JFA.jp

JFA.jp

EN
ホーム > 選手育成 > 最新ニュース一覧 > JFAアカデミー福島13期生、筑波大学内「野生の森」でASEプログラムを実施

ニュース

JFAアカデミー福島13期生、筑波大学内「野生の森」でASEプログラムを実施

2018年05月29日

JFAアカデミー福島13期生、筑波大学内「野生の森」でASEプログラムを実施

JFAアカデミー福島男子の13期生(中1)が5月19日(土)、筑波大学内にある野外運動実習場「野生の森」で、「ASEプログラム」を行いました。

ASEとはAction Socialization Experienceの略で、社会性を育成する実習体験のことです。

JFAアカデミー福島では創設以来、筑波大学の坂本昭裕教授と学生の皆様のサポートのもと、ASEプログラムを実施してきました。

実習では、2つのグループに分かれて、仲間と協力しながら、1つ1つの課題に取り組み、選手たちにとって自分自身とチームメイトをあらためて知る良い機会となりました。

JFAアカデミーでは2019年度入校選考試験の説明会を5月23(水)より各地で実施しています。

詳細はこちらをご確認ください。

選手コメント

長尾ジョシュア文典 選手(中1:13期生)
ASEの体験活動では、チームみんなを信じること、最後の最後まで気を抜いてはいけないことを学びました。「斜めウォール」の時、僕たちのグループは最後の最後で気を抜いて、仲間を落としてしまいました。また、「蜘蛛の巣」でも気を抜くと、服や身体の一部が糸に当たってしまいました。みんなで協力しなければ巣をくぐることはできません。最後に行なった「バックフライング」では、後ろで支えてくれる仲間のことを信じないと倒れることはできませんでした。サッカーでも、最後まで気を抜かないことや、最後まで協力することは繋がっているので、今日の活動を通してあらためて学ぶことができました。

山崎太湧 選手(中1:13期生)
僕は、今回のASEの活動をしてみて3つのことを学びました。1つ目は、仲間の大切さです。「斜めウォール」で初めに壁に登った時、下で支えてくれていた仲間にとても安心感を持ち、登ることができました。仲間がいなければ上るのは難しく、また、成功して楽しく感じなかったと思うので、仲間が大切だと思いました。2つ目は、協力することの大切さです。今日の活動で楽しく成功できたのも仲間と協力したからです。協力したからこんな良い日になったと思います。3つ目は、信頼することです。最後の種目の「バックフライング」で、最初はこんな怖いことはしたくないな、と思いましたが、勇気を出して倒れました。落ちる瞬間は怖かったけれど、落ちてみてみんなの手がクッションみたいになって僕を受け止めてくれたのですごく感動しました。今回の経験を活かして、チーム力を高めていい仲間になっていきます。とても貴重な体験をさせていただきありがとうございました。

アーカイブ
選手育成
NEWS メニュー

JFA Youth & Development
Official Partner

  • 株式会社ナイキジャパン

JFA Youth & Development
Official Supporter

  • トヨタ自動車株式会社
  • ニチバン株式会社
  • 株式会社 明治

JFA Youth & Development
Official Provider

  • 株式会社モルテン

JFA Youth & Development Programme(JYD)

 

  • toto
  • JFAアカデミー福島は、スポーツ振興くじ助成金を受けて実施しています。

JFA.jp SITEMAP

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー