JFA.jp

JFA.jp

EN
ホーム > 選手育成 > JFAアカデミー > 最新ニュース一覧 > JFAアカデミー福島男子11期生 イングランド遠征を実施

ニュース

JFAアカデミー福島男子11期生 イングランド遠征を実施

2018年08月07日

JFAアカデミー福島男子11期生 イングランド遠征を実施

JFAアカデミー福島11期生(中3)は、7月25日(水)から8月2日(木)までイングランド遠征を実施しました。

現地ではトレーニングマッチだけでなく試合観戦を行い、海外の文化に触れるためにロンドン市内を観光したり、たくさんのプログラムを行いました。

コーチコメント

廣山望 コーチ
イングランド滞在中の8日間は、ウエストハム・ユナイテッド、ワトフォードFC、トッテナム・ホットスパー、クイーンズ・パーク・レンジャーズとの連戦の後、最後にクリスタルパレスFCと試合を行いました。普段戦っている相手とは体格やプレーの特徴において違いがある中で、攻守において、日常取り組んできていることの成果と課題が多く得られる試合となりました。特に圧倒的なスピードを伴う突破力のある相手に対しての守備面では、多くの課題があがりました。試合の無い日には、宿舎からも程近いウィンザーの街や、ロンドンの街を観光しました。大英博物館では、前日の夜に展示物の事前調べと、グループ別のプレゼンテーションを行ったこともあり、世界中から来た様々な展示物を、積極的に見て回ることが出来ました。現地の文化や風土、多くの人や様々な価値観と触れ合い、11期生にとって実りの多い遠征になったと思います。

アカデミー生コメント

石山莞太郎 選手(中3:11期生)
5チームと試合をして、自分の長所であるスピードとドリブルを海外でも活かし、3得点することが出来ました。対戦したチームの選手は背が高く、身体がガッチリしていましたが、恐れずに戦うことが出来ました。チームとしては、8月15日(水)から始まるクラブユース選手権に向けて、試合への勝利の意識や、無失点に抑えるといった気持ちが強まりました。遠征での経験を活かして、「クラブユース優勝」という目標を達成したいです。

宮永羚進 選手(中3:11期生)
今回僕たちJFAアカデミー福島11期生は、イングランド遠征で現地の5チームと試合をすることが出来ました。4日目には、クイーンズ・パーク・レンジャーズと試合をし、4対3という結果でした。その後にクイーンズ・パーク・レンジャーズのトップチームの試合を見に行くことができました。攻撃的なポジションにはやはり身体能力の高い選手が多くいました。イングランドの下部組織のチームにも同じように攻撃的なポジションには身体能力の高い選手がいて、スピードや強さを活かした攻撃をしてきました。この才能は日本人はあまり持っていません。これから世界に出た時に、身体能力が違うという言い訳をするのではなく、その他の部分で勝てるようにトレーニングしていきたいと思いました。

松田隼風 選手(中3:11期生)
7月30日(月)はロンドン観光に行きました。そこでは、ビッグ・ベンやウェストミンスター寺院、大英博物館など、ロンドン独自の文化や雰囲気を知ることができました。特に、大英博物館は、世界一の博物館ということもあり中はとても広く、そこには、本物のモアイ像やミイラもありました。一日のみの観光でしたが、とても充実した最高の日になりました。

JFAアカデミーでは、現在2019年度入校生を募集中です。

詳細はこちらをご確認いただき、各締め切り日までにお手続きください。

【 応募締め切り日 】
JFAアカデミー福島 女子・堺・今治 8月8日(水) 15:00
JFAアカデミー福島 男子 [1次免除対象者] 8月23日(木) 15:00
JFAアカデミー熊本宇城   [免除なし] 9月6日(木) 15:00
[1次免除対象者] 9月6日(木) 15:00
[2次免除対象者] 10月31日(水) 15:00
アーカイブ
選手育成
NEWS メニュー

JFA Youth & Development
Official Partner

  • 株式会社ナイキジャパン

JFA Youth & Development
Official Supporter

  • トヨタ自動車株式会社
  • ニチバン株式会社
  • 株式会社 明治

JFA Youth & Development
Official Provider

  • 株式会社モルテン

JFA Youth & Development Programme(JYD)

 

  • toto
  • JFAアカデミー福島は、スポーツ振興くじ助成金を受けて実施しています。

JFA.jp SITEMAP

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー