JFA.jp

JFA.jp

EN

日本サッカー殿堂

掲額者

WILLIAM HAIGHWilliam HAIGH
特別選考 2008年第5回日本サッカー殿堂入り
WILLIAM  HAIGH
1891年3月14日 英国生まれ

1913年、英国大使館の通訳研修生(Student Interpreter)として来日。書記官補(Second Assistant)を経て、1920年より横浜副領事(Local Vice-Consul)。

英国大使館チームの一員としてプレーする一方で、1918年9月、英国大使館杯争奪リーグ(英国大使館チーム、東京蹴球団、東京高等師範学校など強豪チームが参加)を組織し、指導、運営の両面から支援するなど、日本サッカーの普及に寄与。

日本サッカーの発展を強く願っていた氏は、当時のグリーン在日英国大使に、全国大会優勝チームに授与するためのFA(イングランドサッカー協会)杯の寄贈を提案し、実現のために奔走した。これが契機となって1921年9月に大日本蹴球協会が創設され、全国優勝競技会(現天皇杯全日本選手権)が始まった。母国の英国においても、FA杯の寄贈は日英親善に貢献したとして高く評価されている。

また、FAの組織体制やFAカップ大会の運営方法の助言を行うなど、JFAの創設においても尽力。初代JFA賛助員の一人として名を連ねる。 1923年9月1日、領事館での執務中、関東大震災に被災し犠牲となった。氏の功績を称えるため、同年12月に追悼のサッカー大会が、また翌年には「ヘーグメモリアルカップ」が開催された。
享年32歳、横浜外国人墓地に眠る。

WILLIAM  HAIGH

関連情報
日本サッカー協会

JFA.jp SITEMAP

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー