JFA.jp

JFA.jp

EN
ホーム > 最新ニュース一覧 > スペシャリストに学び、新たな力に ~なでしこジャパン 2019 SheBelieves Cup(2/27-3/5@アメリカ)

ニュース

スペシャリストに学び、新たな力に ~なでしこジャパン 2019 SheBelieves Cup(2/27-3/5@アメリカ)

2019年02月23日

スペシャリストに学び、新たな力に ~なでしこジャパン 2019 SheBelieves Cup(2/27-3/5@アメリカ)

福島県のJヴィレッジで行っているなでしこジャパン(日本女子代表)の国内トレーニングキャンプは22日(金)、中日の3日目を迎えました。

ヘディングのスペシャリストである元日本代表の秋田豊さんをゲストコーチに、この日のトレーニングは筑波大学のサッカー部の協力を得て合同トレーニングとなりました。日本に比べて攻守に大柄な選手が揃う海外チームとの対戦を想定して男子チームと合同トレーニングを行うことはここ最近のなでしこジャパンのキャンプではよく見られる光景ですが、この日は特にクロスボールに対するゴール前の攻防にフォーカスしたトレーニングとなりました。

前半はなでしこジャパンだけでヘディングの基礎的なトレーニングを行い、後半に大学生を交えた合同トレーニングとなりました。大学生を相手FWに、あるいはDFに見立てて、ゴール前に送られるクロスボールに対してゴールを守る、ゴールを奪うという明確なコンセプトを持って臨むと、「トレーニング前と後で全然違う」と指導にあたった秋田さんとトレーニングを受けた選手たちが口を揃えます。「体が小さいからといってヘディングで勝てないわけじゃない。僕は身長が180cmだけど、試合の中で190cmの選手たちに空中戦で勝ってきた。要は意識とトレーニングの問題」と話すスペシャリストの秋田さんの指導を受けて、一歩でもボールに寄ることや、少しでも高いところでボールを叩くことなどを実践しようとする意識の変化が見られ、それがパフォーマンスとして表現されていました。

昼食後にはシンクロナイズドスイミング・ソウルオリンピックメダリストでメンタルトレーニング上級指導士の田中ウルヴェ京さんによる講義があり、「自分が自分にできること、チームのために自分ができること」をテーマにグループワークを行いました。今年最大の目標であるFIFA女子ワールドカップに向けて起こり得ること、そして本番で起こり得ることを想定し、その時に自分に何ができるか、何をすべきかを考えました。「想定外のこと」を最大限なくしておくことで、自分にそしてチームに集中できることができるという話を全員で聞きました。

午後のトレーニングは中止となり、残り二日間のキャンプ、そしてアメリカ遠征を見据えて選手それぞれが休息に充てる時間となりました。

なでしこジャパンは24日(日)の昼Jヴィレッジでの国内の活動を打ち上げて同日アメリカに向かいます。

選手コメント

DF #23 南萌華 選手(浦和レッズレディース)
今回、秋田さんにヘディングを教えて頂く機会がありました。これまでもやってきたつもりでしたが、自分はまだまだだと感じましたし、もっとやれると思いました。教わった中で、ジャンプの最高到達点でボールを叩くことは特に意識したいです。実際にやってみると、いつもより一歩ボールに寄って、頭一つ分高いところでボールを捉えることができるようになるなど、トレーニング前と後では違いを感じました。自分は昨年のFIFA U-20女子ワールドカップで優勝することができましたが、なでしこジャパンは雰囲気も違いますし、緊張感もあります。ワールドカップは自分の目標なので、責任と自覚をもって、そしてこの場所にいられる喜びを感じたいので、メンバーに選ばれるように自分らしさを出していきたいです。

MF #8 阪口萌乃 選手(アルビレックス新潟レディース)
昨日と今日の2日間で秋田さんによるヘディングのトレーニングと講義を受けました。最初のトレーニングではボールを当てる箇所を意識するところから始まり、夜の講義ではクロスボールに対応する時のポジショニングや、攻撃面ではクロスボールへの入り方について学ぶことができました。今日のトレーニングでは男子大学生にも手伝ってもらい、クロスの攻防を実践しましたが、前日のトレーニングよりクロスボールの対応もクロスへの入り方も明らかに変化がありました。私自身はパスを送ることが多かったのですが、味方とスペースの共有ができるようになり配球しやすくなりました。それと同時にさらにその質を高めていく必要があると感じました。ヘディングは日本が弱いとされている部分でまだまだ練習が必要だと思いますが、今回学んだ知識と意識で改善できる部分を今回のアメリカ遠征に生かしてチャレンジしたいです。

FW #13 池尻茉由 選手(水原WFC/KOR)
秋田さんにヘディングを教わり、攻撃面では理解していた部分は多かったですが、守備については初めて知るものもありました。守る際に相手とスペースを駆け引きするといった部分は新しい発見でした。今回のようなヘディングに特化した練習は初めてだったので、とても新鮮に感じました。トレーニングの中ではまだクロスボールに入るタイミングがつかめていないので、アメリカ遠征もありますし、これから実戦を通じて身につけていきたいです。夜には田中ウルヴェ京さんのメンタルに関するお話も聞くことが出来ましたし、期間中に個別に話も聞いてくださって、こうした体験も初めてなので新鮮でした。

スケジュール

2月20日(水) 17:30 トレーニング(Jヴィレッジ)※一般公開
2月21日(木) 09:15 トレーニング(Jヴィレッジ)※一般公開
15:30 トレーニング(Jヴィレッジ)※一般公開
2月22日(金) 09:15 トレーニング(Jヴィレッジ)※一般公開
15:30 トレーニング(Jヴィレッジ)※一般公開 中止
2月23日(土) 09:15 トレーニング(Jヴィレッジ)※一般公開
15:30 トレーニング(Jヴィレッジ)※一般公開
2月24日(日) 09:00 トレーニング(Jヴィレッジ)※一般公開
2月25日(月) PM トレーニング
2月26日(火) PM 公式練習
2019 SheBelieves Cup
2月27日(水) 19:05 第1戦 vs. アメリカ女子代表(Talen Energy Stadium)
2月28日(木) AM トレーニング
3月1日(金) PM 公式練習
3月2日(土) 13:00 第2戦 vs. ブラジル女子代表(Nissan Stadium)
3月4日(月) PM 公式練習
3月5日(火) 17:25 第3戦 vs. イングランド女子代表(Raymond James Stadium)

※時間はすべて現地時間
※スケジュールや会場は急遽変更になる場合がございます。

2019 SheBelieves Cup

大会期間:2019年2月27日(水)~2019年3月5日(火)
日本戦全3試合をBSフジにて生中継予定
TV放送情報はこちら
大会情報はこちら

アーカイブ
NEWS メニュー

OFFICIAL PARTNER

OFFICIAL SUPPLIER

SUPPORTING COMPANIES

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー