JFA.jp

JFA.jp

EN
ホーム > 大会・試合 > 高円宮杯 JFA 第31回全日本U-15サッカー選手権大会 TOP > 最新ニュース一覧 > G大阪が7大会ぶり4度目の大会制覇 高円宮杯 JFA 第31回全日本U-15サッカー選手権大会
トヨタ
ニチバン
明治
モルテン
国内競技会開催事業

ニュース

G大阪が7大会ぶり4度目の大会制覇 高円宮杯 JFA 第31回全日本U-15サッカー選手権大会

トヨタ
ニチバン
明治
モルテン
国内競技会開催事業

2019年12月29日

G大阪が7大会ぶり4度目の大会制覇 高円宮杯 JFA 第31回全日本U-15サッカー選手権大会

高円宮杯 JFA 第31回全日本U-15サッカー選手権大会は12月28日(土)、東京・味の素フィールド西が丘で決勝が行われ、ガンバ大阪ジュニアユース(関西2/大阪)が7大会ぶり4度目の優勝を果たしました。

幅広くボールを動かそうとするサガン鳥栖U-15(九州1/佐賀)と、強力な2トップを擁して縦に迫力のある攻撃を見せるG大阪の緊張感あふれる決勝は、開始4分で試合が動きました。自陣からのロングパスに反応したG大阪の背番号11、鈴木大翔選手は相手の動きをよく見てセンターバックの後ろに抜け、GKが前に出た一瞬を逃さず、ループシュート。相手GKの頭上を抜く鮮やかなゴールで、G大阪に貴重な先制点をもたらしました。

守備の組織を崩さず全体で連動してスライドし、機を見ればボール奪取にかかるG大阪は22分、速い攻撃でさらにリードを広げます。左サイドからのクロスを南野遥海選手がペナルティーエリア手前で受けると、1タッチで中央へボールを動かして左足でシュート。この一撃がポストを叩きつつゴールとなりました。前半はシュート4本ながら2トップが得点力を見せつけたG大阪が2点リードでハーフタイムに入りました。

後半に入ると、鳥栖が反撃に向けてゴールを狙っていきます。アンカーの福井太智選手がさらに下がり、前半以上に低く速い弾道でG大阪の守備を左右に揺さぶり、スペースをつくろうとする時間が続きました。高い位置を取ろうとするサイドバックと連動した動きで、特に左サイドで選手がフリーでボールを持つシーンが増えていきます。そうして左クロスから右ウイングの浦十藏選手がシュートに持ち込む場面も生まれますが、49分はクロスバーを強く叩き、63分にはGKの好守に阻まれます。72分にもゴール右で好機を迎えますが、ポストにはじかれました。

2点差があるG大阪はボールの奪いどころを見極めて冷静にプレーを続け、素早く反撃に移ると、67分には名願斗哉選手の左45度の位置からのファーサイドを狙ったシュートがポストを叩いて鳥栖の肝を冷やしました。こうして試合の流れをコントロールしたG大阪が反撃のゴールを許すことなく、今大会5試合で4回目の完封勝利で優勝を手にしました。

監督・選手コメント

梅津博徳 監督(ガンバ大阪ジュニアユース)
このチームを指導するようになって3年目で、このタイトルを取れて良かったと思います。3年間の積み上げがあったし、一つの勝利に向かって戦うという姿勢を見せられたので、勝利にふさわしいゲームをして勝てたと思います。もう少し警戒して最終ラインが下がってしまうかなと思ったのですが、良い対応をしていました。そのおかげで、少し高い位置でボールを奪ってのカウンターなど、うちの強みを出せたと思います。ただ、ガンバとしては3点、4点と取っていくことが大事なので、まだまだ改善すべき点があります。引き続き、次のステージで頑張ってもらいたいと思います、

鈴木大翔 選手(ガンバ大阪ジュニアユース)
先制点の場面はキーパーの位置を見て、落ち着いて判断して、シュートを打てました。この大会では、チームが勝てていたから良かったけど、点を取らないといけないと思っていたので、僕にとって大きなゴールでした。決勝ではチーム一丸となって全員で勝つことを考え、また僕も点を取ってチームを勝たせられるようにと考えました。だから、めちゃくちゃうれしいです。ジュニアユースでは、もっと点を取りたかったという思いはあります。ユースに上がっても、1年生から試合に出られるように、普段の練習から頑張りたいと思います。

森惠佑 監督(サガン鳥栖U-15)
80分の試合の中で、主導権を握れる良い時間帯も多くありました。慌てず、ピッチを幅広く使いながら、相手のラインの間を空けるということはできていて、さらに後半は攻めの枚数を変化させてボールの出口を多くして、前進できていました。それでもポストに嫌われたり、ゴールを決め切れないというのは、最後のクオリティーが足りなかったと思います。夏のクラブユース選手権優勝は勢いも働いたと思いますが、1回戦から接戦が多かった今大会では、冷静にプレーすることで成長ぶりを見せてくれたと思います。

福井太智 選手(サガン鳥栖U-15)
やっぱり優勝したかったです。内容的には劣っていなかったと思いますが、警戒していた相手の決定力を抑えられなかったのが一番の敗因だと思います。逆に僕たちは、自分たちのサッカーはできていましたが、決定力が足りませんでした。夏にクラブユース選手権で優勝して一番変化したのは気持ちの面です。サッカーもよりレベルアップさせて、2冠達成へ全員の気持ちが一つになっていました。この大会ではやり切れた部分も多かったし、悔しさも大きいですが、最後は胸を張っていこうと思います。

高円宮杯 JFA 第31回全日本U-15 サッカー選手権大会

大会期間:2019年12月21日(土)~2019年12月28日(土)
会場:
1回戦~準々決勝

コーエィ前橋フットボールセンター(群馬県)、前橋総合運動公園群馬電工陸上競技・サッカー場(群馬県)、J-GREEN堺(大阪府)
準決勝~決勝
味の素フィールド西が丘(東京都)

大会情報はこちら

アーカイブ

過去の大会はこちら

JFA Youth & Development
Official Partner

  • アイリスオーヤマ株式会社
  • トヨタ自動車株式会社
  • ニチバン株式会社
  • 株式会社モルテン

JFA Youth & Development Programme(JYD)

  • JFA Youth & Development Programme(JYD)
JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー