JFA.jp

JFA.jp

EN

日本サッカー殿堂

掲額者

福島 玄一FUKUSHIMA Genichi
特別選考 2006年第2回日本サッカー殿堂入り
福島 玄一
1911年4月6日 宮城県生まれ

日本歯科医学専門学校(現日本歯科大学)卒業
東京府立第五中学校(現都立小石川高校)でサッカーをはじめ、日本歯科医学専門学校、第一生命等でプレー。

1936年第16回全日本選手権(兼第2回全日本総合選手権)で線審をつとめた、以後JFAの審判として活動し、審判技術の向上や審判界の組織化に多大な貢献をした。
1958~66年、1967~70年国際審判員。1961年第5回FIFA審判研修会(フィレンツェ)に出席。アジアユース大会やムルデカ大会等海外での審判経験も積み、1964年第18回オリンピック競技大会(東京)ではハンガリー対ユーゴスラビア戦の主審をつとめた。1969年、国際Aマッチ10試合以上という当時としては厳しい条件をクリアし、日本人初のFIFA審判特別功労賞(FIFA Referees’ Special Award)を受賞。JSL主審22試合(1965~70年)。

一方、審判委員会の設置や審判制度の確立に尽力し、1965~71年JFA理事・審判委員長をつとめた。また、審判指導員制度の充実にも力を注ぎ、後進の指導、育成に貢献。関東協会審判統制委員長、日本サッカー審判協会副会長等を歴任。
杉並区サッカー連盟会長、杉並区体育協会副会長をつとめ、地元杉並のサッカーの普及、発展にも大きく貢献。1984年には文部大臣より体育功労者表彰を受ける。
1994年没

福島 玄一

関連情報
日本サッカー協会

JFA.jp SITEMAP

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー