JFA.jp

JFA.jp

EN
ホーム > JFA > 最新ニュース一覧 > 2018年度第7回理事会を開催

ニュース

2018年度第7回理事会を開催

2018年06月08日

2018年度第7回理事会を開催

日本サッカー協会(JFA)は6月7日(木)、JFAハウスで第7回理事会を開催しました。

本理事会では、JFA施設委員会のメンバーに、清水エスパルスの取締役副社長兼ゼネラルマネージャーの久米一正さんが加わることが決議され、承認されました。

施設委員会は久米さんに対し、JリーグやJクラブで得た知見や経験を生かしてほしいという考えで、今回新たに委員として選任しました。各自治体と連携を強化し、スタジアムやフットボールセンターなどの施設整備をさらに推進する働きかけが期待されています。

そのほか、朝岡隆蔵さん、増田功作さん、丸山良明さんの3名がS級コーチとして認定されました。現在、増田さんは横浜FCでヘッドコーチを務めており、朝岡さんは市立船橋高校サッカー部、丸山さんはセレッソ大阪西U-15のチームで指揮を執っています。これにより、S級コーチライセンス保持者は計468名となりました。

また、理事会の後、須原清貴専務理事から、6月13日に行われるFIFAコングレスで2026年のFIFAワールドカップの開催地が決定されることが伝えられたほか、審判委員長を務める小川佳実理事からは、今回のFIFAワールドカップで導入されるビデオアシスタントレフェリー(VAR)について映像を用いた説明がありました。

理事会の詳しい資料はこちらをご覧ください。

アーカイブ
JFA
NEWS メニュー

JFA.jp SITEMAP

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー