btn_page_top sp_btn_page_top

日本サッカー殿堂

掲額者

山田 午郎YAMADA Goro
特別選考 2005年第1回日本サッカー殿堂入り
山田 午郎
1894年3月3日 福島県生まれ

青山師範学校(現東京学芸大学)卒業
1926年、朝日新聞運動部の記者となり、サッカーの普及・発展に健筆を振るう。サッカー記者の草分け的存在で、1939~1942年まで同運動部長をつとめる。

また、戦前から戦後にかけての長期にわたり、JFA機関誌『蹴球』の編集長をつとめる。
一方で、「朝日招待サッカー大会」の企画・運営に携わり、戦後は、同社の企画部員として、いち早く諸外国の有力チームを招聘するなど、わが国のサッカーの復興と強化にも尽力。
東京蹴球団創設者の一人であり、主将として、1921年第1回全国優勝競技会(現天皇杯全日本サッカー選手権大会)優勝を果たす。

第7回極東選手権大会(1925/マニラ)では監督をつとめる。
1924~1958年までJFA理事。途中、常務理事もつとめる。また、関東蹴球協会副会長、大日本体育協会理事等を歴任。
1958年没

山田 午郎

JFA
関連情報

JFA.jp SITEMAP