームを相手にこれだけ戦えたということで今日は非常に満足しています。

この後、日本、コスタリカと対戦が続きますので、引き続き良いパフォーマンスを出せるよう頑張ります。

JFA-TV

U-16フランス代表 vs U-16チリ代表 ハイライト

U-16日本代表 vs U-16コスタリカ代表 ハイライト

マッチスケジュール

Match Day 1
6月24日(水)@ J-GREEN堺メインフィールド 【S1】

U-16日本代表   7-0   U-16コスタリカ代表
U-16フランス代表   1-1(PK戦 6-7)   U-16チリ代表

Match Day 2
6月26日(金)@ J-GREEN堺メインフィールド 【S1】

14:30キックオフ(予定) U-16日本代表  vs U-16チリ代表  
17:00キックオフ(予定) U-16フランス代表 vs U-16コスタリカ代表

Match Day 3
6月28日(日)@ キンチョウスタジアム

12:30キックオフ(予定) U-16チリ代表 vs U-16コスタリカ代表
15:00キックオフ(予定) U-16日本代表 vs U-16フランス代表

※全ての試合が無料で観戦できます。

アーカイブ
大会・試合
NEWS メニュー

OFFICIAL PARTNER

OFFICIAL SUPPLIER

SUPPORTING COMPANIES

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー