btn_page_top sp_btn_page_top
ホーム > JFA > FIFAフットサルワールドカップ2020 日本招致 > 最新ニュース一覧 > 「FIFAフットサルワールドカップ2020」招致手順に関する同意書をFIFAに提出

ニュース

「FIFAフットサルワールドカップ2020」招致手順に関する同意書をFIFAに提出

2016年05月06日

公益財団法人日本サッカー協会はこの度、「FIFAフットサルワールドカップ2020」の招致手順に関する説明および条件に同意、署名し、国際サッカー連盟(FIFA)に提出いたしました。

「FIFAフットサルワールドカップ2020」においては、日本を含めた13の協会が招致の意思を表明したと4月5日付でFIFAが発表していますが、今回の同意書提出が正式な招致立候補となります。今後は、開催計画書を盛り込んだ招致ブックや招致に関する最終書類を8月5日までにFIFAに提出するべく、準備を進めてまいります。日本への招致成功は、日本およびアジアでのフットサルのさらなる普及、促進および強化につながります。

FIFAフットサルワールドカップは、1989年より開催されており、2020年大会は9回目となります。第8回大会は、本年9月10日から10月1日までコロンビアで開催されます。

FIFAフットサルワールドカップ2020 招致活動に関するスケジュール

2016年3月24日まで 「意思表明書」をFIFAに提出
2016年4月8日 FIFAが招致および開催に関する書類を意思表明国に送付
2016年5月6日まで 大会招致意思の再確認、基本条件への同意書をFIFAへ提出
2016年8月5日まで 招致及び開催に関する最終書類をFIFAへ提出
*開催合意書、開催都市合意書、政府保証書 等
2016年12月 FIFA評議会において開催国を指名
アーカイブ
JFA
NEWS メニュー

JFA.jp SITEMAP