btn_page_top sp_btn_page_top
ホーム > ドキュメント > Q&A > サッカーQ&A

Q&A

サッカーQ&A

その他
Q.日本代表のオフィシャルグッズなどはどこで買えるの?

日本サッカーミュージアム内のショップのほか、全国の「FLAGS TOWN」店舗で販売しています。詳しくは、本サイト(JFAオフィシャルサイト)トップページ「日本代表グッズオンラインショップ」の「グッズダイレクト」をご覧ください。

「グッズダイレクト」はこちら

Q.JFAが発行している出版物はどこで買えるの?

本サイト(JFAオフィシャルサイト)トップページ「日本サッカー協会OFFICIAL SHOP」をご覧ください。

詳細はこちら

Q.JFAのマークは自由に使えるの?

JFAのマークや日本代表のエンブレム、なでしこジャパンのロゴなどは、新聞や雑誌など定期刊行物のマスメディア以外(スポーツ報道を目的とした記事に限る)は、許可なく使うことはできません。
また、SAMURAI BLUEやなでしこジャパンの名称を使った商業活動や広告・宣伝活動も許可なく行うことはできません。

なでしこジャパン、女子サッカー
Q.「なでしこジャパン」ってなに?

日本国籍を有する女子のトップ選手で構成される日本女子代表チームで、「なでしこジャパン」の愛称で親しまれています。SAMURAI BLUE(日本代表)同様、FIFAやAFCが主催する国際大会やオリンピックなどでの優勝を目指して活動しています。なでしこジャパンは1991年から開催されているFIFA女子ワールドカップに全大会連続で出場しており、2011年大会は並みいる強豪を倒して優勝、世界女王の座に君臨しました。
「なでしこジャパン」という名称は、2004年のアテネオリンピック出場決定を受けて一般から愛称を募り、選考委員会を経て、7月にこの愛称に決定しました。

Q.「なでしこジャパン」という名前は自由に使えるの?

JFAの許可なく「なでしこジャパン」という名称を使って商業活動や広告・宣伝活動をすることはできません(「SAMURAI BLUE」も同様)。

Q.「なでしこジャパン」の選手はプロなの?

なでしこジャパンの多くの選手は、なでしこリーグ(日本女子サッカーリーグ)のチームに所属しています(なでしこジャパン海外強化指定選手(後述)の制度を受けて海外の女子リーグでプレーしている選手もいます)。

なでしこリーグはJリーグとは異なり、プロリーグではありません。一部プロとして活動している選手はいますが、女子選手のほとんどがアマチュア登録となっています。

Q.女子のFIFAワールドカップはどうなっているの?

FIFA女子ワールドカップは1991年にFIFA女子世界選手権として第1回大会が開催され、4年に1度開催されています。

日本は、1991年大会から2011年大会までの全大会(6回)に出場。2011年にドイツで開催されたFIFA女子ワールドカップでは、ドイツ、スウェーデン、アメリカといった並みいる強豪を破り、なでしこジャパンが見事優勝を収めました。日本はこの大会でFIFAフェアプレー賞を受賞、澤穂希選手がMVP(最優秀選手賞)と得点王に輝きました。

(参照:「なでしこジャパン」情報はこちら

Q.オリンピックの女子サッカーはどうなっているの?

オリンピック女子サッカー競技は、1996年に開催されたアトランタオリンピックから正式種目に認定されました。1996年と2000年大会は、それぞれ前年に開催されたFIFA女子ワールドカップの上位チームが出場、2004年のアテネオリンピックから大陸別地区予選が導入されています(大会方式などは、各大陸によって異なります)。

なでしこジャパンは、1996年アトランタ大会に出場しましたが、決勝トーナメント進出にはならず。次のオリンピックは、予選となるFIFA女子ワールドカップ1999で、グループステージで敗退したため、出場はなりませんでした。2004年大会に向け、初めて導入された大陸別地区予選でオリンピックへの出場権を獲得。「なでしこジャパン」の名でアテネ大会に出場し、強豪のスウェーデンに1-0で勝利する大金星を上げるなど、ベスト8の成績を収めました。2008年に北京で開催された大会は、グループステージ3戦目で強豪のノルウェーを圧倒、準々決勝はアジアのライバル・中国と相見え、2-1で勝利してベスト4に進出しました。準決勝でアメリカと対戦しましたが勝利を収めることができず、3位決定戦では銅メダル獲得を目指して、当時FIFAランキングトップのドイツ女子代表と対戦。しかし、ゴールは遠く、0-2で敗戦。しかし、これまでの最高位となるベスト4を果たしました。

Q.なでしこジャパンのほかに女子の代表はあるの?

女子のカテゴリー別のワールドカップには、FIFA U-20女子ワールドカップとFIFA U-17女子ワールドカップがあり、それぞれ2年に一度開催されています。

2002年、2004年は、FIFA U-19女子世界選手権として開催されましたが、FIFAが2006年から同大会(現・FIFA U-20女子ワールドカップ)の年齢制限を20歳以下に引き上げたことから、現在はFIFA U-20女子ワールドカップを目指すU-20日本女子代表を編成しています。

U-17の女子ワールドカップは2008年にスタート。U-17日本女子代表はニュージーランドで行われた同大会でベスト8に進出する活躍を見せました。2010年大会はトリニダード・トバゴで開催。前年のAFC U-16女子選手権タイ2009で3位となってワールドカップ出場権を得たU-17日本女子代表は、本大会で準優勝の成績を収めました。

Q.なでしこリーグってなに?

なでしこリーグ(日本女子サッカーリーグ)は女子の全国リーグで、日本女子サッカーのトップリーグに位置しています。2部制を導入しており、なでしこリーグ(10チーム)と、その下位カテゴリーにあたるチャレンジリーグがあり、両リーグの間で入替戦が行われています。

なでしこリーグは2回戦総当たりで行われており、一方のチャレンジリーグは東西(EAST、WEST)各6チームに分かれて3回戦総当たりのリーグ戦が実施されています(2011年11月1日現在)。

Q.なでしこジャパン海外強化指定選手ってなに?

海外強化指定制度とは、なでしこジャパンが世界トップを目指すために導入された制度で、なでしこジャパンの核となる選手たちを対象に、海外で高いレベルのトレーニング・試合を経験させ、個人の強化を図ることを目的としています。現在、5人の選手(2012年1月15日現在)がドイツとフランスの女子リーグに所属するクラブで活動します。

Q.女子:特別指定選手制度ってなに?

男子の特別指定選手制度と同じように、サッカー選手として最も成長するユース年代に、組織や連盟等の垣根を越え、有能な選手に対して個人の能力に応じた環境を提供することを目的とする制度です。

女子の特別指定選手制度は、なでしこリーグ(日本女子サッカーリーグ)に加盟していないチームに所属する各年代の女子代表またはそれに準ずるレベルの選手が、所属チームに登録したまま、なでしこリーグの加盟チームで活動でき、さらに同リーグの試合に出場することができる制度で、この制度を受けられる選手は、JFAの女子委員会が指定します。

詳細はこちら

Q.日本の女子サッカー人口(JFA登録選手数)は?

女子チームに登録している選手は25,000人あまりですが、男子チームで活動(登録)する選手はこの中には含まれていません。

「データボックス」はこちら

Q.JFAアカデミーに女子選手はいるの?

JFAは2006年度から、福島県、広野町、楢葉町、富岡町と連携して、中高一貫のエリート教育「JFAアカデミー福島」を、2009年度にはJFAアカデミー熊本宇城(宇城校は中学男子のみを対象)をスタートさせました。

JFAアカデミーは、サッカーによる真の国際人の育成を目指し、才能ある選手に優秀な指導者と素晴らしい環境を提供し、そこでサッカー選手としての専門の指導と人間教育を含む総合的なエリート教育を実施しています。

福島校は、2011年3月に起こった東日本大震災で被災したため、現在、静岡県御殿場市で活動していますが、同アカデミーは未来のSAMURAI BLUE、なでしこジャパンを目指す男女選手がロジング生活をしながらサッカー活動に励んでいます。2012年度には大阪堺市に中学生女子を対象にしたJFAアカデミー堺が新設されます。

なお、JFAアカデミー福島の女子チームは、2010年シーズンからプレナスチャレンジリーグに参戦しています。

JFAアカデミーサイトはこちら

Q.なでしこチャレンジプロジェクトってなに?

なでしこチャレンジプロジェクトとは、なでしこジャパンに挑戦する選手たちを発掘・育成・強化するプロジェクトです。

ナショナルトレセンU-15から上の年代で、なでしこジャパン予備軍とも言える選手たちを選出・招集し、トレーニングキャンプを実施しています。トレーニングキャンプは、なでしこジャパン(あるいはU-20日本女子代表チーム)と合わせて行い、合同トレーニングやトレーニングマッチでレベルアップを図っています。

Q.女子のサッカーを強くするためにどんなことをしているの?

将来の日本の女子サッカーを支えうる優れた人材を発掘し、適切な指導を継続的に行うために、様々な育成事業を行っています。全国各地で男子同様のトレセン活動が行われ、ナショナルトレセンはU-15の年代で行われています。U-14、U-13のJFAエリートプログラムではより「個」の成長を重点に置いたプログラムを取り入れ、各年代に適した指導やトレーニングを行っています。また、女子は特別にU-15年代のゴールキーパー養成を目的としたスーパー少女プロジェクトも実施しています。

Q.メイクやアクセサリーをして試合に出てもいいの?

メイク(お化粧)については、ルール上の規程はありません。

しかし、装身具については、選手自身や他の選手に危険な用具を用いてはならないというルールがあります。長髪を束ねるためのヘアーバンドは認められていますが、安全な材質、長さ、幅でなければならず、試合前に主審が確認することになっています。

サッカーの歴史
Q.サッカーはいつ始まったの?

ボール状のものを蹴るという催事は、宗教行事あるいは遊びとして世界中で行われていたようです。FIFA(国際サッカー連盟)のホームページでは、2000年前にはすでに中国でサッカーのような競技が行われていたと書かれています。イングランド(英国)では12世紀の文献があり、そこに当時のフットボールのことが記されていますが、イングランドのみならず、初期のフットボールは、街中や広場で興じられていた「ボール遊び」で、一つのボールを争って相手のゴールを目指すというものもあったようです。

現在のサッカーの発祥はイングランド(英国)とされています。18〜19世紀には、上流階級の子弟が学ぶパブリックスクールでてプレーされていたようです。しかし、フィールドの広さもルールも学校間、クラブ間で様々でした。そこで、1863年、ロンドンとその近郊にあるフットボールクラブの代表者が集まり、共通したルールを決めると共に、協会(Association)を設立しました。これがサッカー("協会"で決めたルールによるフットボール)の始まりです。

当時のフットボールは、ボールを手で扱うこと許されていました。伝承によると、1823年、パブリックスクールの一つのラグビー校で、ウィリアム・ウェッブ・エリスが取ったボールをそのまま手に持って走った(ランニングイン)ことで、ラグビー・スクールでは「ラグビースクールルール」として定着しました。一方、「イートンスクールルール」のルールでは、"ランニングイン"は認められていませんでした。両校からケンブリッジ大学に進んだ学生の間で対立が起き、1848年に大学の中で委員会が作られ、「ケンブリッジルール」が制定されました。1863年の協会設立されたときは、「ケンブリッジルール」をもとにルールや規約を起草したとされ、協会として、そのままボールを手に持って走る"ランニングイン"は認めないこととしました。また、ハッキングといった相手をけり倒す危険なプレーも認めないこととしました。

1871年、ランニングインを認めるクラブは、協会(Association)とは別にユニオン(Union)を設立し、楕円形のボールを巡ってフットボールをするラグビー・フットボールをプレーするようになっています。

Q.サッカーの語源は?

1863年、ロンドンとその近郊にあるフットボールクラブの代表者が集まり、共通したルールを決めると共に、協会を設立しました。協会(Association)のルールに基づくフットボールは、協会式フットボール(Association Football)と呼ばれていましたが、ラグビーが"Rugger(ラガー)"と呼ばれるようになったように、当時、イングランドの若者の間で、言葉を短くして愛称をつくることが流行していたのか、Association Footballの"soc"に"er"をつけて言葉をつくりましたが、そのうち最初に"A"を発音することがなくなり、"Soccer"としてなったと言われています。

ちなみに、国際サッカー連盟(FIFA=Federation International de Football Association)も、協会式サッカーの国際連盟という意味になります。

Q.サッカーが日本に伝来したのはいつ?

1873(明治6)年、英国海軍教官団のA.L.ダグラス少佐と海軍兵が来日し、東京・築地の海軍兵学寮(のちの海軍兵学校)で日本人の海軍軍人に訓練の余暇としてサッカーを教えた、というのが定説になっています。その後、東京の高等師範学校に"フートボール部"が、また、神戸尋常中学校(現・神戸高校)や神戸の御影師範学校などにサッカー部(当時は蹴球部)ができ、徐々にサッカーが広まっていきました。1918年には、全国高校サッカー選手権の前身となる日本フートボール大会(大阪)や東海蹴球大会(愛知)、関東蹴球大会(東京)など多くの大会が開催されるようになっていきました。その翌年には、イングランドからFAシルバーカップが寄贈され、それを契機に大日本蹴球協会(現・日本サッカー協会)が設立されました。

日本サッカー協会90年の歩み

Q.白黒の亀甲型のボールが一般的になったのはいつから?

1960年前後、アルキメデスの多面体の法則を利用して、六角形20枚と五角形12枚を組み合わせたボールがヨーロッパで普及しました。当時、モノクロのTV放送が始まったこともあり、白や茶色では見えにくいということで白黒に色分けされた亀甲型のボールにデザインされました。

日本では1965年の日本サッカーリーグで使用されて広まり、子どもたちの間でも人気を博しました。国際大会では1968(昭和43)年のメキシコオリンピックで初めて採用され、FIFAワールドカップでは1970(昭和45)年のメキシコ大会で採用されました。この時採用されたボールは「テルスター」(テレビのスター)といわれました。

サッカー全般
Q.フットボールとサッカー、どちらが正しいの?

どちらも正しいです。現在、国際サッカー連盟(FIFA)には208の国と地域(2011年10月1日現在)のサッカー協会が加盟していますが、「サッカー」を協会名につけているのは、アメリカ、カナダ、ニュージーランド、バージン諸島など少数ではあります。

日本語では「サッカー」が一般的で、協会も日本語表記では「日本サッカー協会」と"サッカー"を使用していますが、英語表記では、「Japan Football Association」と、"フットボール"を使っています。

Q.サッカーはなぜ11人でプレーするの?

1863年、世界で一番初めに作られたルールの中には人数については規定されていませんでした。1866年に行われたロンドン対シェフィールドの試合は11人対11人、1868年のケント対サリーの試合は12人対12人で行われたという記録が残っています。1チーム11人で行うことがルールに規定されたのは1871年に行われたFAカップが初めてです。

Q.なぜサッカーの試合は90分なの?

イングランドサッカー協会が創立されて統一規則がつくられる前は、地域ごとにそれぞれのルールでサッカーを楽しんでいました。英国内においても、学校や地域ごとにルールが異なっていました。しかし、これでは地域や学校などの枠を超えた試合をする上で問題となってしまうことから、統一したルールをつくろうという動きが起きました。そのひとつにケンブリッジ大学で決めたルール(ケンブリッジ・ルール)がありますが、そこには「双方で決めた試合時間の半分が経過したら、その次にボールがアウトオブプレーになったところで攻守のサイドを取り替える。この場合、またはゴールがあった後は、競技場の中央から前と同じ方法でキックオフを行う。競技時間や選手数は双方の主将で決定する」とされていいました。

その後、1863年にイングランドサッカー協会(The FA)が設立され、初めてのサッカーのルールが決められましたが、そこにも競技時間は定められていませんでした。1866年、FA代表対シェフィールド代表の試合が行われる前に、要約、「競技は午後3時に開始して午後4時半に終る」と定め、"90分"が登場しますが、当時、ハーフタイムというものはまだありませんでした。

1871年にFAカップの規則として「競技時間を1時間半とする。ハーフタイムに於ける休憩はレフェリーによって特に許された場合のほか、5分を超えてはならない」と定められました。

1897年には「競技時間は双方が別に協定した場合のほか、90分とする。ハーフタイムにおける休憩はレフェリーの承認がある場合を除き、5分を超えてはならない」と競技規則に規定化され、現在は「ハーフタイムのインターバルは15分を超えてはならない」となっています。国際試合やJリーグなどのトップレベルの試合では15分のハーフタイムが一般的になっています。

Q.サッカーは雨や雪でも試合をするの?

競技規則には、雨が降ったら試合を中止するということは規定されていません。しかし、落雷が予想されるなど、選手や観客等にとって危険が及ぶ可能性がある場合は、試合を中断、あるいは中止したり、延期することもあります。そのほか、台風などで公共の交通機関がストップした場合も延期されることがあります。

Q.サッカーチームに入るにはどうしたらいいの?

学校のサッカー部のほかに、各地にはクラブチームがあります。クラブチームに入るには、各都道府県のサッカー協会に紹介してもらう、あるいは、クラブチームの連絡先を聞いて直接問い合わせる、といった方法があります。居住する都道府県のサッカー協会に聞いてみるとよいでしょう。
「47都道府県サッカー協会一覧」はこちら

Jリーグのクラブにも各年代別にチームがあります。多くのJクラブがセレクションをしていますので、テストを受けたい場合は直接クラブに問い合わせてみてください。

Q.公式な大会に出場するにはどうすればいいの?

都道府県サッカー協会が主催する県大会やその予選、日本サッカー協会(JFA)が主催する全国大会やその予選に出場するには、日本サッカー協会に登録していなければなりません。登録は年度ごとに行われ、更新も1年ごとに行います。選手登録は、アマチュア・プロ選手いずれも加盟するチームが行います。加盟チームは、所在地の都道府県サッカー協会に手続きをします。フットサルの個人登録もWeb上でできるようになりました。

Q.サッカーでは交代は何人までできるの?

当初サッカーでは交代が認められていませんでした。1953年、負傷した場合に限り、ゴールキーパーはいつでも、フィールドプレーヤーは2人まで、前半に限って交代が認められるようになり、1958年には後半にも交代が認められるようになりました。その後も変遷を繰り返し、現在は1チーム3人の交代が認められることになっています。なお、その他、親善試合などの場合は、その試合や大会ごとに決められます。

Q.ピッチってなに?

ピッチとフィールドは同義語で、競技規則では、タッチラインとゴールラインで囲まれた部分を「フィールド」あるいは「ピッチ」と言っています。

「JFA・Jリーグサッカー用語集」はこちら

Q.サッカーファンとサポーターの違いは?

一般的に、サッカー好きな人をファン、熱狂的なサッカーファンや特定のクラブチームを支持している人をサポーターと呼んでいます。

サポーター(supporter)は直訳すると「支持者」で、「特定のクラブチームなどを応援(支援)する人」という意味があります。ファン(fan=愛好家)とほぼ同義語ですが、クラブは地域に密着していることが多いので、より強い意味の「サポーター」という言葉が好んで使われます。現在はサッカー以外でも頻繁に使われています。

Q.ハットトリックの語源は?

サッカーやアイスホッケーなどで使われている用語で、1試合に同じ選手が3得点することをいい、6得点をダブルハットトリック、9得点をトリプルハットトリックといいます。

語源は諸説ありますが、イギリス発祥のクリケットに由来しているといわれています。クリケットは野球の元になったスポーツで、投手(ボーラー)はウィケットという柱と横木に向かってボールを当て、それに対して打者(バッツマン)はそれを守るためにボールを打ち返します。ウィケットの横木を落とせば打者はアウトになります。3人の打者を連続でアウトにするのは、野球以上に難しいといわれています。 この偉業を成し遂げた選手には高級な帽子が贈られ、大変な名誉なこととされました。これがサッカーでも使われるようになり、1試合で3得点した場合をハットトリックというようになりました。このほか、選手の功績を称えて観客が帽子を投げ入れたからとも言われ、これが「ハットトリック」の語源になったともいわれています。

Q.サッカーではなぜ本拠地を「ホームタウン」というの?

Jクラブをはじめとするサッカークラブは、活動する本拠地を「ホームタウン」と呼んでいます。これは、世界のサッカークラブがそうであるように、活動拠点とする地域(コミュニティ)の核として、地域の人々の支援・応援を得ながら発展していくことを目的としているからで、"本拠地占有権"や"興行権"の意味合いの強い「フランチャイズ」とは異なり、クラブと地域社会が一体となって実現する、スポーツが生活にとけこんだ街、を意味しています。

「JFA・Jリーグサッカー用語集」はこちら

Q.オーバーエイジ枠ってなに?

オリンピックに出場する男子の代表チームは23歳以下の選手で構成しなければならないというルールがありますが、1996年のアトランタ大会からは、1チーム3人まで24歳以上の選手の出場枠を認める「オーバーエイジ枠」を採用しています。

Q.Vゴール方式ってなに?

日本ではVゴール、国際的にはゴールデンゴールと呼ばれていたもので、90分間で勝敗が決しなかった場合、延長戦においてどちらかのチームが得点した時点で試合が終了となり、得点をあげたチームが勝者としていたものです。

Jリーグが開幕する前は、サッカーはあまり人気がありませんでした。その理由として、なかなか点が入らないこと、引き分けが多いことがその理由の多くを占めていました。Jリーグ発足にあたり、引き分けをなくして劇的なゴールシーンをつくることで多くの人々にサッカーに関心を持ってもらおうと、FIFAの許可を得て、延長Vゴール方式を採用することとしました。リーグ戦でVゴール方式を取り入れたのは日本(Jリーグ)が世界で初めてですが、サッカーの浸透度や引き分けの価値が認知されたこともあり、J2リーグでは2002年に、J1では2003年から廃止されました。

ビーチサッカー
Q.ビーチサッカーは何人でやるの?

フットサルと同じく1チーム5人でプレーします。

Q.ビーチサッカーのワールドカップはあるの?

FIFAは2005年、ビーチサッカーを公式競技として認定し、同年にブラジルのリオデジャネイロで第1回のFIFAビーチサッカーワールドカップを開催しました。アジア地区では予選は行われず、日本とタイが招待されて出場することになり、日本はラモス瑠偉を監督にビーチサッカー日本代表チームを編成して同大会に出場。ベスト4まで進出しました。

本大会は毎年開催され、日本は2006年大会以降、アジア予選を勝ち進み、2011年大会まで5大会連続で出場しています。

Q.ビーチサッカーの国内リーグはあるの?

全国リーグはまだありませんが、地域によってはリーグ戦を行っているところもあります。

2005年にFIFAがビーチサッカーを公式競技として認定したことを受け、JFAは2006年から全国ビーチサッカー大会を開催しています。

フットサル
Q.フットサルの語源は?

「フットサル」はFIFAの統括する競技として世界的に広くプレーされていますが、その名称は1994年、FIFAが"5人制室内制サッカー"を「フットサル(Futsal)」と変更したことから広く知られるようになりました。

サッカー(football)は、スペイン語で Futbol、ポルトガル語で Futebol。部屋(saloon)は、Sala と Salao。 フットサルは、これらの言葉の "Fut" と "Sal" とを合成させて作った言葉で、屋内でプレーするサッカー(室内サッカー)を言います。

Q.フットサルの歴史は?

サッカーと同様に室内サッカーも世界各国で楽しまれてきました。弾まないボールを使って発展した「サロンフットボール」は、南米を中心にプレーされてきました。また、イギリスからアメリカ、オーストラリアと広まった「インドアサッカー」もあります。FIFAはこれら参考に、1988年、5人制室内サッカーのルールを制定しました。これが現在のフットサルの元になっています。

Q.フットサルってどんな競技?

フットサルは、5人以下で構成された2つのチームによって行われるサッカーで、交代要員は最大7人、交代の回数は自由。小さなスペースでプレーできるということもあり、キッズから女性、シニアまで幅広い層から親しまれています。

日本フットサル連盟サイトはこちら

Q.フットサルの公式大会にはどんなものがあるの?

JFA主催のフットサル大会は、全日本フットサル選手権大会、全日本大学フットサル大会、全日本ユース(U-15)フットサル大会、全日本少年フットサル大会、全日本女子フットサル選手権大会、全日本女子ユース(U-15)フットサル大会があります。

Q.日本のフットサルリーグはいつ始まったの?

近年、フットサルは若者を中心に人気を博しており、それに伴って競技人口も増え、レベルアップも図られるようになりました。日本サッカー協会は2003年、「キャプテンズ・ミッション(現、プレジデンツ・ミッション)の一つにフットサルの推進を掲げました。

また、日本サッカー協会と日本フットサル連盟は、フットサル全国リーグ設立準備委員会(2006年4月設置)の提案を受けて、フットサルの全国リーグをスタートさせることにしました。Jリーグ同様、参加チームには、地域に根ざしたスポーツクラブになることを目指し、ホームタウン制やホームスタジアムの確保などを条件に挙げ、2007年、日本フットサルリーグ、「Fリーグ」を発足させました。

Fリーグサイトはこちら

Q.フットサルの日本代表は強いの?

日本フットサルの最高峰の代表チーム(年齢制限なし)は1989年、オランダで行われた第1回FIFA5人制室内サッカー世界選手権(現、FIFAフットサルワールドカップ)に初出場して以来、2004年大会、2008年大会に出場しました。

プロサッカー(Jリーグ)について
Q.Jリーグってどんなリーグ?

Jリーグは、日本のプロサッカーリーグで、リーグを統括する社団法人日本プロサッカーリーグは1991年11月1日に設立されました。リーグ戦は1993年5月に開幕し、日本初のプロサッカーリーグとして人気を博し、Jリーグによって日本サッカーの実力は飛躍的にアップしました。10クラブでスタートしたJリーグは、1999年から1・2部制を導入し、2012年シリーズから、J1リーグが18クラブ、J2リーグが22クラブとなりました。J1、J2ともにホーム&アウェイによる2回戦総当たりのリーグ戦方式でチャンピオンを決定しています。

J1の上位3位に入ったチームは、アジアのクラブ王者を決定するAFCチャンピオンズリーグの出場権を得ます。ここで優勝したチームには、アジアの代表としてFIFAクラブワールドカップに出場する権利を得ます。

J1リーグ、J2リーグのほかに、J1の18チームで争われるJリーグヤマザキナビスコカップも行われており、ここで優勝したチームは、スルガ銀行チャンピオンシップ Jリーグヤマザキナビスコカップ/コパ・スダメリカーナ王者決定戦でコパ・スダメリカーナのチャンピオンと対戦する機会を得ます。

Jリーグ公式サイトはこちら

Q.Jリーグの選手はみんなプロなの?

プロ契約には、A契約、B契約、C契約があり、それぞれ契約期間や報酬(上限)などが異なります。

J1のクラブは、プロA契約を締結した選手を15名以上、25名以内を、J2のクラブはプロA契約選手を5名以上保有しなければならないという条件があります。

「規約・規程」はこちら

Q.外国人の選手はJリーグに出られるの?

プロ契約を締結した外国籍選手は国籍にかかわらず1チーム3名まで保有でき、さらに、AFC(アジアサッカー連盟)加盟国の選手を1名(「アジア枠」)、合計4名まで登録することができます(但し、アマチュア選手または20歳未満のプロC契約選手を登録する場合は、AFC加盟国またそれ以外の国政の選手にかかわらず、JFAの規定で認められている通り、5名まで登録が可能です。また、アマチュアまたはプロC契約の外国籍選手が年度の途中でプロC契約以外の契約に移行する場合、その年度に限って「3名枠」を越えて登録することができるが、外国籍選手の総数は5名までとなる)。

「規約・規程」はこちら

Q.Jリーグのアカデミーってなに?

Jリーグの各クラブは、1種(18歳以下)、2種(15歳以下)、4種(12歳以下)のチームを保有しており、それらをJリーグアカデミーと呼んでいます(クラブによっては4種の登録チームを持っていないところもあります)。

Q.JFA・Jリーグ特別指定選手ってなに?

サッカー選手として最も成長する年代に、種別(年齢区分)や連盟の垣根を越え、「個人の能力に応じた環境」を提供することを目的にした制度で、特別指定選手に選ばれた選手は、全日本大学連盟、全国高等学校体育連盟、またはJクラブ以外の日本クラブユース連盟のチーム登録であっても、Jリーグ等の試合に出場することができます。

ユース〜少年サッカー
Q.JFAアカデミーってなに?

日本サッカー協会は、2006年度から福島県、広野町、楢葉町、富岡町の中高一貫教育と連携し、将来の日本代表選手を育てるために、「JFAアカデミー福島」をスタートさせました。

ここでは、サッカー選手としてのみならず、社会をリードしていける真の国際人の育成をめざしています。アカデミー生は寄宿生活をしながら、優秀な指導者と福島県と各町が建設する施設など充実した環境の中でサッカーの指導を受けますが、「個」を伸ばすためのリーダー教育や、社会性、国際性等を育む教育も施されます。

また、2009年度には、中学生男子を対象にしたJFAアカデミー熊本宇城を開校。福島校と異なり、平日は寮生活を送りますが、週末と長期休暇の期間は帰宅、アカデミーとしてのチーム登録はせず、出身地などのチームに所属して公式試合に出場します。また、2012年度には大阪に女子中学生を対象にしたJFAアカデミー堺が開校。熊本宇城校と同様の体制で選手の育成が行われます。

JFAアカデミーサイトはこちら

Q.トレセン制度ってなに?

トレセンとは「ナショナルトレーニングセンター」の略で、日本におけるユース年代の強化・育成のための中心的施策として1980年から本格的な活動が開始されました。

Q.現在のトレセン活動は?

男子は、U-12(12歳以下)、U-14(14歳以下)、U-16(16歳以下)の年齢区分で、女子はU-12、U-15(15歳以下)、の区分でそれぞれ年代に適した指導がなされています。

Q.8人制サッカーってなに?

JFAは、「Players First」の考えのもと、U-12年代(小学生年代)のサッカーにおいて8人制サッカーを奨励しています。ハーフピッチで行えることをはじめ、多くの人数がプレーする機会を得ることで子どもたちがサッカーを思いきり楽しむことができます。また、ボールにタッチする機会が増えますから、個の技術やチームメイトとの連係術などの向上が期待されます。

こういった積み上げが、子どもたちの心身の成長をもたらし、日本サッカーの武器でもある精度の高いパスサッカー、クレバーなサッカーにさらに磨きをかけるものと確信しています。

「育成年代のゲーム環境に関するガイドライン」はこちら

Q.選手入場の際、選手と一緒に出てくる子どもはなに?

エスコートキッズまたはフェアプレーキッズと呼ばれる子ども達で、子どもたちに夢を与えると同時にフェアプレー精神を大切にし、サッカーをする者は皆仲間であるということをアピールする意味があります。

いつから、またどこから始まったのかは定かではありませんが、現在、各国でエスコートキッズを起用しています。国際サッカー連盟(FIFA)が主催するFIFAワールドカップでは、1998年大会から選手と一緒に「エスコートキッズ」が入場しています。南米などでは、選手が自分の子供の手を引いて入場するというのもよく見られるようです。日本では、Jリーグの試合でもエスコートキッズを採用しているクラブがあります。

「JFA・Jリーグサッカー用語集」はこちら

Q.グリーンカードってなに?

日本サッカー協会がU-12以下の選手の大会を対象にフェアプレーを推進するために導入しているカードで、審判がフェアプレー精神を発揮した選手に対してグリーンカードを示します。例えば、ケガをした選手への思いやり、意図していないファウルプレーの際の謝罪や握手、自チームのボールが境界線から出た時などを自己申告する行為、問題となる行動を起こしそうな味方選手を抑制する行為を示した選手、またチームが試合を通じて警告も退場も受けず、終始フェアな態度で試合に臨んだチームにも、グリーンカードが示されます。

Q.キッズプログラムってなに?

JFAが推進している施策の一つ。心身の発達がめざましい幼児期〜小学校低中学年代(U-6、U-8、U-10)の子どもを対象に、身体を動かすことの爽快さやスポーツの素晴らしさを体感してもらいながら、サッカーの普及、子どもの育成を図るというものです。各都道府県サッカー協会もそれぞれ活動しています。

レフェリー(審判員)
Q.審判員は級によって担当できる試合が異なるの?

まず、審判員の資格には、サッカー1級、女子1級、2級、3級、4級、フットサル1級、2級、3級、4級とあります。
4級審判員は都道府県サッカー協会を構成する支部・地区協会/市区郡町村傘下の団体、連盟が主催する試合を、3級審判員は都道府県協会が主催する試合、2級は地域協会が主催する試合を、1級、女子1級審判員は、日本サッカー協会が主催する試合の審判員を担当することができます。
Jリーグを担当する審判員(主審、副審)は、1級審判員の資格を有していなければならず、さらに、Jリーグの担当審判員に課せられた体力テストに合格しなければなりません。この体力テストは、国際審判員の基準と同様のものです。

Q.審判員資格を取得するにはどうしたらいいの?

審判になるためには、まずは、都道府県サッカー協会が主催する4級審判員取得講習会を受講する必要があります。その後、3級、2級、女子1級(女性のみ)、1級、と昇級試験を受けます。1級、女子1級審判になるためには、JFAまたは地域サッカー協会が主催する認定審査会に参加し、審査に合格しなければなりません。
フットサルもサッカー同様に1級から4級の資格があります。しかし、サッカーのように女子1級という資格はなく、女性も男性と同様、1級の認定試験に合格する必要があります。
ビーチサッカーについては、現時点では資格制度がなく、フットサルの審判員がビーチサッカーの審判員を担当しています。
なお、すべての審判員は年1回、更新講習会に参加することが義務付けられています。4級審判員に限っては、インターネット上で実施している更新講習(JFAラーニング)を受講できます(フットサル4級も同様)。

Q.日本に審判員は何人いるの?

こちらをご覧ください

Q.国際審判員になるにはどうしたらいいの?

サッカー国際審判員(男女主審、男女副審)は、1級審判員および女子1級審判員の中から選出されます。
日本の枠は現在、主審が7名、副審が9名、女子主審が4名、女子副審が4名、フットサルが4名、ビーチが2名。
JFAからFIFAに推薦された後、FIFAによって承認されます。
FIFAから国際審判員として認定された審判員は、FIFAやAFCから指名を受けて国際試合を担当します。また、フットサル国際審判員(男女)およびビーチサッカー国際審判員は、フットサル1級審判員の中から選出され、同様にFIFAに推薦し、承認されれば、FIFAやAFCからの指名を受けて国際試合の審判員を務めます。
国際審判員になるには、国際審判員体力テストに合格しなければなりません

スプリント テスト
セット数:練習1回、本番6回、予備1回(追加走)
人数:1レーンに対する人数が多いと、インターバル時間が長くなるので注意する。10名前後を目安とする。

体力テスト合格基準
男子 国際主審/Jリーグ担当主審 6.2秒 6本
国際副審/Jリーグ担当副審 6.0秒 6本
女子 国際主審 6.6秒 6本
国際副審 6.4秒 6本

インターバル テスト
セット数:150m走+50m歩を20回(オプションで30回まで走ることもあり)
人数:1グループに6名までとし、スタート箇所は最大4箇所までとする。ゴールラインの前後3m地点にフニィッシュエリアを設置する。

体力テスト合格基準
  カテゴリー 150m走 50m歩 回数
男子 国際主審/Jリーグ担当主審 30.0秒 35.0秒 20
国際副審/Jリーグ担当副審 30.0秒 40.0秒 20
女子 国際主審 35.0秒 40.0秒 20
国際副審 35.0秒 45.0秒 20
Q.FIFAワールドカップに審判員としてアポイントされるためにはどうしたらいいの?

FIFAワールドカップ(各年代含む)の審判員は、国際審判員の中から選出されます。基本的には、男性審判員は男子の試合を、女性審判員は女子の試合を担当します。
女子の国際試合についてFIFAは、女性の審判員で行うのが望ましいという見解を示しており、現在、FIFAやAFCなどが主催する大会は女性の審判員がレフェリーを務めることになっています。国内の女子の大会でも原則として女性の審判員が担当します。但し、国際審判員に課せられている体力テスト(上記)に合格すれば女性でも男子の試合の審判員を務める資格を得られます。
ちなみに、2012年11月にタイで開催されたFIFAフットサルワールドカップにブラジルの女性レフェリーが指名されています。

Q.FIFAワールドカップ本大会で審判を担当するまでの道のりは?

2014年のFIFAワールドカップブラジル大会の場合、まず、大会2年前の2012年7月にレフェリートリオ52組(153人)が候補として選出。その後、FIFAのセミナーやFIFA主催の各種国際大会での評価を経て、2014年1月に25組(75人)のトリオと8組のデュオ(16人)に絞られました。再び体力テストが行われ、レフェリートリオ25組と7組のデュオ+1人、合計90人が本大会のレフェリーとして選出されました。

Q.国際審判員に年齢制限はあるの?

国際審判員は、男女ともにその年の1月1日現在、45歳以下でなければなりません。

Q.これまでにFIFAワールドカップやオリンピックの舞台に立った日本人レフェリーは?

●主審
丸山義行:メキシコオリンピック(1968年)、*東京オリンピック(1964年)、FIFAワールドカップメキシコ(1970年)は線審(現、副審)
高田静夫:FIFAワールドカップメキシコ(1986年)、ソウル・オリンピック(1988年)、FIFAワールドカップイタリア(1990年)
岡田正義:FIFAワールドカップフランス(1998年)
上川徹:FIFAワールドカップ日本/韓国(2002年)、FIFAワールドカップドイツ(2006年)
西村雄一:FIFAワールドカップ南アフリカ(2010年)、FIFAワールドカップブラジル(2014年)
大岩真由美:FIFAワールドカップ中国(2007年)
深野悦子:FIFA女子ワールドカップドイツ(2011年)

●副審
丸山義行:東京オリンピック(1964年)、FIFAワールドカップメキシコ(1970年)
廣嶋禎数:FIFAワールドカップドイツ(2006年)
相樂亨:FIFAワールドカップ南アフリカ(2010年)、FIFAワールドカップブラジル(2014年)
名木利幸:FIFAワールドカップブラジル(2014年)
吉澤久恵:FIFA女子サッカー世界選手権(現FIFA女子ワールドカップ)スウェーデン(1995年)、FIFA女子ワールドカップUSA(1999年)、シドニーオリンピック(2000年)、FIFAワールドカップアメリカ(2003年)、FIFA女子ワールドカップ中国(2007年)
鮎貝志保:アテネオリンピック(2004年)
高橋早織:FIFA女子ワールドカップドイツ(2011年)

●フットサル/ビーチサッカー
鈴木亮哉:FIFAフットサル世界選手権グアテマラ(2000年)
五十川和也:FIFAフットサルワールドカップチャイニーズタイペイ(2004年)、FIFAフットサルワールドカップブラジル(2008年)
宮谷直樹:FIFAフットサルワールドカップタイ(2012年)
小野寺祐:FIFAビーチサッカーワールドカップマルセイユ/フランス(2008年)、FIFAビーチサッカーワールドカップドバイ(2009年)、FIFAビーチサッカーワールドカップラヴェン/イタリア(2011年)

*表記しているのはFIFAワールドカップとFIFA女子ワールドカップ、フットサルワールドカップ、オリンピックのみで、年齢別のワールドカップは記載しておりません。(参照:http://www.jfa.jp/referee/profile/international_referee.html

Q.日本にプロの審判員はいるの?

日本サッカー協会は2002年、トップレフェリーが審判活動に専念できる環境を整備することを目的にスペシャルレフェリー(現、プロフェショナルレフェリー)制度を導入しました。プロフェショナルレフェリーは、審判活動によって主たる収入を得ており、2014年6月現在は14人の1級審判員が同契約を結んでいます(主審10人、副審4人。参照:http://www.jfa.jp/referee/profile/)。
プロフェッショナルレフェリーには、専任審判インストラクターや審判フィットネスインストラクターによる特別プログラムが提供されるなど環境が整えられています

Q.Jリーグを担当できる審判員は?

Jリーグを担当する審判員(主審、副審)は、1級審判員の資格を有していなければならず、さらに、Jリーグの担当審判員に課せられた体力テストに合格しなければなりません。この体力テストは、国際審判員の基準と同様のものです(前項参照)。

Q.Jリーグの審判員に定年はあるの?

Jリーグの審判員は、体力テストを合格していれば年齢にかかわらず担当することができます。

Q.1級審判員は男性しか取得できないの?

女性であっても1級審判員の資格を取得することはできます。
2014年6月1日現在、JFAに登録する1級審判員は171人いて、そのうち1人が女性です。1級審判資格があれば、女性であってもJリーグなど男子の試合で主審をすることができます。しかし、女子1級審判員は女性限定の資格のため、なでしこリーグ等、女子トップレベルの試合が対象で、男子トップレベルの試合は担当することができません。

Q.審判員を指導する指導者(インストラクター)はいるの?

審判インストラクターが審判員を指導しています。
インストラクターの資格は、1級〜4級審判員と1級〜3級インストラクターの指導・評価・認定審査ができるS級、1級〜4級審判員と2級〜3級インストラクターの指導・評価・認定審査ができる1級、2級〜4級審判員と3級インストラクターの指導・評価・認定審査ができる2級、3級〜4級審判員の指導・評価・認定審査ができる3級とあります。
また、フットサルの審判インストラクターは、フットサル1級〜4級審判員、フットサル2級〜3級インストラクターの指導・評価・認定審査ができるフットサル1級、また、フットサル2級〜4級審判員とフットサル3級インストラクターの指導・評価・認定審査ができるフットサル2級、そして、フットサル3級〜4級審判員の指導・評価・認定審査ができるフットサル3級があります。

Q.審判指導者(インストラクター)の数

こちらをご覧ください

Q.試合前のコイントスでは何を決めているの?

試合前のコイントスに勝ったチームは、前半に攻めるゴールを決めることができます。ちなみに、コイントスで使われるコインは裏と表の柄が異なるものであれば、どんなコインでも使用できます。

Q.審判員が試合中に使っているものは何?

主審は、原則としてレッドカード、イエローカード、ホイッスル、コイン、時計、ペン、記録用カードです。
副審は、原則としてフラッグ、時計、ホイッスル、ペン、記録用のカードです。
なお、日本サッカー協会では、U-12の大会においてグリーンカードを用いています。これは、フェアプレーやリスペクトの推進を目的に導入しているもので、フェアでスペクトあふれるプレーや行動をした競技者に提示されます。

Q.サッカーのルールブックはどこで買えるの?

本サイト(JFAオフィシャルサイト)の「日本サッカー協会OFFICIAL SHOP」のほか、全国の有名書店などでご購入いただけます(詳細はこちら)。 なお、日本サッカー協会のホームページからもダウンロードできます(http://www.jfa.jp/documents/#l1)。

■世界・アジアのサッカー
Q.国際サッカー連盟(FIFA)ってなに?

国際サッカー連盟(FIFA)は、世界のサッカーを統括する組織で、FIFAワールドカップ、FIFA女子ワールドカップをはじめとする各年代のワールドカップに加え、FIFAコンフェデレーションズカップ、FIFAクラブワールドカップ、FIFAフットサルワールドカップ、FIFAビーチサッカーワールドカップといった国際大会を主催するほか、サッカーの普及、ユース育成、レフェリーのレベルアップ、サッカーや移籍に関するルールの策定、サッカーを通じた国際貢献など、様々な活動を行っています。

オフィスはスイスのチューリッヒにあります(会長/ジョセフ.S.ブラッター)。

FIFAは1904年、オランダ、スイス、スウェーデン、デンマーク、ベルギー、フランスの6カ国とレアルマドリード(スペイン)によって設立されました。現在、FIFAの下には、アジアサッカー連盟(AFC)、アフリカサッカー連盟(CAF)、北中米・カリブ海サッカー連盟(CONCACAF)、オセアニアサッカー連盟(OFC)、ヨーロッパサッカー連盟(UEFA)、南米サッカー連盟(CONMEBOL)の大陸別地域連盟があり、208の国と地域のサッカー協会が加盟しています(2011年10月1日現在)。一国一協会が原則ではありますが、特例として、サッカーの母国と言われるイギリスは、イングランド、スコットランド、ウェールズ、北アイルランドの4協会がそれぞれ独自に加盟することを許されています。

「JFA・Jリーグサッカー用語集」はこちら

Q.FIFAに加盟している国の数は?

208の国と地域がFIFAに加盟しています (2012年1月1日現在)。

Q.FIFAワールドカップってどんな大会?

FIFAワールドカップは、各国代表チームが参加するサッカーの世界最高峰の大会で、テレビ視聴数ではオリンピックを凌ぐ、世界最大のスポーツイベントと言われています。

第1回大会は1930年、13チームが参加し、ウルグアイで開催。1938年大会までは4年に1度開催されていましたが、第二次世界大戦のため、1942年、1946年大会は中止となりました。1950年に第4回大会が開催され、それ以降は4年に1度開催されています。

過去にこの大会を制覇した経験を持つチームはわずか8チーム(ブラジル(5回)、イタリア(4回)、ドイツ(3回)、ウルグアイ(2回)、アルゼンチン(2回)、イングランド、フランス、スペイン(各1回)にすぎません。

各国のナショナルチームが出場するFIFAワールドカップを筆頭に、U-20ワールドカップ、U-17ワールドカップ、FIFA女子ワールドカップ、U-20女子ワールドカップ、U-17ワールドカップ、フットサルワールドカップ、ビーチサッカーワールドカップ、クラブワールドカップがあります。

Q.FIFAの主催試合などで流れる曲はなに?

「FIFAアンセム」といい、FIFAが主催する公式大会等で選手入場の際などに使われています。

Q.FIFAコンフェデレーションズカップってどんな大会?

FIFAが主催する公式大会で、6大陸連盟が主催する各国代表チームによる大陸別選手権のチャンピオンチームが参加します。2年に1度行われてきましたが2005年以降は、4年に1度の開催になりました。日本はAFCアジアカップの優勝チームとして、1995年大会と2001年大会、2005年大会に出場。2001年大会では準優勝を収めました。

Q.FIFAクラブワールドカップってどんな大会?

6大陸連盟のクラブ選手権を制したチャンピオンクラブがクラブチーム世界1を争う大会で、2005年に創設された大会です。前身は、トヨタヨーロッパ/サウスアメリカカップ(通称トヨタカップ)。ヨーロッパと南米のクラブ王者が対戦する大会で、1981年大会から2004年大会まで25回にわたって日本を舞台に開催されてきました。

世界のサッカーの勢力図も変化し、各大陸の国々が実力をつけてきた現状を踏まえ、2005年、6大陸全てのチャンピオンが出場する「FIFAクラブワールドカップ」として生まれ変わりました(2005年大会はFIFAクラブワールドチャンピオンシップ)。

アジアからは、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)の優勝チームが出場します。なお、2005〜2008年大会は日本、2009、2010年大会はUAE(アラブ首長国連邦)で開催、2011、2012年大会は日本で開催されます。

Q.アジアサッカー連盟(AFC)って何?

FIFAに加盟する大陸連盟の一つで、アジアのサッカーを統括する組織です。現在、AFCには46の国と地域が加盟しています(2012年1月1日現在)。マレーシアのクアラルンプールにオフィスを構えています。

AFCは1954年5月に創設され、翌6月にFIFAの加盟協会として承認されました。日本サッカー協会がAFCに加盟したのは、同年10月になります。

Q.AFCアジアカップってどんな大会?

アジアサッカー連盟(AFC)が主催する、各国代表チーム(ナショナルチーム)によるサッカーの大陸選手権です。1956年に香港で第1回大会が開催され、以降4年ごとに開催されています。優勝国にはFIFAコンフェデレーションズカップへの出場権が与えられます。日本は、1992年、2000年、2004年、2011年大会とアジア最多の4回の優勝経験があります。

Q.AFCチャンピオンズリーグってどんな大会?

AFCチャンピオンズリーグ(ACL)は、AFCがアジア各国のサッカー水準を向上させるために創設したもので、アジアのクラブチームチャンピオンを決定する大会です。ここで優勝したクラブチームがFIFAクラブワールドカップに出場する権利を得ます。

ACLは2002/2003シーズン、アジアの各国リーグ戦の優勝チームが戦う「アジアクラブ選手権」と、各国のカップ戦の優勝チームが争う「アジアカップウィナーズカップ」、それらのチャンピオンによって争われる「アジアスーパーカップ」を統合する形でスタートしました。

2007年、AFCはACLのステイタスやレベルを上げることによってアジアサッカーを向上させようと、「AFCアジアプロリーグプロジェクト」(委員長:川淵三郎JFAキャプテン)を設置し、そこで改革を進めました。そして、ACLに参加するクラブに対し、独立した法人でなければならない、ジュニアやユースなどのアカデミー組織を整備しなければならない、ライセンスを持った指導者を確保しなければならないなど、プロリーグに必要な基準を設定し、その条件を満たしたクラブだけがACLに参加できるようにしました。

■日本サッカー協会(JFA)について
Q.JFAはいつ設立されたの?

1921(大正10)年9月10日に、大日本蹴球協会(現・日本サッカー協会/JFA)として設立されました。

JFA創設のきっかけとなったのは、イングランドから贈られたFAシルバーカップです。英国大使館の書記官補を務めていたウィリアム・ヘーグらの尽力によって1919(大正8)年、日本とイングランドの友好を目的に、イングランドサッカー協会(The FA)から、全国大会の優勝チームに授与するための優勝カップ(FAシルバーカップ)が寄贈されました。当時、日本にはサッカーを統括する組織(協会)はなく、大日本体育協会(現・日本体育協会)の嘉納治五郎会長が英国大使館でこのFAシルバーカップを受け取りました。これが契機となって協会が創設されることになり、1921年9月10日、大日本蹴球協会(JFA)が設立、初代会長に今村次吉が就任しました。

JFAは、1929年にFIFAに加盟。1936年には日本代表がベルリンオリンピックに出場し、優勝候補の一角であるスウェーデンを破る活躍(「ベルリンの奇跡」)を見せました。第二次世界大戦の際にFIFAから除名されましたが、1950年に再加盟。1974年に財団法人化した際に「財団法人日本サッカー協会」に名称変更しました。

日本サッカー協会90年の歩み

Q.JFAのマークの意味は?

JFA旗に描かれた三本足の烏は、日の神=太陽を表しています。光が輝いて四方八方を照らし、球を押さえているのは私たち日本のサッカー界を統制・指導することを意味しています。准南子(えなんじ)という中国の古典や芸文類聚五経正義という本に、太陽の中に三本足の烏がいると書かれています。また、日本神話にも、神武天皇御東征の際に、タカミムスビ(日本神話の神)によって三足烏が神武天皇の元に遣わされ、熊野から大和への道案内をしたと言われています。

JFA旗の黄色は公正を、青は青春を表し、はつらつとした青春の意気に包まれた日本サッカー協会の公正の気宇を表現しています。このシンボルマークは、東京高等師範学校の内野台嶺(JFA理事)ら当時の協会役員らが発案し、彫刻家の日名子実三氏がデザイン化。1931(昭和6)年6月3日に理事会で正式に採用することが決まりました。

Q.JFA2005年宣言ってなに?

2005年1月1日、JFAは天皇杯の決勝戦が開催される国立競技場で、「JFA2005年宣言」を行いました。

これは、「サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する」というJFAの理念を実現するための、JFAのビジョン、JFAの約束2015、JFAの約束2050からなるものです。

Q.日本のサッカー人口(JFA登録数)はどのくらい?

JFAは2004年4月に「JFAメンバーシップ制度」スタートさせ、チーム/選手、サッカー施設、フットサル、キッズ(U-6)、審判員、指導者、協会役員、運営スタッフ、ファンの9つのカテゴリーでメンバー登録を推し進めています。チーム/選手、フットサル、審判員、指導者については、WEBで登録することができます。現在(2011年3月31日現在)、サッカー選手は900,880人が、フットサルでは125,608人が選手登録をしています。

「データボックス」はこちら

Q.サッカーファミリーってなに?

日本サッカー協会は、サッカーファンを含め、サッカーに携わる人々全てを"サッカーファミリー"として迎え入れ、その拡大を図っています。2005年1月1日に行った「JFA2005年宣言」では、2015年にはサッカーファミリーが500万人、2050年には1000万人になることを宣言しています。

Q.リスペクトFC JAPANってなに?

JFA、Jリーグは2008年からリスペクト・フェアプレープロジェクトを立ち上げ、「リスペクトとは、大切に思うこと」とし、リスペクト精神の浸透を図っています。その活動をさらに広めていくための第二段階として、日本サッカー協会(JFA)は、FIFAフェアプレーデイの2011年9月3日、「リスペクトFC JAPAN」を立ち上げました。リスペクトFC JAPANはヴァーチャルなフットボールクラブで、ホームページ内に設置された「クラブハウス」を拠点に、クラブ員が一体となってプロジェクトを推進していくものです。リスペクトFC JAPANの趣旨に賛同する人は誰でもクラブ員になれ、規約に賛同して登録すると「クラブ部員認定証」をダウンロードすることができます。

リスペクトFC JAPANのクラブハウスには様々なコンテンツが用意されており、クラブ員の動画メッセージや国内外の活動報告などを見たり、自ら意見や活動を投稿することもできます。

リスペクトの取り組みを世界に先駆けて開始したのはイングランドサッカー協会(The FA)やヨーロッパサッカー連盟(UEFA)で、「リスペクトFC JAPAN」はイングランドの「Respect F.C.」の兄弟分として了承を得ています。

スポーツのジャンルを超え、多くの人々がこのリスペクトFC JAPANに参加することで、リスペクトの精神(「大切に思うこと」)が社会全体に広がることを期待しています。

Q.JFAの意思決定機関は?

JFAには理事会、評議員会、常務理事会、裁定委員会、そして13の専門委員会、2つの大会実施委員会、6つの特別委員会、その下に事務局が置かれています。

理事会はJFAの各種業務を協議・決定する機関で、原則として月1回開催されています。2011年現在、会長、副会長を含め27人の理事と2名の監事、6名の特任理事からなります。

評議員会は47都道府県サッカー協会から選任された評議員で構成されています。その役割は、理事および監事を選任すること、ならびにJFAの業務の中において特に重要と考えられる「①事業計画および収支予算」、「②事業報告および収支決算」「③基本財産」「④長期借入金」「⑤新たな業務の負担および権利の放棄(ただし①③および④に定めるものを除く)」「⑥その他、業務に関する重要事項で理事会において必要と認めるもの」について理事会に意見を述べる機関です。原則として年2回行われています。

裁定委員会は、JFAの規程等における違反行為(競技に関するもの以外)について調査、審議するところで、懲罰案を理事会に提出したり、紛争の和解斡旋を行う機関です。

そのほか、各事業を進めるにあたり、専門委員会(総務委員会、規律・フェアプレー委員会、審判委員会、技術委員会、スポーツ医学委員会、施設委員会、フットサル委員会、財務委員会、競技会委員会、女子委員会、国際委員会、国際マッチメイク委員会、広報委員会)、大会実施委員(天皇杯実施委員会、国体実施委員会)、特別委員会(JFA/Jリーグ将来構想委員会、アジア貢献委員会、殿堂委員会、環境プロジェクト、リスペクト・フェアプレ―プロジェクト、JFA2005年宣言推進プロジェクト)があります。

■日本代表について
Q.SAMURAI BLUEってなに?

日本代表の愛称です。2006年、日本代表がFIFAワールドカップドイツ大会に臨むにあたり、「2006日本代表キャッチフレーズ」として命名されたもので、ワードの選考にあたっては、「SAMURAI BLUE2006」、「Make the HISTORY」、「世界を驚かせよう」、「頂点へ、全員で。」、「WIN NOW!」の5つの案を策定し、サポーター投票を実施。その結果、「SAMURAI BLUE2006」が1位を獲得しました。大会後、JFAはSAMURAI BLUEを日本代表チームの愛称として使用することを決め、以来、日本代表チームの愛称として使われています。

SAMURAI BLUE(日本代表)は、日本国籍を有する選手で構成される日本最高峰のチームで、FIFA(国際サッカー連盟)やAFC(アジアサッカー連盟)などが主催する国際大会での飛躍を目指しています。チーム最大の目標は、FIFAワールドカップでの優勝。JFAは『JFA2005年宣言』で、2050年までに日本でFIFAワールドカップを開催し、その大会で日本が優勝する、ということを表明しています。

FIFAワールドカップには1998年のフランス大会に初出場して以来、2010年大会まで4大会連続で出場、2002年日韓大会と2010年南アフリカ大会でベスト16の成績を収めました。

Q.SAMURAI BLUEという名前は自由に使えるの?

JFAの許可なく「SAMURAI BLUE(サムライブルー)」を使って、商業活動や広告・宣伝活動をすることはできません。

Q.日本代表の試合会場はどうやって決まるの?

FIFAは、選手に過剰な負担がかからないようにするため、インターナショナルマッチカレンダーで国際Aマッチを行う日を決めています。国際Aマッチはこの決められた日に行われるため、その日に日本代表の試合ができるスタジアムの中から選ばれます。

Q.国際Aマッチってなに?

FIFAが認定する、その国の年齢制限のない代表チーム同士で争う試合です (FIFAワールドカップやAFCアジアカップなどの公式戦のほか、国際親善試合や強化試合も含む)。日本代表以外のクラブチームや各カテゴリー別の国際大会(例:女子代表やU-23日本代表、U-20等の他のカテゴリー代表の国際試合)は国際Aマッチとは言いません。

Q.日本代表戦の最高入場者数は?

1999年6月6日に開催されたキリンカップサッカー1999の日本代表対ペルー代表の試合で、入場数は67,354人(会場:横浜国際総合競技場)を記録しました。

Q.国内開催試合での最高入場者数は?

2002年6月30日に開催された2002FIFAワールドカップ日本/韓国の決勝戦、ドイツ代表対ブラジル代表の69,029人(会場:横浜国際総合競技場)です。

Q.U-23日本代表ってなに?

1992年のバルセロナオリンピック以降、男子サッカー競技に限り、参加資格に「23歳以下」という年齢制限が設けられ、これに伴い、U-23日本代表が編成されました(1996年のアトランタオリンピックから、各チーム3名まで24歳以上の選手の出場を認める「オーバーエイジ枠」を設定)。

日本は1992年のオリンピック以前は、4回出場していますが、U-23日本代表としては、1996年アトランタ大会に出場して以来、4回連続出場を果たしています。

Q.各カテゴリーの日本代表ってなに?

前述した通り、男子の場合、SAMURAI BLUE(日本代表)、U-23日本代表のほかに、20歳以下の選手で構成されるU-20日本代表チーム、17歳以下の選手で構成されるU-17日本代表チームがあり、それぞれ、2年に一度開催されるFIFA U-20ワールドカップ、FIFA U-17ワールドカップでの躍進を目指しています。

U-20日本代表は1979年のワールドカップに初出場。1999年大会には準優勝の成績を収めました。U-17日本代表も、1993年大会に初出場でベスト8を達成、また2010年大会はベスト8の成績を収めた上、FIFAフェアプレー賞も受賞しました。

女子の日本代表チーム(年齢制限なし)は、「なでしこジャパン」という愛称で親しまれており、そのほかU-20日本女子代表、U-17日本女子代表があり、男子同様にFIFA U-20女子ワールドカップ、FIFA U-17女子ワールドカップを目指しています。

サッカー以外では、フットサル日本代表、ビーチサッカー日本代表があり、それぞれのワールドカップ出場を目標に活動します。

Q.日本代表チームのユニフォームはなぜ青なの?

「日本の国土を象徴する海と空の青」と一般的に考えられていますが、実際は後になってつけられた理由で、なぜ青なのかということは文献が残っておらず不明です。

日本のユニフォームは、戦前に水色を採用しており、戦後もそれが引き継がれていました。1964年の東京オリンピックでは上下とも白となり、メキシコオリンピックでは白のユニフォーム+紺色のパンツが使用されました。これ以降は白と紺色が基調となっています。1988年以降に赤と白のユニフォームが採用された時期がありましたが、1992年には再び白と青のユニフォームに戻りました。それ以降は青と白を採用しており、現在のSAMURAI BLUEに象徴されるように青を使用しています。

Q.日本代表チームのユニフォームの胸に相手チーム名と試合日の刺繍が入っていますが、いつからつけられたの?

FIFAワールドカップフランス大会の際に使用したユニフォームに入れたのが最初で、以降、FIFAワールドカップ出場の際、同大会で使用するユニフォームに入れるようになりました。

Q.日本代表の試合の時、ユニフォームが青か白かはどうやって決めるの?

試合前に、両チームの監督、コーチ、ドクター他代表者とマッチコミッショナー、そして、審判員が出席するマッチコーディネーションミーティングで話し合い、主審が青か白どちらにするか決めることになります。

Q.背番号は誰が決めるの?

基本的には監督の意向によって決まりますが、ポジションなども考慮され、事前に登録されます。

Q.SAMURAI BLUEのファンクラブはあるの?

JFAとしては、SAMURAI BLUE(日本代表)やなでしこジャパンをはじめとする個々の代表チームのファンクラブは設けてはいません。

ファンクラブとは異なりますが、日本サッカー全体の普及・強化活動の支援を目的に1977年に設立された日本サッカー後援会という組織があります。

Q.日本が2002FIFAワールドカップ開催に正式に立候補したのはいつ?

2002年のFIFAワールドカップについては、1989年11月に正式に開催地として立候補することを決め、1991年6月に2002FIFAワールドカップ招致委員会を発足させました。アジア初、大会史上初の共催が決まったのは、1996年の5月31日でした。そして1997年の12月12日に2002FIFAワールドカップ日本組織委員会(JAWOC)を設立しました。

日本サッカー協会90年の歩み

Q.日本が2022FIFAワールドカップ開催に正式に立候補したのはいつ?

JFAが掲げる「JFAの約束2050」には"2050年までにFIFAワールドカップを日本で開催し、日本代表チームはその大会で優勝チームになる"と宣言しています。この目標を実現するため、JFAは2009年1月、2018/2022年のFIFAワールドカップについて、大会招致に関する「意思表明書(Expression of Interest form)」を、FIFA(国際サッカー連盟)に送付しました。その年の9月に一般財団法人2018/2022FIFAワールドカップ日本招致委員会を設立。翌2010年に開催する大会を2022年に絞り、その年の5月には、日本が開催するワールドカップ構想を織り込んだ「招致ブック」をFIFAに提出しました。

2022年大会の招致は、日本、韓国、カタール、オーストラリアの4国が立候補。そして、2010年12月、FIFAの理事会で投票が行われ、2018年大会はロシアで、2022年大会はカタールで開催されることが決定しました。

■監督、指導者
Q.サッカーの指導者には資格が必要なの?

指導者の資格にはS級コーチライセンス、A級コーチジェネラルライセンス、A級コーチU12ライセンス、B級コーチライセンス、C級コーチライセンス、D級コーチライセンス、キッズリーダーがあります。また、指導者付加ライセンスには、ゴールキーパーA級コーチライセンス、ゴールキーパーB級コーチライセンス、ゴールキーパーC級コーチライセンスがあります。それぞれの指導者養成講習会に参加し、講習会を修了した者にそれぞれのライセンスが付与されます。

Q.Jリーグ(プロチーム)の指導者はどういう資格が必要なの?

Jリーグのトップチームの監督は、S級コーチライセンスを保有していなければなりません。または、S級コーチライセンスと同等以上の資格を有している必要があります。

Q.日本代表チームの監督になるにはどういう資格を持っている必要があるの?

Jリーグのトップチーム同様にS級コーチライセンスを保有していること。基本的にはS級と同等以上の資格を有していなければなりません。

Q.女子でS級コーチライセンスを持っている指導者はいるの?

2012年1月1日現在、女性でS級コーチライセンスを保有している指導者は3人(本田美登里、半田悦子、高倉麻子)います。

ドキュメント

JFA.jp SITEMAP