JFA.jp

JFA.jp

EN
ホーム > 大会・試合 > 高円宮杯 JFA U-18サッカープレミアリーグ 2021 TOP > 最新ニュース一覧 > 熱戦必至の“高体連対決”や“横浜ダービー”に注目 高円宮杯 JFA U-18サッカープレミアリーグ2021第6節
アイリスオーヤマ
トヨタ
ニチバン
モルテン
国内競技会開催事業

ニュース

熱戦必至の“高体連対決”や“横浜ダービー”に注目 高円宮杯 JFA U-18サッカープレミアリーグ2021第6節

アイリスオーヤマ
トヨタ
ニチバン
モルテン
国内競技会開催事業

2021年05月13日

熱戦必至の“高体連対決”や“横浜ダービー”に注目 高円宮杯 JFA U-18サッカープレミアリーグ2021第6節

高円宮杯 JFA U-18サッカープレミアリーグ2021は、5月16日(日)に第6節を開催します。

EAST

市立船橋高校(千葉)は、大宮アルディージャU18(埼玉)をホームに迎えての一戦です。開幕から未勝利が続いた市立船橋ですが、前節の横浜F・マリノスユース(神奈川)戦では待望の初勝利を掴みました。今節もDF小笠原広将選手(#4)を中心とした手堅い守備からチャンスを生かし、2勝目を狙います。

4位の流通経済大学付属柏高校(千葉)はチームの伝統である速攻に加え、後方からパスで崩すスタイルも備えているのが今季の特徴です。首位・青森山田高校(青森)と対戦する今節はここまでEAST最少失点を誇る青森山田の堅守を崩せるかが、ポイントです。試合の主導権を握るためにも、MF松本洋汰選手(#10)ら中盤の選手の奮闘が欠かせません。

第2節以降、先制点を許す展開が続いているのが横浜FMです。第4節と第5節は立ち上がりの早い時間帯での失点が響き、自分たちのペースで試合を進めることができず、連敗を喫しました。横浜FCユース(神奈川)との“横浜ダービー”に挑む今節は、攻守両面で戦う姿勢を示し、試合序盤から優位な展開に持ち込みたいところです。

柏レイソルU-18(千葉)は、浦和レッドダイヤモンズユース(埼玉)と対戦します。6位に位置する柏は、前節の清水エスパルスユース(静岡)戦で4失点を許すなど、守備の安定さを欠き、勝点を逃すゲームが続いています。DF田中隼人選手(#4)を中心とした守りで、今季初の無失点に抑えられるか注目です。

なお、緊急事態宣言の発令を受け、清水エスパルスユース(静岡)対FC東京U-18(東京)は延期となっています。

WEST

WESTでは6都府県に発令された緊急事態宣言を受け、セレッソ大阪U-18(大阪)対ヴィッセル神戸U-18(兵庫)、ガンバ大阪ユース(大阪)対サンフレッチェ広島F.Cユース(広島)、ジュビロ磐田U-18(静岡)対サガン鳥栖U-18(佐賀)、京都サンガF.C. U-18(京都)対東福岡高校(福岡)、大津高校(熊本)対名古屋グランパスU-18(愛知)の全5試合の延期が決定しました。延期となった試合の代替日に関しましては、決まり次第お知らせします。

大会期間:2021年4月3日(土)~2021年12月5日(日)

大会情報はこちら

アーカイブ

過去の大会はこちら

JFA Youth & Development
Official Partner

  • トヨタ自動車株式会社
  • ニチバン株式会社
  • 株式会社モルテン

JFA Youth & Development Programme(JYD)

  • JFA Youth & Development Programme(JYD)

大会公式Twitter

  • 大会ハッシュタグ #高円宮U18
JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー