JFA.jp

JFA.jp

EN
ホーム > 大会・試合 > 高円宮杯第29回全日本ユース(U-15)サッカー選手権大会 > 最新ニュース一覧 > 高円宮杯第29回全日本ユース(U-15)サッカー選手権大会 PK戦の末に勝利した鳥栖が初優勝!

ニュース

高円宮杯第29回全日本ユース(U-15)サッカー選手権大会 PK戦の末に勝利した鳥栖が初優勝!

2017年12月29日

高円宮杯第29回全日本ユース(U-15)サッカー選手権大会 PK戦の末に勝利した鳥栖が初優勝!

「高円宮杯第29回全日本ユース(U-15)サッカー選手権大会」は12月28日(木)、東京・味の素フィールド西が丘で決勝が行われ、サガン鳥栖U-15(九州1)がFC東京U-15深川(関東2)にPK戦の末に勝利し、大会初優勝を決めました。

サガン鳥栖U-15 2-2(前半1-1、後半0-0、延長前半0-0、延長後半1-1、PK6-5)FC東京U-15深川

夏のクラブユースサッカー選手権(U-15)大会に続く今季2冠を狙う鳥栖と、優勝した2014年以来となる決勝で3度目の優勝を目指すFC東京深川の対戦は、開始2分で試合が動きました。リードしたのは鳥栖。インターセプトした西村洸大選手からの縦パスを受けた田中禅選手が少し距離のあるところから思い切って右足を一閃。シュートはFC東京深川GK熊倉匠選手に弾かれますが、勢いのままにゴール隅へと転がり込みました。

先制点が生まれた後も、両チームとも緊張感のある展開が続きました。FC東京深川は鳥栖の守備網をくぐり抜ける攻撃の迫力がなかなか出ません。やや遠目からでも積極的にシュートを放つ鳥栖が、勢いに乗りかけていきました。

前半半ばを過ぎた25分、試合の雰囲気にも慣れてきたFC東京深川の安斎颯馬選手が約30メートルのロングシュートを狙います。36分には、ゴール前でのワンツーパスから、安田虎士朗選手のループシュートがクロスバーわずか上に外れます。するとその1分後、混戦からの縦パスに抜け出した青木友佑選手が、1タッチで鳥栖GKの頭上を打ち抜きます。なかなか相手の裏に抜け出すことができずにいたFC東京深川のエースFWが、貴重な同点ゴールを決めました。

後半に入り、落ち着きを取り戻したFC東京深川は相手ゴール前でも冷静にボールを動かし、52分には青木選手の迫力あるドリブルから、安斎選手がゴールわずか右に外れるシュートへつなげました。先制点を挙げた鳥栖の田中禅選手に仕事をさせまいと、守備陣も懸命にプレーを続けました。両チームともに球際での激しさが増していきますが、スコアは動かず延長戦へと入りました。

延長戦で最初にチャンスをつかんだのは鳥栖でした。88分、パスを受けた田中禅選手がボックス内でうまく相手DFをかわして、シュートへと持ち込みます。しかし、この一撃はGK熊倉選手が伸ばした左足に防がれました。

延長後半、序盤とはまた違った緊張感の中で時計の針が進みます。残り時間が5分を切ったところでついにゴールが生まれました。96分、FC東京深川の安斎選手が長いFKをボックス内に送ると、青木選手がヘディングで折り返し。ゴール前の低いボールに、丁寧に頭で合わせにいった常盤亨太選手が貴重な勝ち越し点を決めました。

鳥栖は最後まであきらめず、アディショナルタイムにもシュートにまで持ち込みます。その一撃も最後はGKに抑えられますが、次の瞬間に予期せぬことが起こります。立ち上がったGKが、地面に置いたボールを再び手で持ってしまったのです。思いもよらない形で間接FKを獲得すると、千代島瞬選手が力いっぱい蹴ったFKのこぼれ球を、交代出場していた坂口眞汐選手が押し込みました。

劇的な展開でもつれ込んだPK戦でも、ドラマは続きました。同点後にPK戦のスペシャリストとして投入された鳥栖のGK永田優斗選手が5本のPKのうち4本の方向を読んでいきます。いずれもキックがゴール隅に決まったためにストップはできませんでしたが、互いに1本ずつ外した7本目で、ついにPKをセーブ。試合は鳥栖の劇的な勝利で幕を閉じました。

試合詳細はこちら

監督・選手コメント

田中智宗 監督(サガン鳥栖U-15)
リスクを負わないようにと、堅い展開になることは予想していました。開始早々の得点は良かった反面、早すぎるとも思いました。延長後半に点を取られた時には、本当にどうなるかなと思いましたが、最後の最後のワンプレーで取り返し、PK戦の末に勝ち切り、本当に選手たちのたくましたとすごさを感じ、感動しました。PK戦用に交代したGKなど、ベンチを含めてチーム一丸となって勝利をつかんだと思います。ただ、2冠を取ったことで変なプライドや満足感が出るのなら、勝たない方がよかっただろうと思います。やってきたことがこういう風に実を結ぶんだという自信や、将来の成長へとつながるなら、本当に良かったと思います。サッカー人生はここからの方が長いと思うので、その点を本当に大事にしてほしいなと思います。

末次晃也 選手(サガン鳥栖U-15)
ピッチ外でも、「忘れ物をしない」などといった一見プレーと関係ないことでも、試合での「あと一歩」や、五分五分の試合を決める要素につながると、1年生の頃から監督に言われてきました。今日の試合でも延長後半に先制されても、ベンチやベンチ外の選手からもたくさんの声が聞こえて、「ここで折れたら何にもならない」と思い、諦めませんでした。夏にクラブユースで優勝した後、一度チームがバラバラになりそうな時もありました。本当に難しかったのですが、もう一回頂点を取ろうと意思統一してから、一つになって戦ってこられました。抜けた選手がいたことで当初は不安もありましたが、自分が埋めてやるという意識が出てきて、逆境をバネにできました。その激しいチーム内競争が成長につながりました。

太田匡人 監督(FC東京U-15深川)
相手のエースのことは警戒していたのですが、ゲームに入れないうちに失点して、ゲームへの入り方を難しくしてしまいました。それでもリズムを取り戻して、前半のうちによく1点返しました。そのゴールは、ホットラインから生まれたものだし、2点目も毎日練習してきたように、低いボールでも頭で合わせて、気持ちで押し込んでくれました。しっかりブロックを形成して、体を張って守ってくれた点は、すごく成長したなと、うれしく思います。個人の成長を意識して練習してきました。それでも鳥栖の粘り強さや勝負強さの部分で負けたことが本当に悔しいですが、選手はよく頑張りました。メンバー外の選手も、チームの勝利のために貢献してくれました。選手たちには、これを忘れずに、(プロとして)味の素スタジアムに戻ってこいと伝えてあります。

常盤亨太 選手(FC東京U-15深川)
さすがに決勝はいつもより少し硬い印象で、難しさもありましたが、自分たちのサッカーは出せたと思います。延長戦に入って残り5分で得点できた時には、これでいけるかなと思いつつ、気を抜いたらやられてしまうと思って、喜び過ぎないようにしました。夏も決勝トーナメント初戦で負けてしまい、これが勝負の大会だと思っていましたが、こんなしびれるゲームになるとは予想していませんでした。結果的に負けましたが、上には上がいるということが分かりました。優勝には届きませんでしたが、これもプロになる過程です。この悔しさをバネにできれば、また自分が一つ成長できると思うので、そういう意味では良い大会になったと思います。

JFA-TV

決勝 サガン鳥栖U-15 vs FC東京U-15深川

高円宮杯第29回全日本ユース(U-15)サッカー選手権大会

大会期間:2017年12月16日(土)~2017年12月28日(木)
会場:1回戦~準々決勝:茨城県内会場 / 準決勝~決勝:味の素フィールド西が丘(東京都)
大会情報はこちら

アーカイブ
大会・試合
NEWS メニュー
  • 大会トップ
  • 大会要項
  • 日程・結果
  • チーム紹介
  • イベント
  • 会場アクセス
  • 観戦ルール・マナー
  • TV放送/JFA-TV
  • 歴代優勝チーム一覧
  • 地域リーグ/プレーオフ
  • 大会プログラムオンライン販売
  • JFAの理念

    サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
    人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

    JFAの理念・ビジョン・バリュー