JFA.jp

JFA.jp

EN

日本サッカー殿堂

掲額者

横山 謙三YOKOYAMA Kenzo
投票選考 2006年第3回日本サッカー殿堂入り
横山 謙三
1943年1月21日 東京都生まれ

埼玉県立川口高校、立教大学を経て三菱重工入り。
1961年高校3年の時にGKに転向し、同年第3回アジアユース大会に出場。大学在学中の1963年に日本代表初キャップ。1964年の第18回オリンピック競技大会(東京)、1968年の第19回大会(メキシコシティー)では全試合に出場し、終始安定したセービングと分析力でゴールを守り、東京オリンピックのベスト8、メキシコオリンピックの銅メダル獲得に貢献。また、アジア競技大会(1966年第5回大会では3位)、FIFAワールドカップメキシコ、西ドイツ両大会予選、ミュンヘンオリンピック予選などに出場し、1975年まで日本代表のGKとして活躍した。Aマッチ出場49試合。

JSL(三菱重工)では136試合出場(1966~77年)。1973~75年度主将。JSL1部では1969年度の初優勝を含む優勝2回。1971年度天皇杯全日本選手権優勝。年間優秀11人賞7回受賞。
1976~83年、三菱の監督をつとめ(1977年までは選手兼任)、JSL1部、JSLカップ、天皇杯ともに2回ずつの優勝を果たし、1978年度には三冠を達成。

1988年日本代表監督に就任し、1991年キリンカップ初優勝。1991~92年にはU-23日本代表の総監督を兼任し、代表の強化を図った。この間、JFA理事・強化委員長もつとめる。
1994年浦和レッズ監督、1995年同GM。その後、常務取締役・事業本部長を経て、取締役社長補佐。強化のみならず運営全般にも携わり、クラブ育成に尽力した。
2006年、埼玉県協会専務理事に就任。
関連情報
日本サッカー協会

JFA.jp SITEMAP

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー