JFA.jp

JFA.jp

EN
ホーム > 大会・試合 > 皇后杯 JFA 第41回全日本女子サッカー選手権大会 TOP > 最新ニュース一覧 > 日テレ、I神戸など準決勝に進出 ~皇后杯JFA第41回全日本女子サッカー選手権大会~
トヨタ
ニチバン
明治
モルテン
JFAアカデミー

ニュース

日テレ、I神戸など準決勝に進出 ~皇后杯JFA第41回全日本女子サッカー選手権大会~

トヨタ
ニチバン
明治
モルテン
JFAアカデミー

2019年12月09日

日テレ、I神戸など準決勝に進出 ~皇后杯JFA第41回全日本女子サッカー選手権大会~

皇后杯JFA 第41回全日本女子サッカー選手権大会は、12月8日(日)に準々決勝の4試合を行いました。愛知県のパロマ瑞穂スタジアムでは、日テレ・ベレーザ(なでしこ1部/東京)と日体大FIELDS横浜(なでしこ1部/神奈川)、INAC神戸レオネッサ(なでしこ1部/兵庫)とノジマステラ神奈川相模原(なでしこ1部/神奈川)が、ベスト4への切符をかけて対戦しました。

ピックアップマッチ1

日テレ・ベレーザ 5-0(前半3-0、後半2-0)日体大FIELDS横浜

パロマ瑞穂スタジアムの第1試合は、前回女王の日テレと、F日体大との対戦です。日テレは、11月23日(土・祝)の2回戦から、韓国での国際大会を挟み、この準々決勝まで15日間で6試合を消化するスケジュールにも関わらず、キックオフから疲れを感じさせない出足で、ゲームを支配します。

3分、土光真代選手の正確なフィードから田中美南選手がシュート。左ポストに当たって戻ってきたボールを菅野奏音選手が詰め、早々に先制します。勢いに乗る日テレは9分、再び土光選手のパスを受けた田中選手が、今度は自ら決めて追加点。田中選手は22分にも左クロスからヘディングシュート、GKがセーブしたこぼれ球を押し込みます。

これに対してF日体大は、日テレのゲーム回しに翻弄され、なかなかボールを持つことができません。前半終了間際に、日テレ出身のキャプテン・嶋田千秋選手のコーナーキックから橋谷優里選手が頭で合わせようとしますが、日テレの守備陣もしっかりとブロック。後半も、茨木美都葉選手らが懸命の食い下がりを見せますが、シュートシーンを生み出せません。

逆に日テレは、59分に小林里歌子選手、試合終了間際にはゴール正面の守備ブロックを攻略した長谷川唯選手が加点。最終スコア5-0で勝利した日テレは、準決勝でちふれASエルフェン埼玉(なでしこ2部/埼玉)と対戦します。

ピックアップマッチ2

INAC神戸レオネッサ 1-0(前半0-0、後半1-0)ノジマステラ神奈川相模原

準々決勝最後の試合に登場したのは、I神戸とノジマ。序盤はノジマが勢いで上回りますが、20分過ぎに岩渕真奈選手がシュートを放ったあたりから、一気にI神戸へ流れが傾いていきます。それでも、ノジマも体を張った守備で応戦し、得点を許しません。前半は両チーム無得点で折り返しました。

後半に入ってもなかなかゴールをこじ開けられないI神戸でしたが、得点力不足を打開するために練習してきたセットプレーから先制点を奪います。59分、中島依美選手のCKにニアサイドへ飛び込んだ三宅史織選手が左足で合わせます。貴重な1点はI神戸にもたらされました。

試合終盤にはノジマも反撃。アディショナルタイムには相手陣内のセットプレーで、キック力のあるGK森田有加里選手をプレースキッカーとするパワープレー。そのこぼれ球から、北方沙映選手、國武愛美選手、大賀理紗子選手らがゴールを狙いますが、I神戸のディフェンスに阻まれます。

結局、I神戸が、虎の子の1点を守り切り、3試合連続の無失点勝利。準決勝へ向かう切符を獲得しました。準決勝では、浦和レッズレディース(なでしこ1部/埼玉)と対戦します。

選手コメント

土光真代 選手(日テレ・ベレーザ)
今日は攻撃よりも、守備のリスク管理を中心におこなおうとしましたが、100%できたとは言えません。(攻撃では1、2点目の起点に)ベレーザは足下でつなぐのが上手ですが、1本のロングボールで打開するというのは、意識をしています。F日体大の最終ラインが高いので、田中選手と「狙って行こう」というのは話していました。(日程が詰まっているが)疲れはありません。水曜日の3回戦で途中交代したのが本当に悔しかったくらいです。

嶋田千秋 選手(日体大FIELDS横浜)
(日テレを相手に)リーグ戦とカップ戦では、前から行ったり、引いて守ったり、いろいろとやってきて、今日はそのどちらかというより、相手の状況を見て判断していこうとしました。立ち上がりの2点はもったいない感じでしたが、攻撃の部分では徐々にできることが増えてきましたし、結果は出ませんでしたがチームの成長を感じました。みんなが成長してくれたおかげで、ここまで来られた。「連れてきてもらったな」と思っています。

三宅史織 選手(INAC神戸レオネッサ)
(ゴールは)頭ではなく、足だったので「入るかな」と思いましたが、(中島選手からの)ボールがとても良かったので、ちょっと触るだけでした。なかなか点がとれていなかったので「何かを変えていかなくちゃ点は取れない」という思いはありました。私たちのチームには競り合いに強い人が多く、昔からニアでもファーでもセットプレーは強かった。そこで点を取れたことは大きいと思いますし、今後につながる勝利だったかなと思います。

松原有沙 選手(ノジマステラ神奈川相模原)
「この試合に勝ってメダルを取りに行こう」と話をして、全員が高いモチベーションで挑めていました。結果につながらず、とても残念です。ミスからバタついて本来の攻めができず、ピンチを招いて、相手にずっとボールを回されている状態でした。それでもゴール前では全員が体を張って守り、流れの中からは失点しませんでした。それが成長と、気持ちの表れだと思います。それだけに、あの1本で負けたのは本当に悔しいですね。

開催期間:2019/11/2(土)~2019/12/29(日)
【1回戦】2019年11月2日(土)・3日(日)
【2回戦】11月23日(土)・24日(日)
【3回戦】11月30(土)・12月1日(日)
【準々決勝】12月8日(日)
【準決勝】12月22日(日)
【決勝】12月29日(日)

大会情報はこちら

アーカイブ

過去の大会はこちら

JFA Youth & Development
Official Partner

  • アイリスオーヤマ株式会社
  • トヨタ自動車株式会社
  • ニチバン株式会社
  • 株式会社モルテン

JFA Youth & Development Programme(JYD)

  • JFA Youth & Development Programme(JYD)
JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー