JFA.jp

JFA.jp

EN
ホーム > 選手育成 > 最新ニュース一覧 > 2018 JFAエリートプログラムU-14 フューチャーキャンプ東西 充実のキャンプを終了
NIKE
トヨタ
ニチバン
明治
トレセン関連事業

ニュース

2018 JFAエリートプログラムU-14 フューチャーキャンプ東西 充実のキャンプを終了

NIKE
トヨタ
ニチバン
明治
トレセン関連事業

2018年12月05日

2018 JFAエリートプログラムU-14 フューチャーキャンプ東西 充実のキャンプを終了

2018JFAエリートプログラムU-14フューチャーキャンプ東西は12月4日(火)、4日間の全日程を終了しました。

期間中は複数のトレーニングマッチを組み、徳島ヴォルティスジュニアユース、愛媛FC新居浜U-15、高知学園中学と全4試合を戦いました。結果は1勝2敗1分という悔しい結果となりました。

トレーニングマッチ毎に課題を抽出し、修正。試合をこなすごとに徐々に連携を深めてきました。またミーティングでは、日本代表で求められるものやドーピング、試合の振り返りなど、ピッチ外においても大きな刺激を受けた様子でした。最終日は紅白戦を実施し、キャンプの成果を確かめ、充実のキャンプを締めくくりました。

コーチ・選手コメント

遠藤善主 JFAナショナルトレセンU-14チーフコーチ
22名の選手達がトレーニングやゲーム、オフザピッチの活動を通じて徐々に成長していく姿がありました。初日はまだ緊張感のある中で自分の力を発揮できなかった選手も、最終日のゲームでは自分の特徴を活かしながら効果的なプレーを行っていました。また、ミーティングやディスカッションも積極的な意見交換を行う姿がありました。この4日間の変化は小さなものであったかもしてませんが、この変化を大切にしていくこと。常に世界基準を意識しながら日常の意識を変えていくこと、それを継続していくことが必要であると考えています。最後にトレーニングマッチを行っていただいた徳島ヴォルティスジュニアユース、愛媛FC新居浜U-15、高知中学校の選手・スタッフや各関係者の皆様に感謝申し上げます。

高橋宏冶 アシスタントコーチ(大阪市立市岡東中学校)
今回、JFA初の事業である「JFAエリートU14フューチャーキャンプ東西」にアシスタントコーチとして参加させて頂きました。これまで刺激の少なかった9月以降生まれの選手を招集しトレーニングを行いましたが、Jクラブ・街クラブ・中体連などのカテゴリーに関わらず、全国にはまだまだ様々な特徴を持った選手がたくさんいるいることを再確認しました。4日間のトレーニングでしたが、遠藤監督の言う、「当事者意識を持って動く」が意識できた選手の中には「OFFの動き・OFFのポジション」については劇的に変化する選手も見られました。
今回選出された選手達が日常のトレーニングから意識を高く持ち、継続させ、さらに良い選手なった数年後「代表選手」に成長している姿を楽しみにしています。このような将来、可能性を持った選手達にアプローチする今回の取り組みに関して非常に大きな意義を感じました。結果がすぐに見える事業ではないですが、継続することで大切だと感じました。最後になりましたが、キャンプに参加させて頂いたことを本当に感謝しております。この経験を地域に発信し、還元させて頂きます。本当にありがとうございました。

行徳瑛 選手(静岡学園中)
今回のエリートフューチャーキャンプでは、徳島ヴォルティスと高知学園中学との試合にセンターバックとボランチで出場しました。課題としては、ボールを持っていない時に何を考えるかです。それはミーティングや練習を行っていくごとに良くなっていきました。今回、学んだボールの無い時のポジショニングや考えることなどをチームでも生かしていきたいです。

高崎福人 選手(アルビレックスU15)
最初は、このチームで仲間としてやっていけるか不安でした。でも練習が始まるとみんなが声を出し、仲間に要求をしたりしてチームの雰囲気も良くなりました。2日目の試合では、このチームでの初めての試合でもあり、考えが合わずパスがズレたり、連携ミスで失点したり、内容がすごく悪かったです。でも、3日目の試合では、、2日目の試合を反省し、内容が良くなり勝利することが出来ました。個人では足りないことや通用することがわかって、すごく良い遠征になりました。

竹内諒太郎 選手(FCフェルボール愛知)
今回のエリートフューチャーキャンプでは、沢山の経験を得ることが出来ました。愛媛FCと高知学園中学と試合をし、ボールを持っていないオフの部分で、ポジションなどの沢山のことを考えてプレーしなければいけないということを改めて感じることが出来ました。また、自分達の課題に合った練習をすることで、良くないところの意識が変わりレベルアップすることができました。この4日間での経験をチームに還元していきたいです。

トレーニングマッチ

1試合目

2018年12月2日(日) キックオフ時間 14:00 試合時間 60分(30分ハーフ)
春野運動公園球技場(高知県/春野市)

JFAエリートプログラムU-14 フューチャー 0-2(前半0-1、後半0-1) 徳島ヴォルティスユース

得点
8分 失点(徳島ヴォルティスユース)
50分 失点(徳島ヴォルティスユース)

スターティングメンバー
GK:森脇真一
DF:大前慶悟、土肥幹太、行徳瑛、水倉慧
MF:岡山琉斗、高田蒼太、早坂優空、久保敬太
FW:高崎福人、小幡季生

サブメンバー
GK:木村和輝
DF:木本蒼翔、加藤大聖、竹内諒太郎、幕内実
MF:原田輝、早坂優志、武星弥、齋藤晴
FW:月折隼斗、髙橋隆大

2試合目

2018年12月2日(日) キックオフ時間 15:15 試合時間 60分(30分ハーフ)
春野運動公園球技場(高知県/春野市)

JFAエリートプログラムU-14 フューチャー 1-6(前半0-4、後半1-2) 愛媛FC新居浜ユース

得点
7分 失点(愛媛FC新居浜ユース)
15分 失点(愛媛FC新居浜ユース)
19分 失点(愛媛FC新居浜ユース)
27分 失点(愛媛FC新居浜ユース)
43分 失点(愛媛FC新居浜ユース)
47分 失点(愛媛FC新居浜ユース)
58分 月折隼斗(JFAエリートプログラムU-14 フューチャー)

スターティングメンバー
GK:木村和輝
DF:木本蒼翔、加藤大聖、竹内諒太郎、幕内実
MF:原田輝、早坂優志、武星弥、齋藤晴
FW:月折隼斗、髙橋隆大

サブメンバー
GK:森脇真一
DF:大前慶悟、土肥幹太、行徳瑛、水倉慧
MF:岡山琉斗、高田蒼太、早坂優空、久保敬太
FW:高崎福人、小幡季生

3試合目

2018年12月3日(月) キックオフ時間 14:00 試合時間 60分(30分ハーフ)
春野運動公園球技場(高知県/春野市)

JFAエリートプログラムU-14 フューチャー 0-0(前半0-0、後半0-0) 高知学園中学

スターティングメンバー
GK:木村和輝
DF:大前慶悟、木本蒼翔、行徳瑛、水倉慧
MF:早坂優志、幕内実、早坂優空、髙橋隆大
FW:齋藤晴、小幡季生

サブメンバー
GK:森脇真一
DF:武星弥、竹内諒太郎、土肥幹太、加藤大聖
MF:原田輝、岡山琉斗、久保敬太、高田蒼太
FW:月折隼斗、高崎福人

4試合目

2018年12月3日(月) キックオフ時間 15:00 試合時間 40分(20分ハーフ)
春野運動公園球技場(高知県/春野市)

JFAエリートプログラムU-14 フューチャー 1-0(前半0-0、後半1-0) 高知学園中学

得点
24分 月折隼斗(JFAエリートプログラムU-14 フューチャー)

スターティングメンバー
GK:森脇真一
DF:武星弥、竹内諒太郎、土肥幹太、加藤大聖
MF:原田輝、岡山琉斗、久保敬太、高田蒼太
FW:月折隼斗、高崎福人

サブメンバー
GK:木村和輝
DF:大前慶悟、木本蒼翔、行徳瑛、水倉慧
MF:早坂優志、幕内実、早坂優空、髙橋隆大
FW:齋藤晴、小幡季生

スケジュール

12月1日(土) PM トレーニング
12月2日(日) AM トレーニング
PM 練習試合
12月3日(月) AM トレーニング
PM 練習試合
12月4日(火) AM トレーニング

※スケジュールは、チームのコンディションや天候等により急きょ変更する場合があります。

アーカイブ
選手育成
NEWS メニュー

JFA Youth & Development
Official Partner

  • 株式会社ナイキジャパン

JFA Youth & Development
Official Supporter

  • トヨタ自動車株式会社
  • ニチバン株式会社
  • 株式会社 明治

JFA Youth & Development
Official Provider

  • 株式会社モルテン

JFA Youth & Development Programme(JYD)

  • JFA Youth & Development Programme(JYD)

JFA.jp SITEMAP

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー