JFA.jp

JFA.jp

EN

日本サッカー殿堂

掲額者

賀川 太郎KAGAWA Taro
特別選考 2006年第2回日本サッカー殿堂入り
賀川 太郎
1922年8月9日 兵庫県生まれ

神戸経済大学(現神戸大学)卒業
神戸一中(現県立神戸高校)、神戸経済大学(現神戸大学)、田辺製薬、大阪クラブでプレー。神戸一中では、1938年第20回全国中等学校蹴球大会優勝、1939年度は主将として第10回明治神宮国民体育大会優勝を果たす。戦後、復学した神経大では1946年関西学生リーグ優勝。
1948年入社の田辺製薬では、1950年第3回全日本実業団選手権に優勝以来、1957年まで6連覇を含む優勝7回。その間、1950年の実業団選手権予選以来94戦93勝1分という無敗記録樹立に貢献、田辺製薬の黄金期を築いた。

また同時期、大阪クラブ(川本泰三氏の提唱により創設)では岩谷俊夫氏らとプレーし、天皇杯全日本選手権大会では1951年第31回大会から3年連続で決勝に進出した。

日本代表として、1951年第1回アジア競技大会(ニューデリー)、1954年同第2回大会(マニラ)、1954年ワールドカップスイス大会アジア予選に出場。レベルの高いボールテクニックと戦術眼を持ち、日本代表でも右ウィングの?田氏とのコンビで活躍。ベルリンオリンピック以降の戦前のサッカーの上昇期を知る選手として、戦後の混迷期に日本サッカーの存続と技術の向上に努力した世代の一人である。Aマッチ出場5試合。
1990年没

賀川 太郎

関連情報
JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー