JFA.jp

JFA.jp

EN
ホーム > JFA Youth & Development Programme(JYD) > 最新ニュース一覧 > 第99回天皇杯 決勝 ヴィッセル神戸、鹿島に2-0で勝利しクラブ史上初のタイトル獲得
トヨタ
ニチバン
モルテン
国内競技会開催事業

ニュース

第99回天皇杯 決勝 ヴィッセル神戸、鹿島に2-0で勝利しクラブ史上初のタイトル獲得

トヨタ
ニチバン
モルテン
国内競技会開催事業

2020年01月02日

第99回天皇杯 決勝 ヴィッセル神戸、鹿島に2-0で勝利しクラブ史上初のタイトル獲得

11月末に完成した新しい国立競技場で最初のスポーツ公式戦として開催された決勝は、ヴィッセル神戸が鹿島アントラーズに2-0で完勝し、初優勝を遂げました。クラブ史上初のタイトルをもたらしたトルステン・フィンク監督は「すごくうれしい。この優勝を楽しみたい」と喜びました。
互いに探り合うような静かな立ち上がりから、徐々に神戸が主導権を握りました。アンドレス・イニエスタ選手の絶妙なパスなどでリズムをつくると、先制点は18分。左サイドからルーカス・ポドルスキ選手が切れ込んで放ったシュートをGKがはじき、そのボールがDFに当たってゴールに吸い込まれました。

追加点は藤本憲明選手。38分、右サイドの西大伍選手からのクロスを相手がクリアミス、それを左足で押し込みました。日本フットボールリーグ(JFL)からJ3、J2、J1と活躍の場を上げ、天皇杯の決勝までたどり着いた苦労人は「自分がここまで来られると思ってなかった。うれしい」と、言葉に実感を込めました。

後半は押し込まれる時間を耐え、終盤にはこの試合を最後に引退するダビド・ビジャ選手もピッチに立ちました。ともにスペイン代表としてワールドカップ(W杯)も制したイニエスタ選手は「(ビジャ選手の)最後をいい形で終えられたことを喜んでいる」と感慨深そうに話しました。

監督・選手コメント

トルステン・フィンク 監督(ヴィッセル神戸)
今日は前半がとても良かったと思います。我々の思うような形のプレーができ、良い時間帯に得点することができました。後半に入り、ディフェンシブになり過ぎたこともあり、相手が3バックに変更してから多くの問題が起きました。それでも、3点目を決めるチャンスをつくりましたし、結果的に2-0で勝てたことに本当に満足しています。クラブ創設25年になりますが、今日、タイトルを獲得できたことを誇りに思います。新しい国立競技場での初の公式試合で勝利できた歴史的な瞬間を、私は一生忘れないでしょう。

アンドレス・イニエスタ 選手(ヴィッセル神戸)
個人、クラブ、そして神戸の人々にとってとても特別な日になりました。1年間、タイトルを獲得するために頑張ってきたので本当にうれしいです。(タイトル獲得には)チームの成長が重要な要素だったと思いますし、これがクラブにとって一つの分岐点になると思います。今は喜びに浸っていますが、ここから切り替えて来シーズンに向けてしっかりと休み、リフレッシュして新たなモチベーションでチームの強化を続けていかなければなりません。まずはJリーグで強いチームであるということが一番大事です。Jリーグで活躍できれば、カップ戦やAFCチャンピオンズリーグでも良いパフォーマンスが発揮できるはずです。

大岩剛 監督(鹿島アントラーズ)
非常に残念な結果ですが、選手たちには「最後までしっかりと戦ってくれたことを評価しているし、感謝している」と伝えました。前半はとても難しい展開になってしまいましたが、前半の戦いが全てだったと思います。後半は、サイドを起点とした仕掛けを徹底し、よく盛り返してくれましたが、勝つことができませんでした。私は退任することになりますが、これまで鹿島アントラーズという大きなクラブで指揮を執るプレッシャーを感じながらも責任を果たすという強い気持ちで取り組んできました。悔しさも喜びもある中で自信を持つことができました。これからもこの経験を生かしていきたいと思っています。

永木亮太 選手(鹿島アントラーズ)
相手のやりたいようにやられて、自分たちはほとんど何もできずに失点してしまった。それが全てだったと思います。後半、フォーメーションを変更してうまくいったところもありますが、追い付く力が足りなかった。ふがいなく、情けない気持ちでいっぱいです。ここまで良い練習もできていましたし、選手は強い気持ちで試合に臨んでいましたが、今日は力負けしたということだと思います。今シーズンは無冠に終わってしまいました。この結果を選手一人一人が自分たちの責任として重く受け止め、それをばねにして来シーズンに向けて取り組んでいかなければなりません。

【1回戦】5月25日(土)、26日(日)
【2回戦】7月3日(水)、10日(水)
【3回戦】8月14日(水)
【ラウンド16(4回戦)】9月18日(水)、25(水)
【準々決勝】10月23日(水)
【準決勝】12月21日(土)
【決勝】2020年1月1日(水・祝)

大会情報はこちら

アーカイブ

JFA Youth & Development
Official Partner

  • アイリスオーヤマ株式会社
  • トヨタ自動車株式会社
  • ニチバン株式会社
  • 株式会社モルテン

JFA Youth & Development
Technical Partner

  • キリンビバレッジ株式会社

JFA Youth & Development
Greenproject Partner

  • 東亜道路工業株式会社
  • 株式会社フジタ

JFA Youth & Development Programme(JYD)

  • JFA Youth & Development Programme(JYD)
JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー