btn_page_top sp_btn_page_top
ホーム > 大会・試合 > 高円宮杯U-18サッカーリーグ2017 > 最新ニュース一覧 > FC東京が2点差を逆転して初優勝! 高円宮杯U-18サッカーリーグ2017 チャンピオンシップ

ニュース

FC東京が2点差を逆転して初優勝! 高円宮杯U-18サッカーリーグ2017 チャンピオンシップ

2017年12月18日

FC東京が2点差を逆転して初優勝! 高円宮杯U-18サッカーリーグ2017 チャンピオンシップ

FC東京U-18 3-2(前半0-2、後半2-0、延長前半1-0、延長後半0-0)ヴィッセル神戸U-18

U-18年代の男子サッカーチーム日本一決定戦、高円宮杯U-18サッカーリーグ2017 チャンピオンシップが12月17日(日)、埼玉スタジアム2002で開催され、プレミアリーグEASTを制したFC東京U-18(東京)と、WEST王者のヴィッセル神戸U-18(兵庫)が対戦しました。

立ち上がりこそ一進一退の展開となりますが、野田知監督が「中盤の勝負」と予測し、対策を練った神戸が徐々に試合の主導権を握ります。チーム最多の9得点を挙げた佐々木大樹選手(MF #13)を中心に相手を押し込んでいくと、18分、前川智敬選手(DF #2)が右サイドからロングスローを入れ、ゴール前で右田楓選手(DF #20)が頭ですらし、最後は泉柊椰選手(FW #11)のヘディングシュートで先制に成功します。

32分に後方からのロングパスで相手の最終ラインを抜け出した佐々木選手がゴールに迫りますが、FC東京の長谷川光基選手(DF #4)に倒され、PKを獲得。それを佐々木選手が落ち着いてゴール右に決めて神戸はリードを2点に広げます。その後も神戸はロングボールを有効に使いながら、セカンドボールもことごとく回収し、優位に試合を進めました。

反撃に出たいFC東京は、ハーフタイムに佐藤一樹監督が「このままでいいのか」と選手たちに檄を飛ばし、後半開始と同時に左サイドバックに草住晃之介選手(DF #24)、右サイドバックにけがからの復帰戦となるキャプテン岡庭愁人選手(DF #5)をピッチに送り出します。すると、この選手交代で試合の風向きが変わります。

後半開始からわずか1分後、左サイドから草住選手がペナルティーエリア内へロングスローを入れると、品田愛斗選手(MF #18)が倒されPKを獲得。このPKを「相手をよく見て蹴れた」と振り返る品田選手が冷静に決め、1点差に詰め寄ります。さらにFC東京は53分に再び草住選手がチャンスをつくり出します。ドリブルで左サイド深くまで駆け上がってクロスを入れると、ファーサイドで吉田和拓(FW #13)がワンバウンドのボールを頭で合わせてゴールネットを揺らしました。

試合が振り出しに戻ると、再び神戸が攻めに出ます。しかし、63分の泉選手、89分の佐々木選手の決定的なシュートはいずれもFC東京のGK高瀬和楠選手(#16)のビッグセーブに阻まれるなど、チャンスをつくるものの、決めることができず、90分が終了。前後半10分ずつの延長戦に突入します。

延長戦でも神戸が勢いよく攻める中、FC東京にチャンスが訪れたのは、CKから何度も決定機をつくり出していた品田選手が足をつって交代した直後でした。品田選手に替わって蹴った岡庭選手の右CKを長谷川選手がピンポイントで合わせ、延長前半の終了間際にFC東京が逆転に成功します。残りの時間、FC東京は相手陣内のコーナー付近でボールをキープするなど失点のリスクを抑え、リードを保ったまま試合は終了。110分間の激闘の末、FC東京が逆転勝利で大会初優勝を果たし、第41回 日本クラブユースサッカー選手権(U-18)大会に続き2冠を達成しました。

試合詳細はこちら

監督・選手コメント

佐藤一樹 監督(FC東京U-18)
FC東京としては(高円宮杯U-18は)優勝がなかった大会で、今回優勝できたことは、選手たちが素晴らしい日々の積み上げ、生き様を表現して、なおかつ結果が得られたということで、彼らにとって素晴らしい成功体験になったと思います。高円宮杯U-18は長丁場のリーグ戦です。日本クラブユースサッカー選手権(U-18)大会やJユースカップは短期決戦なので、チームの勢いを出せれば、優勝できる確率はゼロではない大会。この高円宮杯は年間をとおしてリーグのチャンピオンになって、最後にこのチャンピオンシップがあります。本当に全員で戦わないと勝ちきれない、ごまかしが利かない大会で本当に別格だと感じます。本当に日本一と胸を張って言えるのはこの大会だと思っています。

DF #4 長谷川光基 選手(FC東京U-18)
PKを与えてしまった瞬間は、これで負けてしまったら自分のせい、仲間に申し訳ないなという気持ちでしたが、そういうときにみんなの笑顔だったり、声掛けが助けてくれました。ハーフタイムには篠原(新汰)選手(DF #3)が「気にするな」と言ってくれて、佐藤一樹監督も大きな声で激励してくれました。それで一回気持ちをリセットすることができました。いつもCKを蹴っている品田選手は、相手が嫌がる速いボールを蹴るのですが、岡庭選手は味方の合わせやすいボールで、マークだけ外せれば決められると思っていました。蹴る前からいけそうな雰囲気がありました。あの時たまたまマークが外れたところに、ピンポイントでいいボールが来たので、流し込むだけでした。自分が失点に関わって、逆転できた試合はあまり経験がなかったのですが、この大舞台で経験できました。失点は良いことではないですが、自分の中では良い財産になったと思います。

DF #5 岡庭愁人 選手(FC東京U-18)
前半、ベンチから見ていて後ろが少し重く、ボールを保持する機会がない状態でした。みんなの特長を生かせるように、テンポと攻撃の間合い、時間をつくることを意識してピッチに立ちました。自分自身、2カ月ほどサッカーをしていなかった状態で、うまくいかないこともありましたが、声を掛けたり、自分の特長である攻撃参加でチームを変えることができたと思います。CKはいつもは品田選手が蹴っているのですが、品田選手とは小学生の時から一緒にプレーしてきて、キックはいつも彼のほうが上です。でも自分もキックの精度は特長なので、絶対にアシストしてやろうと、気持ちを込めて蹴りました。

野田知 監督(ヴィッセル神戸U-18)
中盤でいかにボールを保持して相手を押し込むか、逆にFC東京に中盤を握られると押し込まれる展開になると思っていたので、中盤のところが勝負だと思っていました。いつもはサイドの選手が張っているのですが、今日は少しダイヤモンドの形で、中盤の主導権を握りにいき、前半はうまくいったと思います。一番痛かったのは後半開始早々にPKで失点してしまったこと。そこは悔やまれますが、延長戦を含めた110分間、選手たちは最後まで一生懸命戦ってくれたので、彼らを誇りに思います。今シーズンが始まったときには不安しかなかったチームですが、この大舞台に連れてきてもらえて感謝しています。

MF #13 佐々木大樹 選手(ヴィッセル神戸U-18)
チームを勝たせることができず残念です。前半はテンションも高くて、運動量、ハードワークもできて、良い入りができましたが、勝負強さで負けたのかなと思います。ハーフタイムに監督から「2点差が一番危ない。ここで締めていこう」という話がありましたが、結果的にやられてしまって悔しいです。今年の一年間はヴィッセルのエースナンバーである13番を着けられて、徐々にチームを勝たせられるような選手に少しは近づけたと思います。今日の舞台を経験できたのは大きいと思います。この経験が無駄にならないように、プロでも走れて得点が取れるように頑張っていきたいです。

高円宮杯U-18サッカーリーグ2017 チャンピオンシップ

2017年12月17日(日) 13:00 キックオフ
FC東京U-18(EAST王者)vs ヴィッセル神戸U-18(WEST王者)
埼玉/埼玉スタジアム2002
大会情報はこちら

アーカイブ
大会・試合
NEWS メニュー

JFA Youth & Development
Official Partner

  • 株式会社ナイキジャパン

JFA Youth & Development
Official Supporter

  • トヨタ自動車株式会社
  • ニチバン株式会社
  • 株式会社 明治

JFA Youth & Development
Official Provider

  • 株式会社モルテン

JFA Youth & Development Programme(JYD)

  • JFA Youth & Development Programme(JYD)

JFA.jp SITEMAP