JFA.jp

JFA.jp

EN
ホーム > 選手育成 > JFAアカデミー TOP > JFAアカデミー福島 TOP > 最新ニュース一覧 > JFAアカデミー福島男子 ミニゲーム大会実施
トヨタ
ニチバン
明治
モルテン
JFAアカデミー

ニュース

JFAアカデミー福島男子 ミニゲーム大会実施

トヨタ
ニチバン
明治
モルテン
JFAアカデミー

2019年01月18日

JFAアカデミー福島男子 ミニゲーム大会実施

JFAアカデミー福島男子は1月13日(日)に選手・スタッフ合同でミニゲーム大会を実施しました。

このミニゲーム大会は選手のみで構成された委員会のメンバーを中心に企画され、全カテゴリーの選手が合同チームを組み、それにスタッフチームを加えた12チームで開催されました。

通常のトレーニングとは違い、リラックスした雰囲気で行われ、日頃一緒にプレーすることがないカテゴリーの選手たちとコミュニケーションをとる貴重な機会となりました。

また、高校3年生にとっては後輩たちとプレーする最後の機会でもあり、楽しくプレーしていました。これからは新シーズンに向けてトレーニングが再開されます。

選手コメント

木村壮太 選手(8期生:高3)
私たち高校3年生にとって最後のミニゲーム大会でした。日頃、一緒にプレーすることのない中学生の選手たちとチームを組み、楽しくプレーすることができました。ゲーム中は積極的に声を出し、プレーでもチームを引っ張ることを意識し、上位のリーグでゲームを行うことができました。今回で皆でプレーする機会は最後となりましたが、また次のステージで自らが頑張るとともに、また一緒にプレーできる日を楽しみにしたいと思います。

髙木一史 選手(9期生:高2)
帰寮した週の週末に文化委員会が企画してくれたミニゲーム大会を行いました。中学1年生から高校3年生までを11チームに分け、それにスタッフチームを加えた12チームで勝負しました。このミニゲーム大会では優勝チームに賞品があるということで、全選手が本気で挑み、とても白熱したミニゲーム大会となりました。最終的に私たちのチームは優勝できたのでとても嬉しかったです。また、他のカテゴリーの選手たちと仲を深める良い機会となりました。

外薗隆一 選手(9期生:高2)
新年最初の週末はミニゲーム大会で始まりました。今回のミニゲーム大会は高校3年生とプレーする最後の機会でもありました。また普段は一緒にプレーすることのないカテゴリーの選手たちとプレーし、皆でミニゲームを楽しむことができました。今シーズンは最高学年となり、最後のシーズンが始まります。これから気持ちを切り替えて、シーズン開幕に向けて準備していきたいです。

アーカイブ

JFA Youth & Development
Official Partner

  • トヨタ自動車株式会社
  • ニチバン株式会社
  • 株式会社 明治
  • 株式会社モルテン

JFA Youth & Development Programme(JYD)

  • JFA Youth & Development Programme(JYD)

 

  • toto
  • JFAアカデミー福島は、スポーツ振興くじ助成金を受けて実施しています。
JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー